LEADTOOLSライブラリ

フレームを表示

通常、メモリ内のビットマップの大きさは、そのサイズとカラー解像度で決定されます。たとえば500x500ピクセルの24ビット画像のバイト数を計算するには、500x500x3の掛け算をします。3をかけるのは、24ビットで3バイトであるためです。8ビット画像の場合は500x500になり、パレットのサイズは約1Kになります。例外は1ビットファイルです。LEADTOOLS Document/Medical ツールキットを使用して圧縮形式でロードできます。

カラー画像の場合、カラー値がパレット内にあるか画像データ内にあるかに関わらず、ビットマップ内の各ピクセルの色は赤、緑、青の値から構成されます。常にRGBカラースペースモデルを使います。そして、それは赤・緑・青値がカラーを表すために結合されることを意味します。

それがファイルで保存される同じカラー映像のサイズはしばしば非常により小さいです、そして、カラースペースモデルは必ずしもRGBでありません。たとえば、JPEGとLEAD CMPファイルはYUVカラースペースモデル(Yは輝度値です)とUを使って、そして、V値はクロミナンス値である。このカラースペース様式では、明度情報は輝度値で保存されます、そして、色彩情報はクロミナンス値で保存されます。JPEGとLEAD CMPは、YUV値の正確さに影響を及ぼすことができる標本抽出法によって、データ圧縮を達成します。より大きな圧縮から選択する圧縮パラメータまたはより大きい正確さを操ることができるので、この種の圧縮は不可逆圧縮と時々呼ばれます。(YCbCr(TIFFイメージの中で使われる)は、YUVと同じカラースペースモデルです。)

画像ファイルの中で使われるもう一つのカラースペースモデルは、CMYK(シアン、マゼンタ、黄色と黒さを使用してカラー印刷のために設計しました)です。他の圧縮技術は、RLE(ランレングス符号化)とLZW(レンペル-ジフとウェルチ)を含みます。これらの技術の両方とも画像データの正確さを保存します、そして、単にデータの繰り返しを識別することによってだけ圧縮を達成します。若干のグレースケールと1ビット画像ファイルフォーマットも、RLEとLZW圧縮技術を使用します。

広く主要な出力照会された拡張色域BGRカラーエンコーディングであるReference Output Medium Metric(ROMM)BGRカラーエンコーディングのファミリーも、あります。これらのエンコーディングは、デジタル画像を操って、保存して、送って、表示して、印刷するために、デジタル静止画像画像処理システムにより用いられます。ROMMは、sRGBとは異なり、色の範囲がCRTモニタに表示できる色に制限されません。また、e-sRGBとは異なり、負のRGB色座標を使用しません。ROMMカラーオーダーが24または48ビットビットマップだけで使われることができて、CMP/JPEG/Exif JPEG/JTIF/TIFF CMPファイルフォーマットによってサポートされます。

画像ファイル形式がコンピュータのファイルシステムで保管のために使われるだけでなく、データベース記憶のために、そして、イメージの転送のために使われもします。さらに、若干のアプリケーションは、圧縮したファイルフォーマットでメモリ内の頻繁に使われるイメージを保持します。このように、これらのファイルからビットマップをロードするとき、メモリ速度を利用することができます。

関連したトピック: