LEADTOOLS画像処理(Leadtools.ImageProcessing.Coreアセンブリ)

フレームを表示

LookupTableプロパティ(WindowLevelCommand)








ユーザー定義の変換を実装するのに用いられることができるオプションのルックアップテーブルを取得または設定します。
構文
public RasterColor[] LookupTable {get; set;}
'Declaration
 
Public Property LookupTable As RasterColor()
'Usage
 
Dim instance As WindowLevelCommand
Dim value() As RasterColor
 
instance.LookupTable = value
 
value = instance.LookupTable
public RasterColor[] LookupTable {get; set;}
@property (nonatomic, strong) NSMutableArray<LTRasterColor *> *lookupTable
public RasterColor[] getLookupTable()
public void setLookupTable(RasterColor[] value)
            
 <br/>get_LookupTable();<br/>set_LookupTable(value);<br/>Object.defineProperty('LookupTable'); 
public:
property array<RasterColor>^ LookupTable {
   array<RasterColor>^ get();
   void set (    array<RasterColor>^ value);
}

属性値

ユーザー定義の変換を実装する場合に使用する、オプションのルックアップテーブル。ルックアップテーブルには0から2の間の (highBit - lowBit + 1)乗 - 1までの各明度値に対応するエントリが必要で、各エントリにはRGB QUARDを設定します。lookupTableがnullの場合、変換は通常のシフト(左または右)となり、8ビットのグレースケール画像が出力されます。LookupTableがnullでないならば、出力画像は24ビットimageです。
サンプル
WindowLevelCommandを参照してください
必要条件

ターゲットプラットホーム

参照

参照

WindowLevelCommandクラス
WindowLevelCommandメンバ