LEADTOOLS画像処理(Leadtools.ImageProcessing.SpecialEffectsアセンブリ)

フレームを表示

FreeRadialBendCommandFlags列挙体








周辺が曝露する領域と表面の内側で曝露する領域の扱い方を示すフラグ。

この列挙体は、そのメンバ値のビットごとの組合せを許可するSystem.FlagsAttribute属性を持っています。

構文
[FlagsAttribute()]
public enum FreeRadialBendCommandFlags : System.Enum, System.IComparableSystem.IConvertibleSystem.IFormattable  
'Declaration
 
<FlagsAttribute()>
Public Enum FreeRadialBendCommandFlags 
   Inherits System.Enum
   Implements System.IComparableSystem.IConvertibleSystem.IFormattable 
'Usage
 
Dim instance As FreeRadialBendCommandFlags
[FlagsAttribute()]
public enum FreeRadialBendCommandFlags : System.IComparableSystem.IConvertibleSystem.IFormattable  

            

            
Leadtools.ImageProcessing.SpecialEffects.FreeRadialBendCommandFlags = function() { };
Leadtools.ImageProcessing.SpecialEffects.FreeRadialBendCommandFlags.prototype = {
Color = 0x00000000, Rotate = 0x00000000, Repeat = 0x00000001, NoChange = 0x00000002, WithoutRotate = 0x00000010, };
[FlagsAttribute()]
public enum class FreeRadialBendCommandFlags : public System.Enum, System.IComparableSystem.IConvertibleSystem.IFormattable  
メンバ
メンバ説明
0 x 00000000Color任意の曝露される領域を塗りつぶしカラーで満たします。
0 x 00000000Rotate表面のパターンの中にimageを回転させます。
0 x 00000001Repeat画像のエッジを引き伸ばして、曝露領域を塗りつぶします。
0 x 00000002NoChange変更することなく、曝露領域をそのままにします。
0 x 00000010WithoutRotate周囲にむき出しの領域が塗りつぶされる同じ方法で、むき出しの中心を塗りつぶします。
解説
各々のグループから1つのフラグを指定するために、ビットごとのOR(|)を使うことができます。
グループ Flags
周囲にむき出しの領域を処理する方法を示すFlags カラー、繰り返し、NoChange
表面内で曝露される領域を処理する方法を示すFlags 回転、WithoutRotate
継承階層

System.Object
   System.ValueType
      System.Enum
         Leadtools.ImageProcessing.SpecialEffects.FreeRadialBendCommandFlags

必要条件

ターゲットプラットホーム

参照

参照

Leadtools.ImageProcessing.SpecialEffects名前空間