LEADTOOLS画像処理(Leadtools.ImageProcessing.Coreアセンブリ)

フレームを表示

MaximumWallPercentプロパティ








許可するウォールスライス(行の全長の1パーセントとして表される)の最大数を取得または設定します。
構文
public int MaximumWallPercent {get; set;}
'Declaration
 
Public Property MaximumWallPercent As Integer
'Usage
 
Dim instance As LineRemoveCommand
Dim value As Integer
 
instance.MaximumWallPercent = value
 
value = instance.MaximumWallPercent
public int MaximumWallPercent {get; set;}
@property (nonatomic, assign) NSInteger maximumWallPercent
public int getMaximumWallPercent()
public void setMaximumWallPercent(int value)
            
 <br/>get_MaximumWallPercent();<br/>set_MaximumWallPercent(value);<br/>Object.defineProperty('MaximumWallPercent'); 
public:
property int MaximumWallPercent {
   int get();
   void set (    int value);
}

属性値

許可するウォールスライス(行の全長の1パーセントとして表される)の最大数。行は、ウォールスライスと非ウォールスライス(ウォールの説明を参照します)から構成されます。このプロパティは、許可するウォールスライス(行の全長の1パーセントとして表される)の最大数を指定します。maximumWallPercentであるより、大きい1ウォールパーセントを持っている行は、削除されません。たとえば、長さが10ピクセル、一部の高さが1ピクセル、別の場所の高さが5ピクセルである以下のラインを考えてみましょう。


MinimumLineLengthを10ピクセルに、ウォールを4ピクセルに設定すると、以下のラインは削除候補として認識されます。この線のウォールは60%である点にご注意ください(10枚のラインスライスのうち6枚がウォール)。MaximumWallPercentが80であるならば、行は削除されます(実際に、赤としてマークされるピクセルは、削除されます)。MaximumWallPercentが30であるならば、行は削除されません。


サンプル
LineRemoveCommandを参照してください
必要条件

ターゲットプラットホーム

参照

参照

LineRemoveCommandクラス
LineRemoveCommandメンバ