Leadtools.Topics.Dicom

フレームを表示

内部のDICOMテーブルは、Leadtools.Dicom.dllから専用のLeadtools.Dicom.Tables.dllまで移動されました。これにより、メインDICOM DLL(Leadtools.Dicom.dll)のサイズがかなり小さくなるとともに、開発するアプリケーションに固有の要件に合わせてDICOMテーブルを利用およびカスタマイズするオプションが使用できるようになりました。

定義されて、DICOMツールキットで内部的に保存される5つのDICOMテーブルが、あります:

DICOMツールキットユーザーは、アプリケーションの需要を満たすためにDICOMテーブルを使って、調整するために、いくつかのオプションをここで持っています。

これらの4つのテーブルは、簡単に調整されることができます。たとえば、新しいUID、要素、IODsまたはコンテキストグループを追加するために、開発者は任意のテキストエディターでこれらのファイルの任意の一つを編集することができます。また、テーブルは単一のテーブルに簡単に結合されることができます。

開発者は、使われないテーブルから、それらの項目を簡単に削除することができます。たとえば、DICOM IODテーブルは60以上のIOD定義と300以上のモジュール定義を格納します。そして、それはdicTableIodModule.xmlファイルで18000以上の行に来ます。特定のDICOMアプリケーションで使用しないIODがある場合は、それらのIODを削除することで、アプリケーションのフットプリントがかなり軽減されます。または、基本的なDICOM通信をしているならば、必要とするそれらのIODsだけを含むことができて、すべての他を削除することができます。たとえば、アプリケーションは以下のIODsだけを使うかもしれません:

UID、Dicom要素、IODsとコンテキストグループの詳細については、参照します

UID、Dicom要素、IODsとコンテキストグループの詳細については、参照します

一意識別子(UID)の操作

タグの操作

情報オブジェクト定義の操作

コンテキストグループの操作