LEADTOOLS画像処理(Leadtools.ImageProcessing.SpecialEffectsアセンブリ)

フレームを表示

Leadtools.ImageProcessing.SpecialEffects名前空間

継承階層


フィルタと、画像(または一部)の処理のための変換についての概要と説明。それは、波紋、変形、トンネル、レンズフレア、色のついた鉛筆などのようなアートエフェクトを適用するために、メソッドを含みます
クラス
 クラス説明
AgingCommand 画像にランダムな色の変化、ひっかき傷、ほこり、および穴をシミュレートする効果を加えます。あたかも古いフィルムから画像を作成したかのような効果が得られます。このコマンドは、Imaging Pro以上のツールキットで利用できます。
BendCommand 回転軸を中心に曲面に沿ってアクティブな画像を歪ませます。このコマンドは、Imaging Pro以上のツールキットで利用できます。
BricksTextureCommand imageをそれがレンガ壁面の上で描画されたようでいさせるレンガテクスチャーを作成します。このコマンドは、Imaging Pro以上のツールキットで利用できます。
BumpMapCommand バンプ画像を影響する画像に適用することで作成された3次元テクスチャパターンを追加します。このコマンドは、Imaging Pro以上のツールキットで利用できます。
CanvasCommand 一方の画像の上にもう一方のキャンバス画像を重ね合わせて、2つの画像を合成します。このコマンドは、Imaging Pro以上のツールキットで利用できます。
CloudsCommand ビットマップにクラウドエフェクトを適用します。Imaging Proと上記のツールキットは、このcommantを含みます。
ColoredBallsCommand 画像の上に色付きボールを投げます。生成されるボールの色は、ボールそのものの色とボールが落下した場合のピクセルの色とを一定の不透明度で合成した色になります。いろいろなパラメータは、ボールのカラーと外観を制御します。
ColoredPencilCommand 色鉛筆で描画したような効果をimageに適用します。このメソッドは、Imaging Pro以上のツールキットで利用できます。
ColoredPencilExtendedCommand 色鉛筆で描画したような効果をビットマップに適用します。このメソッドは、Imaging Pro以上のツールキットで利用できます。
CylinderCommand シリンダーのまわりでimageをゆがませます。このコマンドは、Imaging Pro以上のツールキットで利用できます。
DiceEffectCommand 画像を正方形または長方形のブロックに分割します。ブロックが四角いならば、コマンドは0、90、180または270度各々のブロックを回転させます。ブロックが長方形であるならば、コマンドはX軸またはY軸のまわりでブロックを上下に反転します。このコマンドは、Imaging Pro以上のツールキットで利用できます。
DiffuseGlowCommand 画像の明るい領域または暗い領域にカラーの光彩を与え、それらの領域をネオンのように輝かせます。このメソッドは、Imaging Pro以上のツールキットで利用できます。
DrawStarCommand imageの上で星を描画します。このコマンドは、Imaging Pro以上のツールキットで利用できます。
DryCommand 水彩画のドライブブラシ技法をシミュレートします。このコマンドは、Imaging Pro以上のツールキットで利用できます。
FragmentCommand シフトされたコピーを持つ画像を平均化します。このメソッドは、Imaging Pro以上のツールキットで利用できます。このメソッドにより画像のコピーが4つ作成されます。各コピーは、オフセット量だけ4方向のいずれかにシフトします:上、左、下、右。そして、imageはそのシフトされたコピーで平均化されます。
FreeHandShearCommand 指定した振幅値を使用して描画した波に沿って画像を変形します。このコマンドは、Imaging Pro以上のツールキットで利用できます。
FreeHandWaveCommand 振幅値の配列と回転角度で指定した波に沿って画像を変形します。このコマンドは、Imaging Pro以上のツールキットで利用できます。
FreePlaneBendCommand Curveプロパティによって表された3D面に沿って画像をゆがめます。このコマンドは、Imaging Pro以上のツールキットで利用できます。
FreeRadialBendCommand Curveプロパティによって表された3D面上で放射状に画像を歪めます。このコマンドは、Imaging Pro以上のツールキットで利用できます。
FunctionalLightCommand 関数ベースの分布を計算して画像に照明効果を加えます。この光は、以下のメソッドの1つによって生成されます:線形、正方形の、正弦、余弦またはフリーハンドのポイントを使うこと。このメソッドは、Imaging Pro以上のツールキットで利用できます。
GlassEffectCommand 画像を四角形のセルに分割し、ガラスのブロックを透かして見たような効果を与えます。このコマンドは、Document/Medical以上のツールキットで利用できます。
GlowCommand 色付きのエッジにネオンのような輝きを与えます。このコマンドは、イメージングProo以上のツールキットで利用できます。
ImpressionistCommand 画像に印象派の画家が描いたような効果を加えます。このコマンドは、Imaging Pro以上のツールキットで利用できます。
IntelligentDownScaleCommand 重要な機能を保持しつつ画像サイズを自動的に減ります。それは、imageの自然な見た目に影響を及ぼすことなくユーザーによって選択される特定のオブジェクトを削除することもできるか、保つこともできます。
IntelligentUpScaleCommand 重要な機能を保持しつつ画像サイズを自動的に増加します。それは、imageの自然な見た目に影響を及ぼすことなくユーザーによって選択される特定のオブジェクトを保つこともできます。
