LEADTOOLS

フレームを表示

RAWファイルフィルタは、生の未圧縮データをロードして保存するのに用いられることができます。ローデータには次のものを含めることができます。

注意:文書/貯蓄銀行LZW画像データはサポートされます、しかし、読み取り/ロードLZWはファイルしません。

RAWフィルタでファイルをロードすること

生のファックスファイルをロードするために、最初にイベントにサブスクライブしなければなりません。ツールキットが画像ファイル形式を認識することができないとき、それはこのイベントを発生します。ファックスimageのサイズを知っているならば、CodecsLoadInformationEventArgs.Widthで値を設定します、そして、CodecsLoadInformationEventArgsオブジェクトのCodecsLoadInformationEventArgs.Heightプロパティはイベントデータとして渡しました。ファクスファイルの幅と高さを自動的に検出するには、CodecsLoadInformationEventArgs.WidthとCodecsLoadInformationEventArgs.Heightプロパティに-1を設定します。

生の未圧縮データをロードするために、最初にこのイベントにサブスクライブしなければなりません。ツールキットが画像ファイル形式を認識することができないとき、それはこのイベントを発生します。CodecsLoadInformationEventArgs.FormatプロパティをRasterImageFormat.Rawに設定します。有効値は、以下のプロパティのためにも設定されなければなりません:

(Windows BMP形式のローデータのように)バイト数が4の倍数になるようにローデータの各ラインをパディングする場合は、CodecsLoadInformationEventArgs.Pad4プロパティをtrueに設定します。imageが適切な向きを使うために、向きをCodecsLoadInformationEventArgs.ViewPerspectiveプロパティに含めます。たとえば、生のWindows BMPデータは、RasterViewPerspective.BottomLeft向きで保存されます。向きが不明であるならば、それをRasterViewPerspective.BottomLeftに設定します。生データが8ビット/ピクセル以下であるならば、imageはパレットに載せられます、そして、パレットは生成されなければなりません。これが本当ならば、CodecsLoadInformationEventArgs.SetPaletteメソッドに多くのエントリで1 >gt; bits/pixel有効なパレットを渡します。

CodecsLoadInformationEventArgs.Orderプロパティで正しいカラーオーダーを設定します。たとえば、データの順序がBGRであるならば、この値をRasterByteOrder.Bgrに設定します。

詳細については、「CodecsLoadInformationEventArgs」を参照してください。

生の12-と16ビット拡張グレースケールimageをロードするために、それに応じてCodecs.InformationEventArgs.OrderプロパティRasterByteOrder.GrayCodecsLoadInformationEventArgs.LeastSignificantBitFirstプロパティに設定します。符合付き画像データについては、CodecsLoadInformationEventArgs.Signedプロパティをtrueに設定します。

RAWヘッダなし画像データおよびRaw FAXのロードと保存がサポートされています。ロードするために、Rawコーデック(Leadtools.Codecs.Raw.dll)を使用します。

生の未圧縮データを保存するとき、RAWフィルタでファイルを保存して、生データはimageの幅、高さ、ピクセル当たりビット、カラーオーダーとビューの視点と方向と一致します。生データがCodecsOptions.Rawで特定のパラメータを設定することによって保存される方法に影響を及ぼすことができますオブジェクト。

各々のbyteのビットは、生データの各々の行がそうであることがありえるReverseBitsを設定することによって翻されることができますlengthがCodecsRawSaveOptions.Pad4をtrueに設定することによる4バイトの倍数であるように、パディングしました。データの保存時にRawLzwを指定してローLZWデータを保存することも可能です。このオプションが使われるとき、ビューの視点と方向が無視される点に注意してください。このオプションの主要な目的は、サポートをPDFなどの他のファイルフォーマットに埋められるLZWイメージを保存するために提供することになっています。8ビット/ピクセル以下としてロウデータを使うとき、セーブの前に任意のディザ処理を無効にするためにOptimizedPaletteフラグを渡すことが必要です。パレット情報がRAWファイルで保存されないことに注意すべきです。従って、ロウデータをロードした後に、パレット(RAWフィルタセクション(上の)でファイルをロードすることを参照します)を供給することが必要です。

サンプルのために:を参照しますRasterCodecs.LoadInformationイベント.

プラットホーム:.NET 2/3、.NET 4、Silverlight

© 1991-2016のLEAD Technologies, Inc. All Rights Reserved.