LEADTOOLS画像処理(Leadtools.ImageProcessing.Coreアセンブリ)

フレームを表示

Leadtools.ImageProcessing.Core名前空間

継承階層


画像(または選択した部分を処理するためのフィルタと変換を含む列挙法、構造体、クラスとデリゲートの概要と説明。それは、マルチスケールの強化、登録商標変換、ドキュメントクリーニングなどのようなメディカル(ドキュメントと検出変換)のために、大部分はメソッドを含みます
クラス
 クラス説明
AlignImagesCommand 入力点の位置に基づいて2個の画像(参照画像とテンプレート画像)を配置します。イメージを組み合わせて、RegisteredImageを作成します。
AnisotropicDiffusionCommand 多様にパターン化されたノイズおよびパターン化されていないノイズを減らすために画像に二次元の異方性拡散フィルタを実行します。
ApplyLinearModalityLookupTableCommand リスケール傾斜およびリスケール切片により説明される線形変換を適用することにより画像ピクセルをリマップします。
ApplyLinearVoiLookupTableCommand ウィンドウ中心と幅により説明される線形変換を通して特定の画像について描画または描画と画像処理のメソッドのウィンドウレベル調整オプションをセットアップします。
ApplyModalityLookupTableCommand LookupTable(LookupTable)を使用して画像ピクセルをリマップします。
ApplyTransformationParametersCommand 画像に適用されている変換、回転および拡大縮小の歪みを削除することにより画像を訂正します。
ApplyVoiLookupTableCommand ルックアップテーブル(LookupTable)を通して、特定の画像について描画または描画と画像処理のメソッドのウィンドウレベル調整オプションをセットアップします。
AutoBinarizeCommand この関数は、自動的にビットマップにバイナリセグメンテーションを適用します。このクラスは、Document/Medicalツールキットでのみ利用できます。
AutoCropCommand エッジのまわりで空白を削除して、現在のimageをトリムします。
AutoCropRectangleCommand AutoCropCommandが使われるならば、imageをトリムするのに用いられる長方形を取得します。
AutoDocumentBinarizationCommand この関数は、自動的にビットマップにバイナリセグメンテーションを適用します。
AutoLineRemoveCommand このクラスは、ドキュメントイメージから直線を自動的に検出して、削除します。
AutoPageSplitterCommand AutoPageSplitterCommandは、並んでいる2つのドキュメントページのimageを自動的に分割します。
AutoSegmentCommand imageでユーザー指定された長方形の領域のオートメーション化したセグメンテーションを実行します。
AutoZoningCommand 自動的にimageで様々なゾーン(テキスト、グラフィックと表)を検出します。これは、認識結果を改善するOCR前処理のための重要な機能です。この関数は、混合ラスターコンテンツ(MRC)イメージの範囲内で自動的にイメージ、テーブルとテキストを切り離す必要がある任意のアプリケーションに役立ちます。
BarCodeReadPreprocessCommand imageのバーコードの型を検出して、そして、認識プロセスに備えてのimageを2値化します(それを白黒にします)。
BezierPathCommand 任意のポイントのベジェ曲線から、ポイントのリストをとても返します。
BlankPageDetectorCommand imageが空白ページであるかどうか検出します。このコマンドはドキュメント/メディカルのツールキットで利用できます。
BlurDetectionCommand 画像をぼかすかどうかを決定します。
BorderRemoveCommand 1-ビット白黒のimageで、黒い境界を削除します。このコマンドはドキュメント/メディカルのツールキットで利用できます。
BorderRemoveCommandEventArgs BorderRemoveCommandが見つけた各々の境界を処理します。
BrightnessDetectionCommand imageで明度量を見つけます。
CLAHECommand Contrast Limited Adaptive Histogram Equalizer (CLAHE)メソッドを使用して画像のコントラストを調整します。いくつかのヒストグラムを使用します。それぞれが画像内の各セクションに対応し、画像内のノイズの増幅を抑えます。
ColorizeGrayCommand 8、12または16ビットグレースケールimageに色をつけます。クラスは、24ビットRGB形式に指定された形式からimageのカラービット/ピクセルを変更します。
ColorizeGrayCommandData ColorizeGrayCommandDataクラスは、灰色のカラー強度(Threshold)に関する情報とColorizeGrayCommandクラスの着色メソッドで使われる関連づけられる色(カラー)を格納します。
ConvertSignedToUnsignedCommand 符号なしに符合付きimageを変換します。
ConvertUnsignedToSignedCommand 符号付きにサインがないimageを変換します。
CoreUtilities ユーティリティクラスを中心から切り離します。
CorrelationCommand このコマンドは、相関画像(または相関画像の一部)と、検索する画像内の同じサイズの領域すべてとを比較し(Runメソッド画像)、相関の測定値に従って一致するこれらの部分を見つけます。このコマンドはドキュメント/メディカルのツールキットで利用できます。
