LEADTOOLSライブラリ

フレームを表示

スキャンされたドキュメントは、送り誤りまたは他のアライメントエラーのため、スキャニングの間、しばしばゆがめられます(傾斜しました)。スキューは、水平および垂直の配置にimageを返すのに必要な回転の量です。スキューは、°単位で測られます。傾き補正は、スキューが反対方向の以外そのスキューと同一量によってimageを回転させることによって削除されるプロセスです。これは、テキストが角度でよりもむしろページ全体で水平に実行する、水平に、そして、垂直に位置合わせされたimageに終わります。

imageが正しく位置合わせされないとき、光学的文字認識(OCR)はより難しくて、より遅くてより正確でないようになります。事前のドキュメントをひずみ補正することは、OCRプロセスをより高速でより正確にすることができます。

LEADTOOLSはスキャンされたドキュメントを自動的にまっすぐにすることができる若干のコマンドクラスを提供する、ならびに、少し、それが手動で使われることができます:

Leadtools.ImageProcessing.Core.DeskewCommandは、クラスが以下の機能を持っていなさいと命じます:

自動的にいかなる種類のスキャンされたドキュメントもまっすぐにするために、Leadtools.ImageProcessing.Core.DeskewCommandクラスを使用します。イメージは、スキューを削除するために、どちらの方向ででも20度も回転することができます。それが、Leadtools.ImageProcessing.Core.DeskewCommandクラスによって提供されるより多くの正確さを得るためにスキャンしている銀行小切手を実行するとき、使われることもできます。イメージは、どちらの方向ででも20度も回転することができます。このクラスは、3つの様々なアルゴリズムを傾きを実行するために提供します:

以下のイメージは、カラー、グレースケールと1ビット画像の上でDeskewCommandコマンドの使用を説明します。

オリジナルのカラー映像は、以下の図に示されます:

ひずみ補正されたカラー映像は、以下の図に示されます:

オリジナルのグレースケールimageは、以下の図に示されます:

ひずみ補正されたグレースケールimageは、以下の図に示されます:

オリジナルの1ビット画像は、以下の図に示されます:

ひずみ補正された1ビット画像は、以下の図に示されます:

Leadtools.ImageProcessing.Core.ManualPerspectiveDeskewCommandクラスは、以下の機能を持っています:

Leadtools.ImageProcessing.Core.KeyStoneCommandクラスは、以下の機能を持っています:

Leadtools.ImageProcessing.Core.UnWarpCommandクラスは、以下の機能を持っています:

imageが円筒形のものの歪曲を格納するならば、Leadtools.ImageProcessing.Core.UnWarpCommandを使いますオブジェクト。