LEADTOOLS

フレームを表示

JBIGは、上下二層のimage(2つのカラーイメージ)のロスレス圧縮エンコーディングのために、メソッドを定義します。このメソッドが、グレースケールとカラーイメージをコード化するために、使われることもできます。LEADTOOLSは全3種類のイメージをここで完全にサポートします。そして、この強力な圧縮の完全利用をする機能を与えます。

LEADTOOLSはJBIGのプログレッシブ機能もサポートします。そして、保存して、任意の追加のストレージオーバーヘッドなしで様々な解像度でイメージの複数の表現を送ることができます。どのサイズがファイルで利用できるかについて調べるために、ReadLoadResolutionsメソッドを使うことができます。どのサイズをロードするべきかについて指定するために、解像度プロパティをその後使うことができます。ファイルを保存するとき、操作を除いて次のために解像度を設定するためにSetResolutionsメソッドを使うことができます。

JBIG形式で利用できる最高の圧縮比を達成するために、LEADはこの強い標準のすべての機能ブロックをここでフルに活用します:

この機能は、グレースケール画像データに対処することに役立ちます。

JBIG標準で特定されたすべての自由パラメーターは、操作を少しでも保存するか、ロードするために最大圧縮と最高速度を達成するために、LEADで適用されます。

LEADTOOLSは、JBIGファイルで1つ以上のビットプレーンと1つ以上の解像度レイヤを現時点ではサポートします。しかし、JBIGファイルの中にストリップの様々な順位付けを保存することをサポートしません。最低の解像度レイヤに見つけるファイルを開くようにそれがJBIGファイルの中にストリップの最適の順位付けをサポートするように、JBIGフィルタはここで構築されます。

JBIGは、imageのプログレッシブロードをサポートします。最後の利用できる解像度まで、これは、ファイルで利用できる最低の解像度をロードして、それから次の解像度とその他をロードすることによってされます。JBIG imageのプログレッシブロードを実装するために、パス数/解像度をロードに設定するために、CodecsLoadOptionsクラスを使用します。プログレッシブロードは、以下のように実装されます:

  1. JBIGファイル内に解像度が1つだけ存在する場合は、解凍時にその解像度の画像データを使用してLoadImageイベントが呼び出されます。
  2. imageが格納するならば、1つ以上の解像度とその後LoadImageイベント(Passes >= nResolutions(nResolutionsはファイルに存在する解像度の数を表します))はファイルで利用できる最低の解像度から画像データを指定して呼び出されます。コールバックに渡されたり画像に挿入されるデータは残りの幅において0でパディングされます(つまり、ファイルで最後に入手できる解像度のサイズ)。image全体(つまり、利用できる最後の解像度)がロードされるまで、これは繰り返されたnResolution時代であるでしょう。
  3. 画像に複数の解像度(Passes < nResolutions)がある場合、プロセスはケース2の場合を同じです。ただし、最初に利用可能な解像度でロードを開始する場合は第2の解像度で継続し、解像度のパス数-1まで続行する点が違います。ファイル内で最後に利用可能な解像度で解凍されるとロードは終了します。

JBIGサポートは、JBIGモジュールだけで利用できます。必須のファイルの詳細については、「アプリケーションとともに配布するファイル」を参照してください。

JBIGサポートは、Document/Medicalツールキットだけで利用できます。

© 1991-2016のLEAD Technologies, Inc. All Rights Reserved.