LEADTOOLSライブラリ

フレームを表示

Qファクター(品質ファクター)は、画像ファイルを保存する時にどのファイ形式にしたかによって異なってきます。Leadtools.Codecs.RasterCodecsクラスについては、どのQファクターが使われるか決定するために、以下のテーブルを使います:

形式
RasterImageFormat.Png CodecsPngSaveOptions.QualityFactor.
RasterImageFormat.AbcRasterImageFormat.TifAbc CodecsAbcSaveOptions.QualityFactor.
RasterImageFormat.Ecw CodecsEcwSaveOptions.QualityFactor.
RasterImageFormat.Cmp CodecsJpegSaveOptions.CmpQualityFactorPredefinedCodecsCmpQualityFactorPredefined.Customに設定されるならば、CodecsJpegSaveOptions.CmpQualityFactorPredefinedまたはCodecsJpegSaveOptions.QualityFactor
Qファクター(たとえばJPEG、JPEG 2000など)をサポートする他の全ての形式 CodecsJpegSaveOptions.QualityFactor.

LEAD、JFIF、LEAD2JFIF、JTIF、LEAD1JTIFまたはLEAD2JTIFに画像ファイルを保存するとき、Qファクターを指定することができます。Qファクターは、圧縮プロセスに損失の程度を決定する数です。2~255の値を設定できます。このとき2は最高品質で255は最大圧縮です。

JFIF圧縮のためにだけ、ロスレスJPEGファイルを生産するために、0の指数を使うこともできます。

JPEGJPEGJpeg411Jpeg422)形式のために:

メモ

  1. 4:1:1と4:2:2の形式は、カラーコンポーネントのためにサブサンプリングを使います。411の場合、4つのピクセルのためのカラーコンポーネントは、圧縮の間、平均化されます。これはカラーシフトを引き起こします、しかし、シフトは低い圧縮比のために許容できます。高圧縮で保存を繰り返した場合、カラーシフトは増加します。JPEGアルゴリズムの固有の規制のために、これを避ける唯一の方法は、以下の通りです: (a) 度重なるロードを避けて、再び保存します、さもなければ、(b)は4:4:4の形式を使います。そして、それはサブサンプリングを持っていません。
  2. サブサンプリングが、グレースケール(8、12または16ビット)ファイルのためにありません。したがって、JPEGTifJpegだけは、グレースケールファイルのためにサポートされます。Jpeg411Jpeg422TifJpeg411TifJpeg422は、24ビットビットマップのためにだけサポートされます。

これらの形式のどれででもimageを保存するとき、Qファクターを設定するために、CodecsJpegSaveOptions.QualityFactorプロパティを使います。

LEAD CMP圧縮(8ビットで、12ビット24-ビットのみの)のために、拡張以下の1つへのCodecsJpegSaveOptions.CmpQualityFactorPredefinedプロパティがオプションをつけるセットを使うことができます:

Qファクター LEADだけのための事前定義オプション
CodecsCmpQualityFactorPredefined.PerfectQuality1 最高品質1。このオプションは24ビットファイルのすべての色を圧縮して、より少ないファイルサイズでオリジナルのimageの品質を維持管理します。名前が示唆するように、この設定では色の視覚損失はありません。
CodecsCmpQualityFactorPredefined.PerfectQuality2 最高品質2。これは、類似した品質を維持管理している間、CodecsCmpQualityFactorPredefined.PerfectQuality1より少ないファイルサイズを生じます。
CodecsCmpQualityFactorPredefined.SuperQuality サイズより品質を最重要視。このオプションは、人間の目によって通知されない顔色を削除します。大部分のビューワは、このレベルのimage圧縮とオリジナルのimageの間の違いを見分けることができません。
CodecsCmpQualityFactorPredefined.Quality サイズより品質を重要視。より多くの色が削除される間、ほとんどはお互いに近い色または色合いです。圧縮画像は、とてもオリジナルのimageのように見えます。違いを見つけるには、じっくり見なければなりません。
CodecsCmpQualityFactorPredefined.QualityAndSize 品質とサイズを同様に重要視。このオプションは、良好画質を維持管理している間、最高の圧縮を提供します。まずこのオプションを試して、適宜リストの上または下に移動し、許容できる圧縮サイズと画質を見極めます。
CodecsCmpQualityFactorPredefined.Sharp より重要なサイズは、その品質(鋭い)です。このオプションは、鋭いエッジを持っているイメージのために推薦されます。たとえば、テキストオーバレイを持っているimageまたは多くの直線によるimage。次のオプションより大きなファイルを作成する間、それはより良好エッジを保持します。
CodecsCmpQualityFactorPredefined.LessTiling 品質よりサイズを重視(タイル少)。このオプションは、imageで、1つ前のオプションより少ないタイル表示を生じます。しかし、それはテキストまたは直線を変形するかもしれません。それは、imageデータベースアプリケーションのための良好オプションです。
CodecsCmpQualityFactorPredefined.MaximumQuality 品質を保ちつつ最大限圧縮。このオプションは、同じくらい高い同じくらい可能性がある画質を維持管理している間、最大の圧縮を提供します。
CodecsCmpQualityFactorPredefined.MaximumCompression 最大の圧縮。このオプションは、最大の圧縮を与えます。それは、255のQファクターに対応します。
CodecsCmpQualityFactorPredefined.Custom カスタムQファクター。LEAD圧縮ファイルを保存するとき、CodecsJpegSaveOptions.QualityFactorプロパティで設定される値を使います。

