LEADTOOLS画像処理(Leadtools.ImageProcessing.Coreアセンブリ)

フレームを表示

Smoothイベント








追加の処理のためのオプションのdelegateメソッド。
構文
'Declaration
 
Public Event Smooth As EventHandler(Of SmoothCommandEventArgs)
'Usage
 
Dim instance As SmoothCommand
Dim handler As EventHandler(Of SmoothCommandEventArgs)
 
AddHandler instance.Smooth, handler
typedef void (^LTSmoothCommandStatus)(LTRasterImage *image, LTSmoothCommandEventArgs *args, LTRemoveStatus *status)

- (BOOL)run:(LTRasterImage *)image
   progress:(nullable LTRasterCommandProgress)progressHandler
     status:(nullable LTSmoothCommandStatus)lineRemoveStatus
      error:(NSError **)error
            
public void addSmoothCommandListener(SmoothCommandListener listener)
public void removeSmoothCommandListener(SmoothCommandListener listener)
            
add_Smooth(function(sender, e))
remove_Smooth(function(sender, e))

イベントデータ

イベントハンドラは、このイベントに関連するデータを格納するタイプSmoothCommandEventArgsの引数を受け取ります。以下のSmoothCommandEventArgsプロパティは、このイベントに特有の情報を提供します。

プロパティ説明
BumpNick バンプを削除するべきであるか、裂け目に設定するべきかどうかについて示す値を取得します。
Direction なめらかにされている要素が垂直か水平であるかどうかについて示す値を取得します。
Image 影響を受けるimageを参照文に引用するRasterImageオブジェクトを取得します。
Length バンプまたは裂け目のlengthをピクセルで取得します。
StartColumn バンプまたは裂け目の開始している列を取得します。コラムはゼロから始まります。
StartRow バンプまたは裂け目の開始している行を取得します。行はゼロから始まります。
Status 平滑化プロセスのステータスを表す値を取得または設定します。
サンプル
SmoothCommandを参照してください
必要条件

ターゲットプラットホーム

参照

参照

SmoothCommandクラス
SmoothCommandメンバ