Show in webframe

LEADTOOLS配布ライセンス

Show in webframe

LEADの知的財産をエンドユーザーのソフトウェアで配布するには、お客様は「配布ライセンス」を購入しなければなりません。配布ライセンスの諸条件は、LEAD SDK(「エンドユーザーソフトウェア」)で開発したアプリケーションがお客様の従業員により内部で使用するのか、サードパーティが使用するためにお客様がホスティングするのか、エンドユーザーに向けて商用に配布されるのかにより異なります。「 配布タイプ」を参照してください。

Licsensingダイアログ

評価版をダウンロードするか、LEAD SDKの開発ライセンスを購入すると、一時ライセンスファイルを受け取ります。これにより、LEAD SDKとプログラムをインストールできます。アプリケーションをコンパイルするかLEADのデモを実行すると、ダイアログボックスが表示され、配布ライセンスの要件および一時ライセンスファイルの有効期限が切れることが示されます。

このライセンスダイアログは、お客様が、経営陣や法務部から必要なライセンス書類の承認を受けるためにプログラミングの開始を待たなくて済むように表示するものです。これにより、経営陣が配布ライセンスの書類やライセンスの調達をLEADのライセンス部とやりとりしている間に、開発者はプロジェクトを開始できます。一時ライセンスファイルが有効期限切れになると、ツールキットには「有効期限切れ」のメッセージが表示され機能しなくなります。期限切れ後は、開発者はLEAD SDKを機能させるためにリリースライセンスファイルを使用しなければなりません。

リリースライセンスファイルを取得する手順:

  1. 配布ライセンスアプリケーションフォームに必要事項を記入してLEADにご送付ください。
  2. 配布ライセンス料の見積もりをLEADまたは認定再販業者から取得してください(自社ソフトウェアを商用的に配布するISV/OEMである場合は、LEADから実行用に商用配布ライセンス契約をご送付いたします)。
  3. 該当する配布ライセンスを購入してください。必要に応じて、署名入りの商用配布ライセンス契約を郵送してください。
  4. 手順1~3を完了したら、リリースライセンスファイル(開発者キー付きで)、購入された配布ライセンス用のライセンス証明書をご送付します。また該当する場合、商用配布ライセンス契約の副署名付き複写をご送付いたします。

配布ライセンスアプリケーション:商用配布ライセンス  

リリースライセンスファイルを取得し、エンドユーザーのソフトウェアでLEAD SDKの知的財産を配布するには、まず 配布ライセンスアプリケーション フォームに必要事項を記入してください。このフォームは、お客様により求められる配布ライセンスの種類、配布する各種LEADモジュールを識別し、配布ライセンスの価格およびその他の諸条件を確立することを目的とします。アプリケーションの記入は、配布ライセンスとリリースライセンスファイルを取得するための条件です。LEADは、配布ライセンスアプリケーションの処理を終えると、お客様が購入する必要のある配布ライセンスにかかる配布ライセンス料の見積もりをお客様にお出しします。  

配布ライセンスおよび商用配布ライセンスの購入

配布ライセンスを購入した後で、リリースライセンスファイルと開発者キーを受け取ることができます。お客様は、公式な見積もりをLEADから受け取ってから、有効なクレジットカードで配布ライセンスを購入します。またはお客様がLEADの経理部より信用買いの承認を受けている場合は注文書を発行します。製品によっては、定義上、製品に含まれるコンポーネントがウェブサーバーに配置されるため、サーバー配布ライセンスの購入が開発ライセンスを入手するための条件となっています(LEADTOOLS Pro Suite、LEADTOOLS Medical Imaging SuiteおよびLEADTOOLS Document Imaging Suite等)。エンドユーザーソフトウェアを販売するISV/OEMである場合、配布ライセンスはその価格および実行した商用配布ライセンス に規定された方法で購入できます。

 

配布ライセンスの授与:リリースライセンスファイルおよびロック解除方法

お客様が配布ライセンスアプリケーション フォームの記入を終え、必要な配布ライセンスを購入し、該当する場合は商用配布ライセンス契約を実行して戻すと、LEADから 開発者キーとリリースライセンスファイルおよびライセンスダイアログを削除する方法が通知されます。リリースライセンスファイルと開発者キーは、配布ライセンスの配布先がデスクトップかサーバーかにより異なります。お客様は、配布ライセンスアプリケーションを完成させ配布ライセンスを購入する際に必要な配布ライセンスの種類を確認しておく必要があります。リリースライセンスファイルと開発者キーを受け取ったら、エンドユーザーソフトウェアを本番環境で配置できます。ライセンスメッセージや有効期限の通知は表示されません。リリースライセンスファイルと開発者キーの実装には数分しかかかりません。内部配布およびホスティングされたサービスの配布のためにお客様が購入した配布ライセンスにはライセンス証明書がつきます。配布ライセンスの種類、許可される配布ライセンスの数およびライセンスの期間が明記されています。

