LEADTOOLS

フレームを表示

LEADTOOLSは、画像ファイルをロードして保存するとき、多くのオプションを提供します。それでも、codeは以下と同じくらい単純でありえます。そして、それはLEAD圧縮ファイルをロードして、Windows BMPファイルとしてそれを保存します:

Visual Basic


' Create a new instance of the RasterCodecs class

Dim codecs As New Leadtools.Codecs.RasterCodecs() ' Load an image at its own bits per pixel Dim image As Leadtools.RasterImage = codecs.Load( _ "c:\Test.cmp", _ 0, _ Leadtools.Codecs.CodecsLoadByteOrder.Bgr, _ 1, _ 1) ' Save the image as a 24-bit Windows BMP file codecs.Save( _ image, _ "C:\Test.bmp", _ Leadtools.RasterImageFormat.Bmp, _ 24, _ 1, _ 1, _ 1, _ Leadtools.Codecs.CodecsSavePageMode.Overwrite) ' Dispose of the objects we created image.Dispose() codecs.Dispose()

C#

             // Create a new instance of the RasterCodecs class
             Leadtools.Codecs.RasterCodecs codecs = new Leadtools.Codecs.RasterCodecs();
             // Load an image at its own bits per pixel
             Leadtools.RasterImage image = codecs.Load(
                @"c:\Test.cmp",
                0,
                Leadtools.Codecs.CodecsLoadByteOrder.Bgr,
                1,
                1);
             // Save the image as a 24-bit Windows BMP file
             codecs.Save(
                image,
                @"C:\Test.bmp",
                Leadtools.RasterImageFormat.Bmp,
                24,
                1,
                1,
                1,
                Leadtools.Codecs.CodecsSavePageMode.Overwrite);
             // Dispose of the objects we created
             image.Dispose();
             codecs.Dispose();
             

J#

             // Create a new instance of the RasterCodecs class
             Leadtools.Codecs.RasterCodecs codecs = new Leadtools.Codecs.RasterCodecs();
             // Load an image at its own bits per pixel
             Leadtools.RasterImage image = codecs.Load("c:\\PSPMainWindow.JPG", 0, Leadtools.Codecs.CodecsLoadByteOrder.Bgr, 1, 1);
             Toolkit.getDefaultToolkit().getImage(getClass().getResource("mario.gif"));
             // Save the image as a 24-bit Windows BMP file
             codecs.Save(image,"c:\\Test.bmp" ,Leadtools.RasterImageFormat.Bmp,24,1,1,1,Leadtools.Codecs.CodecsSavePageMode.Overwrite);
             // Dispose of the objects we created
             image.Dispose();
             codecs.Dispose();
             

LEADTOOLSは、スーパー圧縮画像もサポートします。わずか1ビットと24-ビットイメージは、メモリ内の非常に圧縮しておかれることができます。詳細については、「超圧縮画像」を参照してください。現在のビデオモードに関係なくそれ自身のカラー解像度でimageをロードすることができて、それを操作することができて、それを示すことができます。それをロードまたは保存して、特定のカラー解像度(ピクセル当たりビット)にimageを変換することもできます。ロードまたは保存中に変換する場合は、「Conversion Considerations」を参照してください

画像ファイルがディスクの上に、または、メモリであるかどうかにかかわらず、それをロードする前にimageに関する情報を取得することができます。ファイルフォーマット-特定情報(例えばページ番号または物理的な解像度)を処理することもできます。以下のトピックは、特定のファイルフォーマットに関する詳細な情報を提供します:

送られた画像データを供給して、ロード手順の実行を制御することができます。RasterCodecs.StartFeedLoadRasterCodecs.FeedLoadRasterCodecs.StopFeedLoadメソッドを参照します。

FastFileInfoを使用すると、シグネチャが既知のいずれかのファイル形式シグネチャと一致しないファイルを拒否するかどうかを指定できます。その結果、ファイルフォーマットdllは、ロードされないか、必要以上に呼び出されません。

それが目的の幅と高さを設定することによってロードされて、ロードメソッドは新しい寸法にimageの大きさを変更させます。MrcSegmenter.LoadImageメソッドは、image(ファイルは任意のサポートされた画像ファイルフォーマットの中にあることができます。)に、MRC画像ファイルをロードします

Rawコーデック(Leadtools.Codecs.Raw.dll)によってRAWヘッダなし画像データおよびRaw FAXのロードと保存がサポートされています。

メモリバッファでファイルにimageを保存するために、保存は、保存された材料の追加の処理を許可するために、オプションのコールバックメソッドを使います。

リージョンは、TIFFファイルの中に自動的に保存されます。詳細については、「リージョンの保存」を参照してください。しかし、TIFFファイルの中にリージョンを保存する機能がロック解除されなければならない点に注意します。これは、Document ImagingまたはMedical Imagingツールキットを必要とします。

