LEADTOOLS画像処理(Leadtools.ImageProcessing.Coreアセンブリ)

フレームを表示

Rangeプロパティ








DiscreteFourierTransformCommandFlags.InverseDiscreteFourierTransformフラグが設定されるとき、計算される周波数範囲を取得または設定します。
構文
public LeadRect Range {get; set;}
'Declaration
 
Public Property Range As LeadRect
'Usage
 
Dim instance As DiscreteFourierTransformCommand
Dim value As LeadRect
 
instance.Range = value
 
value = instance.Range
public LeadRect Range {get; set;}
@property (nonatomic, assign) LeadRect range
 <br/>get_Range();<br/>set_Range(value);<br/>Object.defineProperty('Range'); 
public:
property LeadRect Range {
   LeadRect get();
   void set (    LeadRect value);
}

属性値

DiscreteFourierTransformCommandFlags.InverseDiscreteFourierTransformフラグが設定されるとき、計算される周波数範囲を指定します。それは、DiscreteFourierTransformCommandFlags.InverseDiscreteFourierTransformが設定されるとき、image構造で使われる周波数範囲を指定します。左の値は最小限のX調波に言及します、右は最大のX調波に言及します、上は最小限のY調波に言及します、そして、最背面は最大のY調波に言及します。最大X調波は(幅-1)に等しく、最大Y調波は(高さ-1)に等しくなります。最小のX調波とY調波はどちらも0です。
サンプル
DiscreteFourierTransformCommandを参照してください
必要条件

ターゲットプラットホーム

参照

参照

DiscreteFourierTransformCommandクラス
DiscreteFourierTransformCommandメンバ