CorrelationListCommand リスト内の画像を、画像内の同じサイズのすべての領域と比較し、相関の測定値に従って一致するこれらの部分を見つけます。このメソッドは、Document/Medicalツールキットで利用できるだけです。
DeskewCommand まっすぐにするために指定した画像を回転します。
DespeckleCommand imageからスペックルを削除します。通常、このコマンドは、スキャンされたイメージ(FAXイメージなどの)をクリーンアップするのに用いられます。このコマンドはドキュメント/メディカルのツールキットで利用できます。
DicomLookupTableDescriptor これは、LookupTable(LookupTable)デスクリプタを定義するためのその他の構造体によって使用されます。
DigitalSubtractCommand 2つのイメージの違いを示すために、マスク画像からライブ画像を減算します。
DiscreteFourierTransformCommand フラグにより指定された場合に、画像の離散的フーリエ変換または離散的逆フーリエ変換を計算します。
DotRemoveCommand さまざまなサイズの点やシミを見つけて除去します。このメソッドはDocument/Medicalツールキットで利用できます。
DotRemoveCommandEventArgs DotRemoveCommandが見つけた各々の点を処理します。
ExpandContentCommand ドキュメントのコンテンツの境界を検出して、ページ空間全体を塗りつぶすために、それを展開します。
FastFourierTransformCommand imageの高速フーリエ変換またはフラグによって指定される逆の高速フーリエ変換を計算します。
FastMagicWandCommand XpositionとYpositionで色値によってObjectRectangleとObjectData変数を通してリージョンを更新します。
FourierTransformDisplayCommand このコマンドは、imageとして高速フーリエ変換または別々のフーリエ解析の結果を示すのに用いられます。
FourierTransformInformation FourierTransformInformationクラスは、imageの周波数成分を保持する複雑な2D配列に関する情報を格納します。
FrequencyFilterCommand 範囲長方形を使用してフーリエ変換メソッドにより作成される頻度調波データをフィルタリングします。
FrequencyFilterMaskCommand imageから特定の周波数成分を削除するために、マスクフィルタを作成します。このコマンドは、Imaging Pro以上のツールキットで利用できます。
GetLinearVoiLookupTableCommand imageの中に保存されるLookupTableが線形であるならば、ウィンドウ中心とチャネル幅を取得します。imageの中に保存されるLookupTableが線形でないならば、コマンドは失敗します。
GlareDetectionCommand 自動的に、imageでグレアゾーンを検出します。
GWireCommand imageでオブジェクトの境界に沿って行く最小のパスを作成することによって、半自動のセグメンテーションを実行します。
HalfToneCommand 1-、4-、8-、16-、24-またはハーフトーンのimageへの32ビットimage(指定されたパターン回転による)を変換します。ハーフトーン画像は、白黒の印刷または表示のためにディザリングされている1ビット画像です。
HalfTonePatternCommand トーンの連続範囲を保ちながら画像のハーフトーン画面エフェクトを作成します。このメソッドはDocument/Medicalツールキットで利用できます。
HighQualityRotateCommand 白黒のimageの上で高品質回転を実行します。
HolePunchRemoveCommand パンチ穴を見つけて、削除します。
HolePunchRemoveCommandEventArgs HolePunchRemoveCommandが見つけた各々のパンチャーを処理します。
ImageColorTypeCommand このコマンドは、画像を調査し、カラーかグレースケールか、または白黒かといったタイプを返します。
InvertedPageCommand 倒立像をチェックし自動補正します。
InvertedTextCommand 1-ビット白黒のimageで、反転テキストの領域を見つけて、修正します。
InvertedTextCommandEventArgs InvertedTextCommandが見つけた各々の反転テキストセグメントを処理します。
KaufmannRegionCommand 拡張image(KaufmannProcessedImage)で指定されたポイントの色値に基づくカウフマンリージョンを設定します。
KeyStoneCommand imageの上で逆の視点の変換(keystoning)を実行します。
KMeansCommand K-手段アルゴリズムを用いて、イメージセグメンテーションと減色を実行します。
LambdaConnectednessCommand Lambda連結性という特別な領域形成法アルゴリズムを用いて、イメージセグメンテーションを実行します。
LeadZone 検出したゾーンについて詳細を返すのに用いられるクラスを表します。
LeadZoneTableData 検出したテーブルゾーンについて詳細を返すのに用いられるクラスを表します。
LeadZoneTextData 検出したテキストゾーンについて詳細を返すのに用いられるクラスを表します。
LevelsetCommand 画像内のオブジェクトに対し、リージョンによって表す輪郭を縮小または拡大することにより、(Levelsetアルゴリズムを使用して)半自動セグメンテーションを実行します。
LineRemoveCommand 1-ビット白黒のimageで、水平および垂直の行を削除します。
