LEADTOOLS画像処理(Leadtools.ImageProcessing.SpecialEffectsアセンブリ)

フレームを表示

PlasmaCommandFlags列挙体








使用にプラズマエフェクトとカラーパターンの型を示す列挙体。

構文
'Declaration
 
<FlagsAttribute()>
Public Enum PlasmaCommandFlags 
   Inherits System.Enum
   Implements System.IComparableSystem.IConvertibleSystem.IFormattable 
'Usage
 
Dim instance As PlasmaCommandFlags
[FlagsAttribute()]
public enum PlasmaCommandFlags : System.IComparableSystem.IConvertibleSystem.IFormattable  

            

            
Leadtools.ImageProcessing.SpecialEffects.PlasmaCommandFlags = function() { };
Leadtools.ImageProcessing.SpecialEffects.PlasmaCommandFlags.prototype = {
Hue = 0x00000000, Vertical = 0x00000000, Horizontal = 0x00000001, Diagonal = 0x00000002, Cross = 0x00000003, Circular = 0x00000004, Random1 = 0x00000005, Random2 = 0x00000006, Rgb1 = 0x00000010, Rgb2 = 0x00000020, CustomColor = 0x00000030, };
[FlagsAttribute()]
public enum class PlasmaCommandFlags : public System.Enum, System.IComparableSystem.IConvertibleSystem.IFormattable  
メンバ
メンバ説明
0 x 00000000Hue最初の事前定義カラーパターンを使います。
0 x 00000000Verticalプラズマの縦線を作成します。
0 x 00000001Horizontalプラズマの行を作成します。
0 x 00000002Diagonalプラズマの対角線を作成します。
0 x 00000003Crossプラズマの交差した行を作成します。
0 x 00000004Circularプラズマの円形を作成します。
0 x 00000005Random1ランダムに成形されたプラズマを作成します。
0 x 00000006Random2ランダムに成形されたプラズマの様々な型を作成します。
0 x 00000010Rgb1第2の事前定義カラーパターンを使います。
0 x 00000020Rgb2第3の事前定義カラーパターンを使います。
0 x 00000030CustomColorユーザー定義のプラズマカラーを生成するために、PlasmaCommandクラスの頻度プロパティ(RedFrequency、GreenFrequency、BlueFrequency)を使います。
解説
各々のグループから1つのフラグを指定するために、ビットごとのOR(|)を使うことができます。
グループ Flags
プラズマの型 垂直、水平、斜線、クロス、円形、Random1、Random2
カラーパターン Hue、Rgb1、Rgb2、CustomColor
継承階層

System.Object
   System.ValueType
      System.Enum
         Leadtools.ImageProcessing.SpecialEffects.PlasmaCommandFlags

必要条件

ターゲットプラットホーム

参照

参照

Leadtools.ImageProcessing.SpecialEffects名前空間