LEADTOOLSライブラリ

フレームを表示

DIB(デバイス非依存ビットマップ)は、ビットマップの標準的なWindows表現です。これは、パレット情報を含んでいるという点で、LEADTOOLSのビットマップ形式と同じです。DDB(デバイス依存ビットマップ)は、パレット情報を含まないハードウェアに特有の表現です。時々、DIBまたはDDBで機能するWindows関数を用いてビットマップを操作する必要があるかもしれません。たとえば、これらの関数を使用する既存のアプリケーションとの間でビットマップのやり取りを行うような場合がこれに該当します。このような場合は、LEADTOOLSの関数を使用して、DIBからDDB、またはDDBからDIBに、ビットマップを変換したりコピーしたりできます。もちろん、DDBへ/から変換するとき、別にパレット情報を保存しなければなりません。

クリップボードは、1つのアプリケーションからもう一つへデータをコピーするための標準的なWindowsオブジェクトです。LEADTOOLSでは、画像をクリップボードにコピーすることも、クリップボードから画像を貼り付けることも可能です。クリップボードへコピーするとき、大部分のLEADTOOLS関数はクリップボードから既存のデータをクリアして、DIB、DDBとパレット(人が必要であるならば)の形で画像データをそれへコピーします。それが欲しいものでないならば、どの措置をとるべきかについて、正確に指定するためにLEADTOOLS DLL関数を使うことができます。

参照

Leadtools.RasterImage.FromDib
Leadtools.Drawing.RasterImageConverter.FromHBitmap
Leadtools.RasterImage.ToDib
Leadtools.Drawing.RasterImageConverter.ToHBitmap
Leadtools.Drawing.RasterImageConverter.ChangeFromHBitmap
Leadtools.RasterImage.ChangeToDib
Leadtools.Drawing.RasterImageConverter.ChangeToHBitmap
Leadtools.Winforms.RasterClipboard