LEADTOOLS画像処理(Leadtools.ImageProcessing.SpecialEffectsアセンブリ)

フレームを表示

PolarCommandFlags列挙体








この列挙体は、曝露される領域と変換の型を処理する方法を示します。
構文
'Declaration
 
<FlagsAttribute()>
Public Enum PolarCommandFlags 
   Inherits System.Enum
   Implements System.IComparableSystem.IConvertibleSystem.IFormattable 
'Usage
 
Dim instance As PolarCommandFlags
[FlagsAttribute()]
public enum PolarCommandFlags : System.IComparableSystem.IConvertibleSystem.IFormattable  

            

            
Leadtools.ImageProcessing.SpecialEffects.PolarCommandFlags = function() { };
Leadtools.ImageProcessing.SpecialEffects.PolarCommandFlags.prototype = {
CartToPolar = 0x00000000, Color = 0x00000000, Repeat = 0x00000001, NoChange = 0x00000002, PolarToCart = 0x00000010, };
[FlagsAttribute()]
public enum class PolarCommandFlags : public System.Enum, System.IComparableSystem.IConvertibleSystem.IFormattable  
メンバ
メンバ説明
0 x 00000000CartToPolar画像をデカルト(四角形)座標から極座標に変換します。
0 x 00000000Color適切なコンストラクタを使用しているならば、任意の曝露される領域をPolarCommandクラスまたはfillColorパラメーターのFillColorプロパティで保存されるカラーで満たします)。
0 x 00000001Repeat画像のエッジを引き伸ばして、曝露領域を塗りつぶします。
0 x 00000002NoChange変更することなく、曝露領域をそのままにします。
0 x 00000010PolarToCart画像を極座標からデカルト(四角形)座標に変換します。
解説
各々のグループから1つのフラグを指定するために、ビットごとのOR(|)を使うことができます。
グループ Flags
曝露される領域 カラー、繰り返し、NoChange
変換型。 CartToPolar、PolarToCart
継承階層

System.Object
   System.ValueType
      System.Enum
         Leadtools.ImageProcessing.SpecialEffects.PolarCommandFlags

必要条件

ターゲットプラットホーム

参照

参照

Leadtools.ImageProcessing.SpecialEffects名前空間