LineRemoveCommandEventArgs LineRemoveCommandが見つけた各々の行を処理します。
ManualPerspectiveDeskewCommand ビューの視点と方向を修正します。
MaximumCommand 指定された量だけ暗いオブジェクトを侵食します。
MeanShiftCommand 情報を保持しつつノイズ低減を実行します。
MedianCommand その近傍でピクセルの中央カラーに、imageで各々のピクセルのカラーを変更します。これはAverageCommandコマンドに似ていますが、ぼかしエフェクトというよりはノイズ除去に使用されます。
MICRCodeDetectionCommand ドキュメント画像の中にMagnetic Ink Character Recognition(MICR)ゾーンを自動検知します。
MinimumCommand 指定した量だけ暗いオブジェクトを拡張します。このコマンドは、ドキュメント/メディカルツールキットで利用できます。
MinimumToZeroCommand 画像データのすべての負の値をシフトすることにより、グレースケールの符号付き画像を符号なし画像に変換します。そのため最小の負の値はゼロになります。
MinMaxBitsCommand 12ビットまたは16ビットのグレースケール画像または48ビットまたは64ビットのカラー画像に存在する値の低位ビットと高位ビットを取得します。このクラスはメディカルツールキットで利用できます。
MinMaxValuesCommand 12ビットまたは16ビットのグレースケール画像または48ビットまたは64ビットのカラー画像に存在する値の最小明度値と最大明度値を取得します。このクラスはメディカルツールキットで利用できます。
MRZCodeDetectionCommand ドキュメント画像の中に機械で読み取ることができるパスポート(MRZ)ゾーンを自動検知します。
MultiscaleEnhancementCommand すべての関係画像機能が適切な可視レベルで描画されるように、コンピューテッドラジオグラフィー(CR)で利用する画像のコントラスト、エッジおよび密度範囲を強化します。このコマンドはメディカルツールキットで利用できます。
ObjectCounterCommand バイナリイメージの中で黒いオブジェクトの数を取得します。
ObjectCounterCommandEventArgs ObjectCounterCommandが見つけた各々のオブジェクトを処理します。
OmrCommand このクラスはOMR検出エンジンを表します。そして、それはOMRマークを検出して、OMRが塗りつぶされるかどうか示している値を返します。
OtsuThresholdCommand グレースケールイメージに関してOtsuクラスタリングを用いてイメージセグメンテーションと減色を実行します。
PerspectiveDeskewCommand 3Dドキュメントを検出して、自動的にひずみ補正します。
RakeRemoveCommand 1ビットの白黒画像内の分離Data Rakesを削除します。
RakeRemoveCommandEventArgs RakeRemoveCommandが見つけた各々のレーキを処理します。
RemoveSaltPepperCommand 指定されたimageからごま塩雑音を削除します。
ResizeInterpolateCommand 目的のサイズに大きさを変更するために、イメージに関して様々な種類のアルゴリズムを適用します。
SearchRegistrationMarksCommand SearchMarksの情報に従って画像に登録商標がないか探します。このコマンドはドキュメント/メディカルのツールキットで利用できます。
SearchRegistrationMarksCommandData SearchRegistrationMarksCommandに登録商標検索に情報を提供します。SearchRegistrationMarksCommandは、それが見つける登録商標について、この構造体で情報も保存します。
SelectDataCommand 8ビット、12ビットまたは16ビットのグレースケール画像の特定のビット数を選択し、マスクに入れ、マスクに従って画像に色を付けます。これにより、ユーザーが定義した条件に従って画像の違いを表示できます。このコマンドはメディカルツールキットで利用できます。
ShiftDataCommand 8ビット、12ビットまたは16ビットのグレースケール画像の特定のビット数を選択し、マスクを作成し、新しい8ビット、12ビットまたは16ビットのグレースケール画像にそのマスクを配置します。このコマンドはメディカルツールキットで利用できます。
ShrinkWrapCommand 指定されたしきい値を用いて指定されたimageで長方形であるか円形領域のオートメーション化したセグメンテーションを実行します。
SigmaCommand ビットマップの上でエッジ保持平均フィルターを実行します。
SignalToNoiseRatioCommand imageで信号対ノイズ比(SNR)を見つけます。
SliceCommand ラジオグラフィーのスキャンしたフィルムから個別のスライスを抽出します。このメソッドは、Imaging Pro以上のツールキットで利用できます。
SliceCommandEventArgs SliceCommandが見つけた各々のスライスセグメントを処理します。
SmoothCommand 1ビットの白黒画像に含まれる突起を平らにならし、裂け目を補修します。このコマンドはドキュメント/メディカルのツールキットで利用できます。
SmoothCommandEventArgs SmoothCommandにより見つかった突起や裂け目を処理します。
SRADAnisotropicDiffusionCommand ノイズとスペックリングを減らすために、imageの上で2次元異方性拡散フィルタを適用します。
StentEnhancementCommand 一連のX線フレームの上でデジタルステント強化を実行します。

