LEADTOOLS画像処理(Leadtools.ImageProcessing.SpecialEffectsアセンブリ)

フレームを表示

PixelateCommandFlags列挙体








セルを塗りつぶす値、セルの形、およびPixelateCommandクラスのCellWidthプロパティとCellHeightプロパティ(またはコンストラクターのcellWidthパラメーターとcellHeight パラメーター)に設定されたデータのタイプを示す列挙値。
構文
'Declaration
 
<FlagsAttribute()>
Public Enum PixelateCommandFlags 
   Inherits System.Enum
   Implements System.IComparableSystem.IConvertibleSystem.IFormattable 
'Usage
 
Dim instance As PixelateCommandFlags
[FlagsAttribute()]
public enum PixelateCommandFlags : System.IComparableSystem.IConvertibleSystem.IFormattable  

            

            
Leadtools.ImageProcessing.SpecialEffects.PixelateCommandFlags = function() { };
Leadtools.ImageProcessing.SpecialEffects.PixelateCommandFlags.prototype = {
Maximum = 0x00000000, Minimum = 0x00000001, Average = 0x00000002, Rectangle = 0x00000010, Radial = 0x00000020, WidthFrequency = 0x00000100, WidthPeriod = 0x00000200, HeightFrequency = 0x00000400, HeightPeriod = 0x00000800, };
[FlagsAttribute()]
public enum class PixelateCommandFlags : public System.Enum, System.IComparableSystem.IConvertibleSystem.IFormattable  
メンバ
メンバ説明
0 x 00000000Maximumセルをその最大ピクセル値で満たします。
0 x 00000001Minimumセルをその最小限のピクセル値で満たします。
0 x 00000002Averageセルをその平均ピクセル値で満たします。
0 x 00000010Rectangleimageを長方形のセルに分けます。これが使われてフラグを立てるならば、PixelateCommandクラスのCellWidthプロパティまたはPixelateCommandコンストラクタのcellWidthなパラメーターはimageで幅方向にピクセルまたはセルの数でセル幅を格納します。PixelateCommandクラスのCellHeightプロパティまたはPixelateCommandコンストラクタのcelHeightパラメーターは、imageの高さ全体で、ピクセルまたはセルの数でセルの高さを格納します。
0 x 00000020Radialimageを円形セル(中央点のまわりで中心に据えられる)に分けます。このフラグが使われるならば、PixelateCommandクラス(またはコンストラクタのcellWidthなパラメーター)のCellWidthプロパティはセルの角ばったコンポーネントを格納します、そして、PixelateCommandクラス(またはコンストラクタのcellHeightパラメーター)のCellHeightプロパティはセルの橈側コンポーネントを格納します。橈側フラグはWidthPeriodフラグまたはWidthFrequencyフラグでORでなければならない点に注意してください。
0 x 00000100WidthFrequency長方形のセルが使われるならば、imageの幅に沿って、セルの数を示します。円形セルが使われるならば、これは円形の中心のまわりで存在するセルの数を示します。
0 x 00000200WidthPeriod長方形のセルが使われるならば、セルのピクセルで、幅を示します。円形セルが使われるならば、これは中央点のまわりで各々のセルで程度の数を示します。
0 x 00000400HeightFrequency長方形のセルが使われるならば、imageの高さに沿って、セルの数を示します。円形セルが使われるならば、これは円形の半径に沿って存在するセルの数を示します。
0 x 00000800HeightPeriod長方形のセルが使われるならば、セルのピクセルで、高さを示します。円形セルが使われるならば、これは半径に沿って各々のセルの橈側lengthを示します。
解説
各々のグループから1つのフラグを指定するために、ビットごとのOR(|)を使うことができます。
グループ Flags
セル値 Maximum、最低限、平均
セルシェイプ 長方形(橈側)
セル幅の型とデータが使ったセルの高さ WidthFrequency、WidthPeriod、HeightFrequency、HeightPeriod
継承階層

System.Object
   System.ValueType
      System.Enum
         Leadtools.ImageProcessing.SpecialEffects.PixelateCommandFlags

必要条件

ターゲットプラットホーム

参照

参照

Leadtools.ImageProcessing.SpecialEffects名前空間