LensFlareCommand カメラのレンズに明るい光が当たったときに起こる二次反射をシミュレートします。レンズのフレアは屈折して、フレアを取り巻く一連の光の輪になります。このメソッドは、Imaging Pro以上のツールキットで利用できます。
LightCommand imageに誘導された光源の多くの点を追加します。このコマンドは、Imaging Pro以上のツールキットで利用できます。
LightCommandDataHelper LightCommandData構造体のためのヘルパーメソッド。
MosaicTilesCommand 画像を不規則な境界を持つ長方形または円弧状のセルに分割し、各セルの色を変更することによって、画像にモザイク効果を加えます。このメソッドは、Imaging Pro以上のツールキットで利用できます。
OceanCommand 海面に画像を反映します。このコマンドは、イメージングProo以上のツールキットで利用できます。
PerlinCommand 疑似乱数生成器を使用してPerlinノイズを生成し、生成したノイズをプロシージャルにテクスチャに変換します。このコマンドは、Imaging Pro以上のツールキットで利用できます。
PerspectiveCommand まるでそれが様々なシェイプにゆがめられるフラットな面に存在するように、imageに三次元深さを与えます。このコマンドは、Imaging Pro以上のツールキットで利用できます。
PixelateCommand 選択されたエフェクトに従って、画像を四角形セルまたは円形セルに分割し、各セルを最小ピクセル値、最大ピクセル値、または平均ピクセル値で塗りつぶして画像を再作成します。このコマンドは、Imaging Pro以上のツールキットで利用できます。
PlaneBendCommand Z軸方向の平行な面に画像を配置し、中心点の方に面を歪曲させます。このコマンドは、Imaging Pro以上のツールキットで利用できます。
PlaneCommand Z軸方向の平行な面に画像を配置します。このコマンドは、Imaging Pro以上のツールキットで利用できます。
PlasmaCommand プラズマのように互いに溶け合うカラーパターンを適用します。このコマンドは、Imaging Pro以上のツールキットで利用できます。
PointillistCommand 画像の色をランダムに配置された点に変換して、点描画を作成します。このコマンドは、Imaging Pro以上のツールキットで利用できます。
PolarCommand 画像を直交座標から極座標、またはその逆に変換します。このコマンドは、Imaging Pro以上のツールキットで利用できます。
PunchCommand 画像を中心に向かってピンチするか中心から外に向かって広げて画像をゆがめます。このコマンドは、Imaging Pro以上のツールキットで利用できます。
PuzzleEffectCommand 四角いブロックにimageを分割して、imageの中にこれらのブロックをランダム化します。このコマンドは、Imaging Pro以上のツールキットで利用できます。
RadialBlurCommand 中央点のまわりでピクセルを回転させることによって、imageをぼかします。このコマンドは、Imaging Pro以上のツールキットで利用できます。
RadialWaveCommand 中心から放射しているwaveを用いて、imageを変形します。このコマンドは、Imaging Pro以上のツールキットで利用できます。
RevEffectCommand 各ポイントの明度に基づいて高さが決定される線を画像全体に描画することで、画像に疑似的な3D効果を与えます。このコマンドは、Imaging Pro以上のツールキットで利用できます。
RingEffectCommand 画像を指定された数のリングに分割します。各々のリングは、回転角によって回転します。各々のリングのための回転角は、コマンドによってランダムに選択されるか、コマンドに渡されることができます。このコマンドは、Imaging Pro以上のツールキットで利用できます。
RippleCommand 同心リングに画像をゆがめます。このコマンドは、Imaging Pro以上のツールキットで利用できます。
RomanMosaicCommand 画像を長方形または丸角長方形のタイルに分割し、それらのタイルを、タイルのピクセルの色からランダムに選択された色で塗りつぶします。このメソッドは、Imaging Pro以上のツールキットで利用できます。
ShadowCommand imageにシャドウを追加します。このコマンドは、Imaging Pro以上のツールキットで利用できます。
SphereCommand 3D球面の周りに画像をゆがめます。このコマンドは、Imaging Pro以上のツールキットで利用できます。
SwirlCommand 渦パターンを生じるために、回転角によってimageを回します。このコマンドは、Imaging Pro以上のツールキットで利用できます。
TunnelCommand Z軸に平行なトンネルの内部に画像を配置します。このコマンドは、Imaging Pro以上のツールキットで利用できます。
VignnetCommand 指定されたシェイプを描画し、画像にフェザリングします。このメソッドは、Imaging Pro以上のツールキットで利用できます。
WaveCommand 指定した種類と角度の2つの直交波を使用して画像を変形します。このコマンドは、Imaging Pro以上のツールキットで利用できます。
WindCommand 影響を受けるimageに、指定した角度の細い線を加えます。このメソッドは、Imaging Pro以上のツールキットで利用できます。
ZigZagCommand 放射状に、imageを指定された中心に巻きつける波を作成することによって、imageを変形します。このコマンドは、Imaging Pro以上のツールキットで利用できます。
ZoomBlurCommand 指定した点を中心とする放射状の線に沿って画像をぼかします。このコマンドは、Imaging Pro以上のツールキットで利用できます。
ZoomWaveCommand 指定した中心からズームする波を使用して画像を変形します。このコマンドは、Imaging Pro以上のツールキットで利用できます。
構造体
 構造体説明
LightCommandData LightCommandにより用いられる情報を定義します。
列挙体
 列挙体説明
AgingCommandFlags 歪曲型と歪曲カラーを示すFlags。