これにより、冠状動脈のX線血管造影シーケンスにおけるステントデバイスの可視性が強化されます。

SubtractBackgroundCommand imageから背景を削除します。
TADAnisotropicDiffusionCommand 画像内にエッジを保持しつつノイズを減らすためテンソル誘導異方性拡散を実行する反復フィルタ。
TextBlurDetectorCommand 任意の画像の中に、フォーカス内のブロックとフォーカス外のブロックを見つけます。
TissueEqualizeCommand この関数は、X線像の中で硬組織と軟部組織の間で平均化を実行します。
UnWarpCommand まるでシリンダーの休みからラベルを削除して、それを平らにするように、円筒形のオブジェクトのimageで歪曲を削除します。
WatershedCommand 分岐点アルゴリズムを用いてimageを様々なセグメントに分けます。
WindowLevelCommand 8ビットグレースケールまたは24ビットRGB imageに12または16ビットグレースケールimageを変換します。
このクラスは、メディカルツールキットでのみ利用できます。
WindowLevelExtCommand 16ビットグレースケールまたは48ビットRGB imageに12または16ビットグレースケールimageを変換します。このクラスは、Document/Medicalツールキットでのみ利用できます。
ZeroToNegativeCommand 画像データを、ユーザーが指定した量だけ負の方向にシフトすることにより、グレースケールの符号なし画像を符号付き画像に変換します。
構造体
 構造体説明
Complex Complex構造体は、フーリエ変換メソッドで特定の周波数成分を表している複素数を格納します。
CountLookupTableColorsResult CoreUtilitiesクラスにより用いられるLookupTable情報を格納する構造体。
OmrZone このクラスは、検出したOMRゾーン結果を格納します。
StentEnhancementMarkers シーケンスのフレームで検出したステントマーカーの位置を格納するクラス。
TransformationParameters

