LEADTOOLS画像処理(Leadtools.ImageProcessing.SpecialEffectsアセンブリ)

フレームを表示

NoiseLayoutType列挙体








どのようにエフェクトを適用するべきか、そして、ノイズのためにどのレイアウトパターンを使うべきか示すFlags。

この列挙体は、そのメンバ値のビットごとの組合せを許可するSystem.FlagsAttribute属性を持っています。

構文
'Declaration
 
Public Enum NoiseLayoutType 
   Inherits System.Enum
   Implements System.IComparableSystem.IConvertibleSystem.IFormattable 
'Usage
 
Dim instance As NoiseLayoutType
public enum NoiseLayoutType : System.IComparableSystem.IConvertibleSystem.IFormattable  

            

            
Leadtools.ImageProcessing.SpecialEffects.NoiseLayoutType = function() { };
Leadtools.ImageProcessing.SpecialEffects.NoiseLayoutType.prototype = {
PF_Circle = 0x00000000, PF_Pure = 0x00000000, PF_Combine = 0x00000001, PF_Difference = 0x00000002, PF_Line = 0x00000010, PF_Random = 0x00000020, };
public enum class NoiseLayoutType : public System.Enum, System.IComparableSystem.IConvertibleSystem.IFormattable  
メンバ
メンバ説明
0 x 00000000PF_Circle同心円でノイズをレイアウトします。xCircleとyCircleを用いて円形のために中心を設定します。
0 x 00000000PF_Pure新しいimageとしてノイズを生じます。
0 x 00000001PF_Combine不透明度値を用いてノイズとimageピクセルを結合します。
0 x 00000002PF_Differenceノイズとimageピクセルの違いを適用します。
0 x 00000010PF_Line45度角度でノイズインラインをレイアウトします。
0 x 00000020PF_Randomランダムにノイズをレイアウトします。
解説
各々のグループから1つのフラグを指定するために、ビットごとのOR(|)を使うことができます。
グループ Flags
エフェクトを適用する方法を示すFlags PF_Pure、PF_Combine、PF_Difference
ノイズのためにどのレイアウトパターンを使うべきかについて示すFlags PF_Circle、PF_Line、PF_Random
継承階層

System.Object
   System.ValueType
      System.Enum
         Leadtools.ImageProcessing.SpecialEffects.NoiseLayoutType

必要条件

ターゲットプラットホーム

参照

参照

Leadtools.ImageProcessing.SpecialEffects名前空間