LEADTOOLS画像処理(Leadtools.ImageProcessing.SpecialEffectsアセンブリ)

フレームを表示

RomanMosaicCommandFlags列挙体








この列挙体は、RomanMosaicCommandによって必要であるすべてのフラグを格納します。タイトルのシェイプやシャドウのタイプを選択するために使用する値を示します。
構文
[FlagsAttribute()]
public enum RomanMosaicCommandFlags : System.Enum, System.IComparableSystem.IConvertibleSystem.IFormattable  
'Declaration
 
<FlagsAttribute()>
Public Enum RomanMosaicCommandFlags 
   Inherits System.Enum
   Implements System.IComparableSystem.IConvertibleSystem.IFormattable 
'Usage
 
Dim instance As RomanMosaicCommandFlags
[FlagsAttribute()]
public enum RomanMosaicCommandFlags : System.IComparableSystem.IConvertibleSystem.IFormattable  

            

            
Leadtools.ImageProcessing.SpecialEffects.RomanMosaicCommandFlags = function() { };
Leadtools.ImageProcessing.SpecialEffects.RomanMosaicCommandFlags.prototype = {
Flat = 0x00000000, Rectangular = 0x00000000, Circular = 0x00000001, Both = 0x00000002, ColoredShadow = 0x00000010, GrayShadow = 0x00000020, };
[FlagsAttribute()]
public enum class RomanMosaicCommandFlags : public System.Enum, System.IComparableSystem.IConvertibleSystem.IFormattable  
メンバ
メンバ説明
0 x 00000000Flatシャドウを適用しません。
0 x 00000000Rectangularグリッドで長方形のタイルを描画します。このフラグが使われるとき、TileWidthプロパティはピクセル単位でタイル幅を格納します、そして、TileHeightプロパティはピクセル単位でタイル高さを格納します。
0 x 00000001Circular抽選は、imageの中心のまわりで、リングで長方形のタイルを四捨五入しました。このフラグが使われるとき、TileWidthプロパティはピクセル単位でタイルの橈側コンポーネントを格納します。
0 x 00000002Both抽選は、長方形と長方形のタイルを両方とも四捨五入しました。画像の内側にぴったり合い、丸角長方形タイルのリングで塗りつぶす大きな円を描画します。丸い長方形のタイルによってカバーされないimageの任意の部分は、長方形のタイルのグリッドでおおわれています。
0 x 00000010ColoredShadow色のついたシャドウを適用します。
0 x 00000020GrayShadowグレースケールシャドウを適用します。
解説
各々のグループから1つのフラグを指定するために、ビットごとのOR(|)を使うことができます。
グループ Flags
シェイプを描画すること 長方形です。そして、両方とも、円形です、
シャドウ フラット、グレー、色
継承階層

System.Object
   System.ValueType
      System.Enum
         Leadtools.ImageProcessing.SpecialEffects.RomanMosaicCommandFlags

必要条件

ターゲットプラットホーム

参照

参照

Leadtools.ImageProcessing.SpecialEffects名前空間