参照画像と比較して、変換した画像の回転角度、XY拡大縮小、XY変換を含む構造体。

デリゲート
 delegate説明
BarCodeReadPreprocessCallback BarCodeReadPreprocessCommandによって生成されるぼけを除くイメージを処理するのに用いられるコールバックメソッドオブジェクト。
HolePunchRemoveCommandEventHandler 意志がHolePunchRemoveCommandによって見つけられる各々のパンチャーを処理するメソッドを表します。
列挙体
 列挙体説明
ApplyTransformationParametersCommandFlags imageの大きさを変更するとき、動作を指定する列挙体。

この列挙体は、そのメンバ値のビットごとの組合せを許可するFlagsAttribute属性を持っています。

AutoBinarizeCommandFlags

自動二値化プロセスの動作を決定するフラグ。

AutoZoningOptions

自動ゾーニングプロセスの動作を決定するフラグ。

BarCodeReadPreprocessOptions 白黒画像への変換に使用される2値化方法を示します。
BarcodeTypes imageで検出したバーコードの型を示します。
BlankPageDetectorCommandFlags

空白ページ検出プロセスの動作を決定するFlags。

BorderRemoveBorderFlags

どの境界を削除するべきかについて示します

BorderRemoveCommandFlags

境界除去プロセスの動作を決定する列挙された値。

CLAHECommandFlags imageタイルのために目的のヒストグラムシェイプを指定しているFlags。
ConvertSignedToUnsignedCommandType イメージを変換するとき、シフトがどのようにされるかについて示すフラグ。
ConvertUnsignedToSignedCommandType 低ビットの外側のビットを高位ビット範囲に処理する方法を示すフラグ。
CountLookupTableColorsType LookupTableが符号付きか符号なしデータを格納するかどうかについて示すフラグ。
DeskewCommandFlags 画像の傾きを補正するかどうか、何色の背景色を使うか、傾き角度が非常に小さい場合は画像の傾きを補正するかどうか、どのタイプの補間を使うのか、画像はほとんどテキストなのか、通常回転または高速回転を使うのかどうか、を示すフラグ

この列挙体は、そのメンバ値のビットごとの組合せを許可するFlagsAttribute属性を持っています。

DigitalSubtractCommandFlags サブトラクションの後に実行する操作を示すフラグ。

これらのフラグは、メンバ値のビットごとの組合せを許可するFlagsAttribute属性を持っています。

DiscreteFourierTransformCommandFlags 変換タイプ、操作チャネル、画像の再構築に使用する周波数データのタイプ、クリッピングタイプ、使用または計算する周波数範囲、指定したX調範囲に対する操作、および指定したY調波範囲に対する操作を示すフラグ。

この列挙体は、そのメンバ値のビットごとの組合せを許可するFlagsAttribute属性を持っています。

DitheringType imageでディザ処理の型を表します。
DotMatrixType ドキュメントイメージがドットマトリックスimageであるかどうかについて決定するフラグを表します。
DotRemoveCommandFlags

点除去プロセスの動作を決定するフラグ。

FastFourierTransformCommandFlags 変換タイプ、操作チャネル、画像の再構築に使用する秀亜数データのタイプ、クリッピングタイプを示すフラグ。

この列挙体は、そのメンバ値のビットごとの組合せを許可するFlagsAttribute属性を持っています。

FourierTransformDisplayCommandFlags データが示されることを示すFlagsとプロッティングは、拡大縮小します。

この列挙体は、そのメンバ値のビットごとの組合せを許可するFlagsAttribute属性を持っています。

FrequencyFilterCommandFlags X調波とY調波上で実行する操作を示すフラグ。このコマンドは、Imaging Pro以上のツールキットで利用できます。

