LEADTOOLS画像処理(Leadtools.ImageProcessing.Coreアセンブリ)

フレームを表示

FastFourierTransformCommandFlags列挙体








変換タイプ、操作チャネル、画像の再構築に使用する秀亜数データのタイプ、クリッピングタイプを示すフラグ。

この列挙体は、そのメンバ値のビットごとの組合せを許可するFlagsAttribute属性を持っています。

構文
[FlagsAttribute()]
public enum FastFourierTransformCommandFlags : System.Enum, System.IComparable, System.IConvertible, System.IFormattable  
'Declaration
 
<FlagsAttribute()>
Public Enum FastFourierTransformCommandFlags 
   Inherits System.Enum
   Implements System.IComparable, System.IConvertible, System.IFormattable 
'Usage
 
Dim instance As FastFourierTransformCommandFlags
[FlagsAttribute()]
public enum FastFourierTransformCommandFlags : System.IComparable, System.IConvertible, System.IFormattable  
typedef NS_OPTIONS(NSUInteger, LTFastFourierTransformCommandFlags)
public enum FastFourierTransformCommandFlags
Leadtools.ImageProcessing.Core.FastFourierTransformCommandFlags = function() { };
Leadtools.ImageProcessing.Core.FastFourierTransformCommandFlags.prototype = {<br/>
  None = 0x00000000,
	FastFourierTransform = 0x00000001,
	InverseFastFourierTransform = 0x00000002,
	Blue = 0x00000010,
	Green = 0x00000020,
	Red = 0x00000030,
	Gray = 0x00000040,
	Magnitude = 0x00000100,
	Phase = 0x00000200,
	Both = 0x00000300,
	Clip = 0x00001000,
	Scale = 0x00002000,
	PadOptimally = 0x00010000,
	PadSquare = 0x00020000,
	
 };
[FlagsAttribute()]
public enum class FastFourierTransformCommandFlags : public System.Enum, System.IComparable, System.IConvertible, System.IFormattable  
メンバ
メンバ説明
0 x 00000000None 変更はありません。
0 x 00000001FastFourierTransform 画像を周波数ドメインに変換し、結果をFourierTransformInformationオブジェクトのデータプロパティに保存します。
0 x 00000002InverseFastFourierTransform FourierTransformInformationのデータプロパティの周波数成分オブジェクトをimageを構築します。imageは、実行されたメソッドimageで保存されます。このオプションにより、FourierTransformInformationオブジェクトのデータプロパティの値を変更します。
0 x 00000010Blue 青チャネルの上で機能します。
0 x 00000020Green 緑チャネルの上で機能します。
0 x 00000030Red 赤いチャネルの上で機能します。
0 x 00000040Gray マスターチャネルの上で機能します。このフラグがInverseFastFourierTransformと結合されるならば、再建されたimageはグレーであるでしょう。
0 x 00000100Magnitude 画像が作成されるのは、頻度大きさからのみです。
0 x 00000200Phase 画像が作成されるのは、頻度段階からのみです。
0 x 00000300Both 大きさと段階からimageを構築します。
0 x 00001000Clip 構築されたimage値が0と255の間になるようにクリップします。
0 x 00002000Scale 作成された画像を拡大縮小します。有効な値は0~255です。
0 x 00010000PadOptimally それぞれが最も近い2乗になるように、imageの幅と高さをパディングします。
0 x 00020000PadSquare それぞれが、2つのサイズの大きい方に最も近い同じ2乗になるように、画像の幅と高さをパディングします。
解説
各々のグループから1つのフラグを指定するために、ビットごとのOR(|)を使うことができます。
グループ Flags
変換を表すFlags型。 FastFourierTransform、InverseFastFourierTransform
操作チャネルを表すFlags型。 Blue、Green、Red、グレー
imageを構築するために使われる周波数データ型を表すFlags:FastFourierTransformが設定されるならばInverseFastFourierTransformが設定されて、無視される場合だけ、このフラグが使われます 大きさ、Phase、両方とも
クリッピングを表すFlags型。FFT_FFTが設定されるならばInverseFastFourierTransformが設定されて、無視される場合だけ、このフラグが使われます クリップ、scale
2のべき乗でないimageをパディングする方法を表すFlags PadOptimallyに、PadSquare
継承階層

System.Object
   System.ValueType
      System.Enum
         Leadtools.ImageProcessing.Core.FastFourierTransformCommandFlags

必要条件

ターゲットプラットホーム

参照

参照

Leadtools.ImageProcessing.Core名前空間