LEADTOOLSライブラリ

フレームを表示

ハーフトーン処理は、連続色調を使うimageをとっていて、インク(グレースケール)または4色のインク(Cyan、マゼンタ、黄色とブラックプロセスカラーを使っているカラー印刷)の1つのカラーを用いて、プリントにふさわしい1つを作成しています。CMYK彩色版プロセスでは、4つの分離(また、スクリーンという)は、なされます(プロセスカラーごとの1)。インクの点の様々なサイズは、カラーの様々なレベルを生じるのに用いられます。これらの点は、倍率なしで参照されるのに十分大きくありません。様々な調整が分離になされたあと、印刷されている記事は各々のカラーが継承(他の上の1つ)において印刷されるプロセスを行います。モアレパターンを防ぐために、各々の画面は、様々な角度に設定されます。

デジタルプリントでは、通常、点サイズは、一定の(異なる代わりに)ままです。代わりに、点は小さなハーフトーンセルに分割されます、そして、様々な色値はカラーをとる小さなハーフトーンセルの数を変えることによって作成されます。

LEADTOOLSは多数のコマンドをカラーイメージで機能して、変更するために提供するので、ハーフトーン処理技術を用いてプリントにふさわしいです。

カラーイメージ

面につき1つのグレースケールimageを生じるためにカラープレーンによって指定されたimageを切り離すために、Leadtools.ImageProcessing.Color.ColorSeparateCommandコマンドを使います。CYMK多色版により用いられるCYMKカラースペースに加えて、このコマンドがRGB、CMY、HSVとHLSカラースペースモデルもサポートする点に注意します。

サンプルのために、参照します ColorSeparate

色分解として作成されたグレースケールイメージを結合することによってカラーイメージを作成するために、Leadtools.ImageProcessing.Color.ColorMergeCommandコマンドを使います。Leadtools.ImageProcessing.Color.ColorSeparateCommandコマンドが作成するイメージを再結合するために、これを使うことができます。

imageを長方形に分けて、円形で各々の長方形を置換するために、Leadtools.ImageProcessing.Effects.ColorHalftoneCommandコマンドを使います。各々のチャネルは円形の別々のグリッドを持っていて、それ自身の角度を設定させます。各々の円形のサイズは、それが置換している長方形の明度に比例してです。このコマンドで、円形が個々に参照されるのに十分大きい点に注意します。

サンプルのために、参照しますL_ColorHalfToneBitmap

ハーフトーン

各々のカラーの彩度をゼロに下げることによってグレースケールレベルにimageを変換するために、Leadtools.ImageProcessing.Color.DesaturateCommandを使います。変換は、カラー解像度を変更しません。

指定されたパターン回転で、ハーフトーンのimageに1-、4-、8-、16-、24-または32ビットimageを変換するために、Leadtools.ImageProcessing.Core.HalfToneCommandコマンドを使います。

サンプルのために、参照します Halftone

トーンのその連続範囲を保持している間、imageのために網目スクリーンエフェクトを作成するために、Leadtools.ImageProcessing.Core.HalfTonePatternCommandコマンドを使います。

サンプルのために、参照しますL_HalfTonePatternBitmap

イメージに関する取得している情報

イメージについて統計情報を得るために、Leadtools.ImageProcessing.Effects.StatisticsInformationCommandコマンドを使います。これは、平均、中央分離帯、標準偏差、最大限、最低限、ピクセル数値のような情報を含みます。各々の輝度レベルが何度imageで発生するかについて図を作成する配列を得るために、Leadtools.ImageProcessing.Color.HistogramCommandコマンドを使います。このコマンドは、別に、または、一緒に、赤・緑・青の図を作成することができます。それが、すべての解像度(12と16ビットグレースケールを含む)のために使われます。imageで一意な色の数を取得するために、Leadtools.ImageProcessing.Color.ColorCountCommandコマンドを使います。imageからパレットを取得するために、Leadtools.Drawing.RasterImagePainter.GetPaintColorsコマンドを使います。12ビットまたは16ビットのグレースケールおよび48ビットと64ビットの画像の高位ビットおよび低位ビットを取得するには、Leadtools.ImageProcessing.Core.MinMaxBitsCommandコマンドを使用します。12または16ビットグレースケールに存在する最小限と最大の明度値と48を得るLeadtools.ImageProcessing.Core.MinMaxValuesCommandコマンドと64ビットimageを使います。12と16ビットグレースケールイメージのサポートがDocument/Medicalのみのツールキットで利用できるだけである点に注意してください。

グレースケールイメージ

LEADTOOLSは、グレースケールイメージ、どちらのグレースケールimageでも作成すること、グレースケールimageに関する取得している情報またはウィンドウレベリングの用途に、特に設計される多数のコマンドを提供します。これらのコマンドの詳細については、「グレースケールイメージ」を参照してください。