WindowLevelCommandクラスで適用されるウィンドウ-レベリングは、画像データを変更することなく、TIFまたはDICOM形式に保存されることができます。詳細については、「Windowsレベル調整画像の保存」を参照してください。

LEADTOOLSは、BGRにデータを変換することなく、ロードTIFF CMYKファイルをサポートします。そのためには、LoadCmykPlanesを使用してCMYKの各プレーンをimageに別々のページとしてロードします。TIFF CMYKとしてプレーンを保存するために、SaveCmykPlanesを呼び出します。詳細については、「別々の画像としてCMYKファイルを処理」を参照してください。

2値画像として色のついたイメージを保存すること

LEADTOOLSは、2値画像(1ビット/ピクセルがあるimage)としてカラー画像(1ビット以上/ピクセルがあるimage)を自動的に保存する機能を持っています。これは、いろいろなRasterCodecs.SaveメソッドのbitsPerPixelパラメーターとして「1」を渡すことによって達成されます。imageのカラー解像度を8ビット/ピクセル以下に引き下げるときはいつでも、ディザリング方法は効果を示し始めます。1つの選択肢は最も精密にカラーマッチ(ディザ処理でない)を使うことです。そして、それは各々のピクセルのカラーがそれと最も密接に一致するパレットカラーに変更されることを意味します。オリジナル画像にわずかな色の詳細が含まれる場合、近似色マッチの結果として大きな色のシミができ見た目がよくなくなる可能性があります。

ディザ処理メソッドは、様々な色のピクセルを混ぜることによって、より微妙な色合いの外観を作成します。これは、新聞の写真が実際は白黒のみであるにもかかわらずグレーの影が付いているように見えるのと似ています。

v17で開始して、デフォルトで2値画像(1-ビット/ピクセル)としてカラー画像を保存するとき、LEADTOOLSはディザ処理を使いません。これは、最終的な2値画像imageがimageで原文で最もはっきりした表現を格納して、OCRとバーコードなどの最善入力をドキュメントベースの認識方式に提供することを保証します。

ディザ処理を有効にするために、imageを保存するとき、必須値までLeadtools.RasterImageの中にディザリング方法を設定しなければならなくて、それからこの値を使うために、Leadtools.Codecs.RasterCodecsを指示しなければなりません。以下のサンプルは24bpp imageをロードして、ディザ処理による、そして、それのない2値画像として、それを保存します。

Visual Basic

             Private Shared Sub Test(ByVal codecs As RasterCodecs, ByVal coloredImageFileName As String)
                ' RasterCodecs.Options.Save.UseImageDitheringMethod is false by default
            
                Dim image As RasterImage = codecs.Load(coloredImageFileName)
                ' Save it with no dithering options
                codecs.Save(image, "C:\NotDithered.tif", RasterImageFormat.CcittGroup4, 1)
            
                ' Change the image dithering method to FloydStein
                image.DitheringMethod = RasterDitheringMethod.FloydStein
                ' Use the image dithering method when saving
                codecs.Options.Save.UseImageDitheringMethod = True
                ' Save it again
                codecs.Save(image, "C:\Dithered.tif", RasterImageFormat.CcittGroup4, 1)
            
                image.Dispose()
             End Sub
             

C#

             private static void Test(RasterCodecs codecs, string coloredImageFileName)
             {
                // RasterCodecs.Options.Save.UseImageDitheringMethod is false by default
            
                RasterImage image = codecs.Load(coloredImageFileName);
                // Save it with no dithering options
                codecs.Save(image, @"C:\NotDithered.tif", RasterImageFormat.CcittGroup4, 1);
            
                // Change the image dithering method to FloydStein
                image.DitheringMethod = RasterDitheringMethod.FloydStein;
                // Use the image dithering method when saving
                codecs.Options.Save.UseImageDitheringMethod = true;
                // Save it again
                codecs.Save(image, @"C:\Dithered.tif", RasterImageFormat.CcittGroup4, 1);
            
                image.Dispose();
             }
             

Windows Presentation Foundation(WPF)とSilverlightがサポートするLEADTOOLS

LEADTOOLSは、広範囲なサポートをWPFとSilverlightに提供します。イメージがWPF/SilverlightでLEADTOOLSイメージを示して、ならびにWPF/Silverlightへ/から変換するためにどのようにRasterImageとWpf/Silverlightに言及するかについて学びます
リージョンの保存

 

 


製品 | サポート | お問い合わせ | 著作権に関する通知
© 1991-2016のLEAD Technologies, Inc. All Rights Reserved.