CMW形式のために、Qファクターは0(ロスレス圧縮)または2~255(不可逆圧縮のために)でありえます。2 =最高の品質と255 =最高の圧縮。

PNG形式のために、Qファクターは0と9間の値でありえます。0 =(デフォルトの圧縮)、1(最速の圧縮) ... 9(最高の圧縮比)。

PNG Qファクターを設定するために、CodecsPngSaveOptions.QualityFactorプロパティを使います。

JP2J2Kファイルについては、Qファクターは-1と255間の値でありえます。-1と0はロスレス圧縮を表します、ところが、1と255間のすべての値は圧縮比と思われます。たとえば、10のQファクターは、10の圧縮比です。255のQファクターが最高の圧縮を与える間、1のQファクターは最善ロッシー品質を与えます。

J2Kファイルを保存することがCodecsJpeg2000CompressionControl.QualityFactorであるとき圧縮がツールキットにより使用される制御するならば、使われる圧縮はCodecsJpegSaveOptions.QualityFactorプロパティに渡される値に基づきます。J2Kファイルを保存するためにオプションを設定することの詳細については、「Leadtools.Codecs.CodecsJpeg2000SaveOptions」を参照してください。

JLSJXRファイルについては、Qファクターは2と255(不可逆圧縮)間の値または値0(ロスレス圧縮)でありえます。

FlashPixRasterImageFormat.FpxJpegQFactorRasterImageFormat.FpxJpeg)とEXIFRasterImageFormat.ExifJpeg)ファイルについては、Qファクターは2と255間の値でありえます、そこで、2は最高品質を表します、そして、255は最も多くの圧縮を表します。

ABC圧縮(RasterImageFormat.AbcRasterImageFormat.TifAbc)のために、Qファクターは以下の値の1つでありえます:

Qファクター LEADだけのための事前定義オプション
CodecsAbcQualityFactor.Lossless ロスレス圧縮。このオプションは1-ビットファイルを圧縮して、画像データを不変に保ちます。最高の品質。
CodecsAbcQualityFactor.VirtualLossless 不可逆圧縮。このオプションはimageのノイズが多いピクセルを削除して、CodecsAbcQualityFactor.Losslessより少ないファイルサイズに、それを圧縮します。
CodecsAbcQualityFactor.RemoveBorder 不可逆圧縮。このオプションは、それが存在するならばimageの境界を削除して、CodecsAbcQualityFactor.VirtualLosslessより少ないファイルサイズに、それを圧縮します。
CodecsAbcQualityFactor.Enhance 不可逆圧縮。このオプションは、imageをクリーンアップして、それが存在するならばその境界を削除して、CodecsAbcQualityFactor.RemoveBorderがそうするより少ないファイルサイズに、それを圧縮します。
CodecsAbcQualityFactor.Modified1 不可逆圧縮。このオプションは、imageをクリーンアップして、それが存在するならばその境界を削除して、CodecsAbcQualityFactor.Enhanceがそうするより少ないファイルサイズに、それを圧縮します。しかし、それはテキストまたは直線を変形するかもしれません。
CodecsAbcQualityFactor.Modified1Fast CodecsAbcQualityFactor.Modified1に同じですが、境界の削除や画像のクリーンアッププロセスはありません。
CodecsAbcQualityFactor.Modified2 不可逆圧縮。このオプションは、imageをクリーンアップして、それが存在するならばその境界を削除して、CodecsAbcQualityFactor.Modified1がそうするより少ないファイルサイズに、それを圧縮します。しかし、それはテキストまたは直線を変形するかもしれません。最大の圧縮。
CodecsAbcQualityFactor.Modified2Fast CodecsAbcQualityFactor.Modified2に同じですが、境界の削除や画像のクリーンアッププロセスはありません。
CodecsAbcQualityFactor.Modified3 不可逆圧縮。CodecsAbcQualityFactor.Modified1またはCodecsAbcQualityFactor.Modified2より高速エンコードとデコード速度を提供します。最大の圧縮を提供します。
CodecsAbcQualityFactor.Modified3Fast CodecsAbcQualityFactor.Modified3に同じですが、境界の削除や画像のクリーンアッププロセスはありません。
CodecsAbcQualityFactor.LosslessFast CodecsAbcQualityFactor.Losslessより高速ロスレス圧縮。このオプションは1-ビットファイルを圧縮して、画像データを不変に保ちます。圧縮比はCodecsAbcQualityFactor.Lossless。ほど高くはありません。
CodecsAbcQualityFactor.LossyFast 不可逆圧縮は、最も高速ABC不可逆圧縮オプションです。圧縮比は他のロッシーオプションほど高くはありません。

ABC Qファクターを設定するために、CodecsAbcSaveOptions.QualityFactorプロパティを使います。