LEADTOOLSライブラリ

フレームを表示

LEADTOOLSメソッドの多くは画像座標を参照します。これは、画像の表示座標とは異なる場合があります。たとえばWindowsでは、表示される画像の最初のピクセルは常に左上隅ですが、同じ画像のRasterImageオブジェクトでは、メモリ内の最初のピクセルが画像の左下隅になることがあります。imageのピクセルの配置は、ビューの視点と方向と呼ばれています。

image座標を変更することに関する情報のために、ビューの視点と方向に基づいて、下で「画像座標へ、あるいは、から変換する」ことを参照します。

LEADTOOLSは、ViewPerspectiveプロパティを使用してビューの視点と方向を管理します。

以下は、可能な値です。

すべてのツールキット:

TopLeft

[0] 最初は、メモリ内のimageで左上です。

BottomLeft

[2] imageの左下は、メモリ内の最初です。



Document/Medical:

TopRight

[1] 最初は、メモリ内のimageで右上です。

BottomRight

[3] imageの右下は、メモリ内の最初です。

右上

[4] 1行めは右辺です、最初の列は表です。

TopLeft90

[4] 右上に同じ。TopLeftを時計回りに90°回転。

左下

[8] 1行めは左側です、最初の列は底面です。

TopLeft270

[8] 左下に同じ。TopLeftを時計回りに270°回転。

BottomLeft180

[1] TopRightに同じ。BottomLeftを時計回りに180°回転。

TopLeft180

[3] BottomRightに同じ。TopLeftを時計回りに180°回転。

LeftTop

[5] 1行めは左側です、最初の列は表です

BottomLeft90

[5] LeftTopに同じ。BottomLeftを時計回りに90°回転。

RightBottom

[7] 1行めは右辺です、最初の列は底面です

BottomLeft270

[7] RightBottomに同じ。BottomLeftを時計回りに270°回転。



イメージを示すメソッドはビューの視点と方向を占めます、そのため、示されたimageは適切な向きを持っています。それでも、image幅と高さを取得するとき、imageが回転するビューの視点と方向を持っているかもしれないという可能性を見なさなければなりません。場合によっては、画像座標への変換、または画像座標からの変換が必要になることもあります。

image幅と高さドキュメント/Medicalのみ)を解釈すること

LEADTOOLS Document/Medicalツールキットにおいて、imageは、imageをロードする前にRasterCodecs.Options.Load.Rotatedをtrueに設定するならば、または、高速回転のためにChangeViewPerspectiveメソッドを使うならば、回転するビューの視点と方向を持っていることができます。

このような場合、プロパティと高さプロパティが、表示されている画像の向きと一致しないことがあります。これは画像のアスペクト比を計算するときに注意する必要があります。LEADTOOLSは、解釈を一緒にやってくれるために、以下のプロパティを提供します:

画像座標への、そして、からの、翻訳

若干の状況では、image座標へ、あるいは、から変換しなければなりません。たとえば、現在のマウスpositionでカラーを取得するためにGetPixelColorメソッドを使っているとします。Leadtools.RasterImage.GetPixelColor(System.Int32、System.Int32)がimage座標を使うので、マウス座標を変換しなければなりません。

同様に、様々なビュー視点を持っている2つのイメージで機能しているならば、一方から他方へとimage座標を変換する必要があるかもしれません。LEADTOOLSは、変換を単純化するために、以下のメソッドを提供します:

PointFromImage

PointToImage

RectangleFromImage

RectangleToImage

必要であれば、以下のメソッドを使用して画像データを上下左右に反転し、ビューの視点と方向を変更することもできます。

ChangeViewPerspective