注:LEADでは、ライセンスダイアログ/ウォーターマークが存在する間もすべての製品セットがインストール時に有効になるようにSDKをパッケージ化しています。そのため、ライセンスダイアログ/ウォーターマークが表示されていても、実質的にLEADの全製品群の全機能が有効になっています。リリースライセンスファイルと開発者キーをお客様に渡した後は、お客様が利用できるのは、ライセンスを受けた特定の製品に含まれる機能のみです。ライセンス下にない製品の機能はロックされます。使いたいと思う機能がどの製品構成に含まれているかについては、ヘルプファイルを参照するかLEADにお問い合わせください。

 

記録の保持と報告

商用配布ライセンス契約では、お客様は、お客様が配布した数を明記した報告書を四半期毎に送付してLEADに報告するよう求めています。LEADは、報告書提出期限前に十分に余裕を持って、四半期ベースで必要な配布報告書フォームをお客様にEメールにて送信します。フォームは非常にシンプルに記入できます。お客様はEメール、ファックスまたは郵送で回答できます。内部配布ライセンスとホスティングサービス配布の場合は、年に1回の配布活動報告書が求められます。お客様が、エンドユーザーソフトウェアのインストールベースで適切な数の配布ライセンスを有しているかを判断するためです。適切な配布ライセンスを最初に購入せずに、お客様が配布するエンドユーザーソフトウェアの配布のための配布ライセンス料金は、 デフォルトで、該当する種類の配布ライセンス1部に対するLEADの標準価格設定で請求されます。配布ライセンスのボリュームディスカウントは、お客様が配布前に購入した配布ライセンスについてのみ適用可能です。LEADでは、一部の製品についてサイトライセンスおよびエンタープライズライセンスをご用意しています。サイトライセンスおよびエンタープライズライセンスでは、配布の数量の報告を求められることも、1部あたりの配布費用を支払う必要もありません。サイトライセンスとエンタープライズライセンスの費用は、推定ユーザー数、含める機能およびお客様の収益モデルなどの要因を考慮してケースバイケースでお見積もりします。サイトおよびエンタープライズの配布ライセンスオプションに関するお問合せは、sales@grapecity.comまで電子メールを送信されるか、当社の営業部(048-222-3001)までお電話ください。

ライセンスの終了と一時停止

ライセンスを維持するためには、上記の報告義務に従わなければなりません。配布レポートを提出しないと、アカウントにフラグがたてられ、技術サポートやアップグレードを受けられなくなります。自社アプリケーションを積極的に配布していない場合は、報告義務の一時停止を求めることができます。また、LEADTOOLSによるソフトウェアを開発も配布もしないことを保証することにより、自発的にライセンスを終了し、今後の配布報告書提出の義務から解放されることもできます。

配布ライセンスの期間

正式に実行されたライセンス証に明記されない限り、内部配布およびホスティングサービス配布の配布ライセンスは1年間有効であり、1年単位で更新されます。商用配布の配布ライセンスは、LEADおよびお客様が実行する、該当する商用配布ライセンス契約に規定された期間になります。

 

新しいバージョン

商用配布の場合、LEAD SDKの新しいメージャーバージョンがエンドユーザーソフトウェアのアップグレードに含まれる場合、アップグレードされる各ユーザーは、アップグレード配布ライセンスが必要です。アップグレード配布ライセンスの価格は、購入される該当ライセンスの数量の分だけLEADTOOLS SDKの新バージョンのLEADの配布ライセンスの標準価格の40%となります。お客様がライセンスを供与した時点で配布されておらず事前に支払い済みの配布ライセンスは持ち越すことができ、LEAD SDKの新しいメジャーバージョンで作成されたエンドユーザーソフトウェアの配布に適用できます。お客様は、以前に配布したユーザーやクライアントのライセンスを、LEAD SDKの新メージャーバージョンを含むエンドユーザーソフトウェアの新バージョンで更新する義務はありません。お客様は、配布ライセンスの年間メンテナンスを購入することもできます。配布ライセンスの年間メンテナンスは毎年20%で価格設定され、お客様は、メンテナンス期間の間は、リリースされた新しいバージョンで配布ライセンスをアップグレードできます。マイナーバージョンアップの場合は、追加の配布ライセンスは必要ありません。内部配布とホスティングサービスの場合、年間配布ライセンス料にはメンテナンスが含まれます。ですからお客様は、お客様がライセンスの更新を継続する限りは、LEADTOOLSの新メージャーバージョンを正当にライセンス供与を受けた配布に対して配布するライセンスを得ています。 

詳細については、以下を参照してください。

価格とライセンス

LEADTOOLSライセンスの概要

配布の種類

配布ライセンスについてのよくある質問

開発ライセンスについて