LEADTOOLS画像処理(Leadtools.ImageProcessing.SpecialEffectsアセンブリ)

フレームを表示

CloudsCommandType列挙体








この列挙体は、CloudsCommandによって必要であるすべてのフラグを格納して、imageにクラウドエフェクトを適用する方法を指定します。
構文
'Declaration
 
Public Enum CloudsCommandType 
   Inherits System.Enum
   Implements System.IComparableSystem.IConvertibleSystem.IFormattable 
'Usage
 
Dim instance As CloudsCommandType
public enum CloudsCommandType : System.IComparableSystem.IConvertibleSystem.IFormattable  

            

            
Leadtools.ImageProcessing.SpecialEffects.CloudsCommandType = function() { };
Leadtools.ImageProcessing.SpecialEffects.CloudsCommandType.prototype = {
Pure = 0x00000000, Difference = 0x00000001, Opacity = 0x00000002, };
public enum class CloudsCommandType : public System.Enum, System.IComparableSystem.IConvertibleSystem.IFormattable  
メンバ
メンバ説明
0 x 00000000Pure純粋なクラウドテクスチャーを作成します。
0 x 00000001Difference作成されたクラウドテクスチャーとオリジナルのimageの違いを適用します。
0 x 00000002Opacity不透明度値を用いてクラウドカラーをオリジナルのimageの色と結合します。
継承階層

System.Object
   System.ValueType
      System.Enum
         Leadtools.ImageProcessing.SpecialEffects.CloudsCommandType

必要条件

ターゲットプラットホーム

参照

参照

Leadtools.ImageProcessing.SpecialEffects名前空間