LEADTOOLS

フレームを表示

x64のためにサポートされません

Canon Rawファイルフォーマットは、Canonデジタルカメラで作成されるラスターファイルフォーマットです。それは、圧縮のないCCDピクセルの未加工ダンプです。この形式は、POLYVIEWによってサポートされます。

LEADTOOLSは読むことができて、CanonデジタルカメラSDK(CD-SDK)を用いて表示することができます。そして、CRWファイルが以下のデジタルカメラで生成されます:

Power Shot IXY DIGITAL デジタルIXUS EOS
Power Shot A10 Power Shot A20 Power Shot A30 Power Shot A40 Power Shot A100 Power Shot S10 Power Shot S20 Power Shot S30 Power Shot S40 Power Shot S100 Power Shot S110 Power Shot S200 Power Shot S300 Power Shot S330 Power Shot G1 Power Shot G2 Power Shot Pro90 IS IXY DIGITAL IXY DIGITAL 200 IXY DIGITAL 200a IXY DIGITAL 300 IXY DIGITAL 300a デジタルIXUS DIGITAL IXUS v DIGITAL IXUS v2 デジタルIXUS 300 デジタルIXUS 300 EOS D30 EOS D60 EOS-1D

この形式で使用されるデフォルト拡張子:CRW。

このファイルフォーマットに関連づけられるファイル定数は、以下の通りです。

Constant 読み込み 書き込みサポート 説明
Crw 24 BPP None Canon RAW形式。

必須のDLL:Leadtools.Codecs.Crw.Dll.ツールキットバージョンに基づいた必要なDLLのリストについては、「アプリケーションとともに配布するファイル」を参照してください

関連した形式:DCR-コダックProfessionalデジタルカメラ形式DCS ― Kodak Professional Digital Camera System形式EXIF - Exif形式KDC)-Kodak Digital Camera形式PCD-コダック形式

Canonランタイムファイルは、CRWサポートのために必要とされます

CDSDK.reg、CDSDK.dll、CDRAPCLS.dll、czs_ui.dll、deimg.dll、deImg010.dll、deImg110.dll、deImg153.dll、deimg301.dll、deimg401.dll、deImg404.dll、deimg602.dll、Deimg603.dll、DeImgd60.dll、pscAdimg.dll、pscCllct.dll、pscCStUI.dll、pscDcd.dll、pscDevUI.dll、pscDvlp.dll、Pscl2STI.dll、pscll.dll、pscParse.dll、pscSetup.dll、psdkdll.dll、psdkReg.dll、psParse.dll.

キヤノン社は、これらのDLLを発行します。これらのファイルの配布ライセンスが必要な場合は、キャノンに連絡し、キャノンデジタルカメラソフトウェア開発キット(無償)のライセンスを取得してください。

これらのファイルは、デモンストレーションとテスト目的のために含まれます。これらのファイルを配分する前に、Canonからライセンスを得なければなりません。

キャノンでは、CRW SDKの必要なDLL/ライブラリをシステムフォルダではなく、それらを使用するEXEアプリケーションの作業フォルダに配置することを推奨しています。LEADTOOLSはシステムフォルダでこれをテストしました、そして、それは問題なく機能しました。しかし、この推奨事項を無視したことによって生じる問題や競合を避けるため、キャノンの指示どおりにDLL/ライブラリをアプリケーションの作業フォルダに配置することを推奨します。

プラットホーム:.NET 2/3、.NET 4

© 1991-2016のLEAD Technologies, Inc. All Rights Reserved.