LEADTOOLSスクリーンキャプチャ(Leadtools.ScreenCaptureアセンブリ)

フレームを表示

ScreenCaptureEngineクラスメンバー

フレームを表示
プロパティ  メソッド  イベント





以下の表は、ScreenCaptureEngineによって公開されるメンバを示します。

パブリックコンストラクタ
 名前説明
ScreenCaptureEngine ConstructorデフォルトパラメータでScreenCaptureEngineクラスオブジェクトの新しいインスタンスを初期化します。  
パブリックプロパティ
 名前説明
CaptureOptionsキャプチャオプションを取得または設定します。  
DefaultCaptureAreaOptionsデフォルトのキャプチャ領域オプションを取得します。  
DefaultCaptureObjectOptionsデフォルトのキャプチャオブジェクトオプションを取得します。  
IsCaptureActiveキャプチャすることがアクティブかどうかについて示す値を取得します。  
パブリックメソッド
 名前説明
CaptureActiveClientアクティブウィンドウのクライアントエリアの画像をキャプチャします。  
CaptureActiveWindowアクティブウィンドウの画像をキャプチャします。  
CaptureAreaユーザーによって選択される領域の画像をキャプチャします。  
CaptureFromExeExeまたはDLLに保存されたリソースの画像をキャプチャします。  
CaptureFullScreen画面全体の画像をキャプチャします。  
CaptureMenuUnderCursorカーソルの下のメニューの画像をキャプチャします。  
CaptureMouseCursorマウスカーソルの画像をキャプチャします。  
CaptureSelectedObject選択したウィンドウのオブジェクトの画像をキャプチャします。  
CaptureWallpaper机上壁紙の画像をキャプチャします。  
CaptureWindowウィンドウハンドルのimageをキャプチャします。  
CaptureWindowUnderCursorカーソルの下のウィンドウの画像をキャプチャします。  
Disposeオーバーロードされます。ScreenCaptureEngineによって使用されているすべてのリソースを解放します。  
GetResourcesCount任意の実行可能ファイルで指定された型の資源の数を数えます。  
SetCaptureHotkeyCallbackHotKeyコールバックを処理するメソッドを設定します。  
ShowCaptureAreaOptionsDialogダイアログを示して、そして、ScreenCaptureAreaOptions構造体を塗りつぶします。  
ShowCaptureFromExeDialogダイアログと資源のimageがexeまたはdllで保存したキャプチャを示します。  
ShowCaptureObjectOptionsDialogCaptureSelectedObjectメソッドのためにオプションを取り戻すために、ダイアログを示します。  
ShowCaptureOptionsDialogダイアログを示して、そして、ScreenCaptureOptions構造体を塗りつぶします。  
Shutdownスクリーンキャプチャツールキットを開始するために使用するすべてのデータを開放します。  
Startupスクリーンキャプチャツールキットを開始するために、必須のデータを初期化します。  
StopCaptureアクティブなキャプチャを停止します。  
プロテクトメソッド
 名前説明
FinalizeScreenCaptureEngineクラスのためのデストラクタ。  
パブリックイベント
 名前説明
CaptureInformationキャプチャされる各々のimageとその情報を処理します。  
参照

参照

ScreenCaptureEngineクラス
Leadtools.ScreenCapture名前空間
スクリーンキャプチャの実装
ScreenCaptureInformationクラス
ScreenCaptureInformationEventArgsクラス
ScreenCaptureOptions構造体
ScreenCaptureAreaOptions構造体
ScreenCaptureObjectOptions構造体
ScreenCaptureExceptionクラス