この列挙体は、そのメンバ値のビットごとの組合せを許可するFlagsAttribute属性を持っています。

GetLinearVoiLookupTableCommandFlags 今後使うため確保されます。今のところ0を使います。
HalfToneCommandType 実行するハーフトーン処理の型を示す列挙体。
HalfTonePatternCommandType この列挙体は、可能性があるハーフトーンパターンを格納します。
HighQualityRotateCommandFlags HighQualityRotateCommandクラスのためのオプション。
HolePunchRemoveCommandFlags

パンチ穴除去プロセスの動作を決定する値。

HolePunchRemoveCommandLocation

除去するパンチ穴が文書内のどこにあるかを示すフラグ。

ImageColorType この列挙体には、画像カラータイプの結果として返すことができる各種タイプが含まれます。
ImageColorTypeCommandFlags 画像タイプの検出動作を操作するためのオプション。
InvertedPageCommandFlags InvertedPageCommandクラスのためのオプション。
InvertedTextCommandFlags

反転テキスト除去プロセスの動作を決定するフラグ。

KMeansCommandFlags KMeansCommandのためにどの初期化アルゴリズムを使用するべきかについて表します。
LeadZoneType

自動ゾーニングコマンドが検出するゾーンの型を決定するFlags。

LineRemoveCommandFlags

行除去プロセスの動作を決定するフラグ。

LineRemoveCommandType

どの行を削除するべきかについて示すフラグ。

ModalityLookupTableCommandFlags どのカラースペースが選択されるかについて示します。
MultiscaleEnhancementCommandFlags メソッド動作を決定するFlags。

この列挙体は、そのメンバ値のビットごとの組合せを許可するFlagsAttribute属性を持っています。

MultiscaleEnhancementCommandType 使われるフィルタの型を決定する値。
OmrFrameDetectionMethod この列挙体は、OMRエンジンにより用いられる検出メソッドを表します。
OmrSensitivity この列挙体は、OMR検出感度を表します。
OmrZoneState この列挙体は、ゾーンを塗りつぶすかどうかを表します。
RegistrationMarkCommandType 探す登録商標の型を指定する値。
RegistrationOptions 登録の最中に実行される変換のタイプを表します。
RemoveStatus 除去プロセスの間にとるアクションを示します。
ResizeInterpolateCommandType imageの大きさを変更する際に使われるアルゴリズム型を表します。
ShrinkWrapFlags シュリンクラップツールで使われるフラグを表します。
SliceCommandFlags

スライスされた画像の傾きを補正するかどうか、回転時にどのタイプの補間を使用するか、および元の画像からスライスを切り取るかどうかを示すフラグ。

SmoothCommandBumpNickType

突起を除去するかどうか、または裂け目を塗りつぶすかどうかを示す列挙値。

SmoothCommandDirectionType

なめらかにされている要素が垂直か水平であるかどうかについて示す列挙された値。

SmoothCommandFlags

平滑化プロセスの動作を決定する列挙された値。

SubtractBackgroundCommandFlags 背景が前景より暗いかどうか、背景無しでオブジェクトを表示するかどうかを示すフラグ。各々のグループから1つを選択しなければなりません。

この列挙体は、そのメンバ値のビットごとの組合せを許可するFlagsAttribute属性を持っています。

SubtractBackgroundCommandType 収縮サイズ比率を表す列挙された値は、正確さのほとんど低下で速度を上げないために、内部的にimageを最小にしました。
TADAnisotropicDiffusionFlags テンソル誘導異方性拡散フィルタを適用するとき、フラックスのどの型を使うべきかについて表します。
TextType

向きを決定するFlagsは、テーブルゾーンの中にテキストのタイプします。

TissueEqualizeCommandFlags この列挙体は、imageの上で組織平均化を実行するために、オプションを格納します
VoiLookupTableCommandFlags この列挙体は、どのカラースペースが選択されるかについて示すために必要なすべてのタイプを格納します。
参照

参照

Leadtools.ImageProcessing.Coreアセンブリ