LEADTOOLSライブラリ

フレームを表示

以下のコマンドクラスは、特にimageで色を調節するために設計されます:

クラス

目的

AntiAliasingCommand

特定のimageにアンチエイリアスフィルタを適用します。

ApplyMathematicalLogicCommand

imageの色の上で、特定の数学的であるか論理的操作を実行します。

AutoColorLevelCommand

暗い値をより暗く、明るい値をより明るくします。こうすると、自動的にシャドウが強調され、画像が明るくなります。

BalanceColorsCommand

RGB、YUVまたはグレイカラースペース全体でimageでピクセルの数を線形化します。

BumpMapCommand

デスティネーションimageにバンプ画像を適用することによって、3次元テクスチャーパターンを追加します。

ChangeHueCommand

カラーホイールを回転させることによって、imageで色の色相を変更します。

ChangeSaturationCommand

imageで色の彩度を増減します。

ChannelMixerCommand

カラー調整をするために、imageで、そして、他より多くのカラーを持っているイメージを修正するために、再び色のバランスをとります。

ChangeHueSaturationIntensityCommand

すべての色相、彩度と明度を変更するか、imageで色を指定しました。このメソッドはChangeHueCommandChangeSaturationCommandChangeIntensityCommandクラスで見つけられる方法論を結合して、全く一度に全体的な色相、彩度と強度を変更するか、別にパラメータを調節するか、連続したパスの調整をすることができます。

ColorReplaceCommand

交換は、色相、彩度と明度の値を調節することによって、色を指定しました。

ColorThresholdCommand

8つのカラースペースのいずれか1つを使って、指定された範囲の内側または外側にあるこうした画像のピクセルコンポーネント値をリセットします。

ColorIntensityBalanceCommand

赤いか、緑であるか、青チャネルの配布を変更します。

ColorizeGrayCommand

8、12または16ビットグレースケールimageに色をつけます。メソッドは、24ビットRGB形式に指定された形式からimageのカラービット/ピクセルを変更します。

ColorLevelCommand

imageにカラーレベル調整を適用します。それは、imageシャドウ、中間色とハイライトを変更します。

CubismCommand

画像を回転した長方形(立体面)の集合にリマップし、キュービズム風の画像を生成します。

DrawStarCommand

imageの上で星を描画します。

DryCommand

水彩画のドライブブラシ技法をシミュレートします。

FreePlaneBendCommand

3D面の上へimageを折り返します。

FreeRadialBendCommand

pnCurveによって形づくられる3D面で、その半径に沿ってimageを折り返します。

GlassEffectCommand

画像をセルに分割し、ガラスのブロックを透かして見たような効果を与えます。

GlowCommand

エッジの製造は、ネオンのような光彩で輝きます。

InvertCommand

指定した画像の色調を反転し、写真のネガのような効果を生み出します。

LensFlareCommand

カメラのレンズに明るい光が当たったときに起こる二次反射をシミュレートします。

LightCommand

imageに誘導された光源の多くの点を追加します。

LightControlCommand

ピクセル値をリマップすることで、画像の全部または一部を明るくしたり、暗くしたりします。

OceanCommand

海面に画像を反映します。

PlaneBendCommand

Z軸方向の平行な面に画像を配置し、中心点の方に面を湾曲させます。

PlaneCommand

Z軸方向の平行な面に画像を配置します。

SampleTargetCommand

サンプルカラーをターゲットカラーにシフトすることでカラー値を補正します。

SelectiveColorCommand

imageにより用いられる一つ以上の色の定義を変えることによって、imageのカラーを変更します。

SmoothEdgesCommand

画像内の粗いエッジを滑らかにします。

SelectDataCommand

指定された数の少しの8、12または16ビットのグレースケールimageを選択して、そして、マスクへの置いて、そしてマスクに従うimageを色をつけます。これにより、ユーザーが定義した条件に従って画像の違いを表示できます。

ShiftDataCommand

8、12、または16ビットのグレースケール画像から指定した数のビットを選択してマスクを作成し、そのマスクを新しい8、12、または16ビットのグレースケール画像に配置します。

SwapColorsCommand

imageの交換カラーチャネル。

RemapHueCommand

ルックアップテーブルを使用して、画像の色相値を変更します。

RemoveRedeyeCommand

ピクセルの赤成分を、指定した色に置き換えます。眼の中のピクセルの赤成分のみを置き換えるには、目の周りの小さい領域を選択します。

TunnelCommand

Z軸に平行なトンネルの内部に画像を配置します。