この列挙体は、そのメンバ値のビットごとの組合せを許可するSystem.FlagsAttribute属性を持っています。

BendCommandFlags 周辺が曝露した領域、中央が曝露した領域および歪曲のタイプをどのように扱うかを示すフラグ。

この列挙体は、そのメンバ値のビットごとの組合せを許可するSystem.FlagsAttribute属性を持っています。

BricksTextureCommandFlags

使うレンガエッジの型を決定する、そして、モルタルスタイルが使うFlags。

CanvasCommandFlags

画像に対するキャンバス画像の配置方法とリサイズの処理方法を識別するフラグ。

CloudsCommandType この列挙体は、CloudsCommandによって必要であるすべてのフラグを格納して、imageにクラウドエフェクトを適用する方法を指定します。
ColoredBallsCommandFlags 背景色、シェイド(またはグラデーション)のタイプ、ボールのタイプおよびボールカラーのタイプを示すフラグ。

この列挙体は、そのメンバ値のビットごとの組合せを許可するSystem.FlagsAttribute属性を持っています。

ColoredPencilExtendedCommandFlags この列挙体は、メソッドに色をつけることの様々なタイプを指定します。
CylinderCommandType シリンダーシェイプを示す値。
DiceEffectCommandFlags この列挙体は、imageにDiceエフェクトを適用する方法を示します。
DrawStarCommandFlags

光線の方向を示すFlags。

FreeHandShearCommandFlags

曝露領域の扱い方とシアー波の方向を示すフラグ。

FreeHandWaveCommandFlags

曝露領域の扱い方と、WaveLengthプロパティまたはwaveLengthパラメーターに格納される情報のタイプを示すフラグ。

FreePlaneBendCommandFlags 曝露領域とピクセルを拡張する平面の扱い方を示すフラグ。

この列挙体は、そのメンバ値のビットごとの組合せを許可するSystem.FlagsAttribute属性を持っています。

FreeRadialBendCommandFlags 周辺が曝露する領域と表面の内側で曝露する領域の扱い方を示すフラグ。

この列挙体は、そのメンバ値のビットごとの組合せを許可するSystem.FlagsAttribute属性を持っています。

FunctionalLightCommandFlags 画像、FreeHandLight、Free Light、Trigonometry Lightにどの関数を適用するかを判断するために使用する列挙体。
GlassEffectCommandFlags どんなタイプのデータがCellWidthとCellHeightプロパティかcellWidthなおよびcellHeightパラメータであるかについて示す列挙体。

