LEADTOOLS画像処理(Leadtools.ImageProcessing.SpecialEffectsアセンブリ)

フレームを表示

CellHeightプロパティ(GlassEffectCommand)








imageの高さ全体で、ピクセル単位でセルの高さを表す値または存在するセルの数を取得または設定します。
構文
public int CellHeight {get; set;}
'Declaration
 
Public Property CellHeight As Integer
'Usage
 
Dim instance As GlassEffectCommand
Dim value As Integer
 
instance.CellHeight = value
 
value = instance.CellHeight
public int CellHeight {get; set;}

            

            
 
get_CellHeight();
set_CellHeight(value);
Object.defineProperty('CellHeight');
public:
property int CellHeight {
   int get();
   void set (    int value);
}

属性値

ピクセル単位でセルの高さを表す値またはセルの数は横切ってimageの高さを示します。そして、Flagsプロパティでフラグセットに基づきます。有効な範囲は、2と半分のimage高さの間にあります。
サンプル
GlassEffectCommandを参照してください
必要条件

ターゲットプラットホーム

参照

参照

GlassEffectCommandクラス
GlassEffectCommandメンバ