この列挙体は、そのメンバ値のビットごとの組合せを許可するSystem.FlagsAttribute属性を持っています。

LensFlareCommandType

レンズを示す列挙体型。

LightCommandType

光源を決定する列挙体型。

MosaicTilesCommandFlags この列挙体は、MosaicTilesCommandによって必要であるすべてのフラグを格納します。それは、円弧状であるか長方形の形のタイルを使うべきかどうか、そして、任意であるならば、どんなタイプのシャドウイングを使用するべきか示します。
NoiseLayoutType どのようにエフェクトを適用するべきか、そして、ノイズのためにどのレイアウトパターンを使うべきか示すFlags。

この列挙体は、そのメンバ値のビットごとの組合せを許可するSystem.FlagsAttribute属性を持っています。

PerspectiveCommandType この列挙体には、どの背景が選択されるかを示すために必要なあらゆるタイプが含まれます。
PixelateCommandFlags セルを塗りつぶす値、セルの形、およびPixelateCommandクラスのCellWidthプロパティとCellHeightプロパティ(またはコンストラクターのcellWidthパラメーターとcellHeight パラメーター)に設定されたデータのタイプを示す列挙値。
PlaneCommandFlags 背景色とプレーンが示されることを示す列挙体。各々のグループから1つのフラグを指定するために、ビットごとのOR(|)を使うことができます。

この列挙体は、そのメンバ値のビットごとの組合せを許可するSystem.FlagsAttribute属性を持っています。

PlasmaCommandFlags

使用にプラズマエフェクトとカラーパターンの型を示す列挙体。

PointillistCommandFlags 背景色と点を示すFlags型。

この列挙体は、そのメンバ値のビットごとの組合せを許可するSystem.FlagsAttribute属性を持っています。

PolarCommandFlags この列挙体は、曝露される領域と変換の型を処理する方法を示します。
PunchCommandFlags 曝露する領域を中央付近と周辺部の両方でどのように扱うかを示す列挙体。
PuzzleEffectCommandFlags この列挙体は、imageにパズルエフェクトを適用する方法を示します。
RadialWaveCommandFlags

曝露領域の扱い方、適切なコンストラクタを使用している場合のWaveLengthプロパティまたはwaveLengthパラメーターの情報のタイプ、および波のタイプを示す列挙体。

RingEffectCommandFlags この列挙体は、RingEffectCommand動作を制御します。特に明記しない限り、これらの値は、一緒にORでありえます
RippleCommandType この列挙体は、曝露される領域を処理する方法を示します。
RomanMosaicCommandFlags この列挙体は、RomanMosaicCommandによって必要であるすべてのフラグを格納します。タイトルのシェイプやシャドウのタイプを選択するために使用する値を示します。
ShadowCommandAngle シャドウを生じている光源の方向を示している列挙された値。
ShadowCommandType シャドウの型を示す列挙された値。
SphereCommandFlags この列挙体は、球面の外側および内側で曝露領域を扱う方法を示します。
TunnelCommandFlags 背景色、およびどの画像サイズがZ軸に沿って延びるのかを示すフラグ。

この列挙体は、そのメンバ値のビットごとの組合せを許可するSystem.FlagsAttribute属性を持っています。

VignnetCommandFlags この列挙体は、VignnetCommandによって必要であるすべてのフラグを格納します。それは、vignetteオブジェクトのシェイプとカラー塗りつぶしの型を選択するのに用いられる値を含みます。
WaveCommandFlags

曝露領域の扱い方、WaveCommandクラスのWaveLengthプロパティまたは適切なWaveCommandコンストラクタのwaveLengthパラメーターの情報のタイプ、および波のタイプを示すFlags。

ZigZagCommandFlags 曝露領域の扱い方、および波動放射のタイプを示すフラグ。

この列挙体は、そのメンバ値のビットごとの組合せを許可するSystem.FlagsAttribute属性を持っています。

ZoomWaveCommandType

曝露される領域を処理する方法を示すFlags

参照

参照

Leadtools.ImageProcessing.SpecialEffectsアセンブリ