LEADTOOLS画像処理(Leadtools.ImageProcessing.Effectsアセンブリ)

フレームを表示

Leadtools.ImageProcessing.Effects名前空間

継承階層


フィルタと、画像(または一部)の処理のための変換についての概要と説明。滑らかにする、シャープにする、エッジを検出/際立たせる、ノイズを除去する、2つ以上の画像を結合するためのメソッドが含まれます。
クラス
 クラス説明
AddMessageCommand imageにメッセージ(テキストまたはファイル)を追加します。このコマンドはドキュメント/メディカルのツールキットで利用できます。
AddNoiseCommand 範囲とカラープレーンのパーセンテージを指定させて、imageにランダムなピクセルを追加します。
AlphaBlendCommand 特定の不透明度値を用いて2つのイメージから画像データを結合します。
AntiAliasingCommand 指定されたimageにアンチエイリアスフィルタを適用します。このメソッドはDocument/Medicalツールキットで利用できます。
AverageCommand その近傍でピクセルの平均カラーに、imageで各々のピクセルのカラーを変更します。これは、ぼかしエフェクトに終わります。
BinaryFilterCommand バイナリフィルタをimageに強要します。このコマンドはドキュメント/メディカルのツールキットで利用できます。
ColorHalftoneCommand 各々のimageチャネルの上で拡大した網目スクリーンを使うエフェクトを示します。フィルタはimageを長方形に分けて、円形で各々の長方形を置換します。各々のチャネルは円形の別々のグリッドを持っていて、それ自身の角度を設定させます。各円のサイズは、置換している四角形の明度に比例します。このメソッドはDocument/Medicalツールキットで利用できます。
CombineCommand 2つの画像(ソース画像とデスティネーション画像)からの画像データを結合し、結合する領域、データの結合時に実行する操作、使用するカラープレーン(RまたはGまたはBまたはR、G、B)を指定できるようにします。
ContourFilterCommand ソースimageの上で輪郭セグメントフィルタを実行します。このコマンドはドキュメント/メディカルのツールキットで利用できます。
CubismCommand それが立体派の芸術スタイルで作成されたように見えるように、imageを回転する長方形(立方の顔)のコレクションにリマップします。
DeinterlaceCommand 黒い行を削除することによるビデオソースイメージのインターレースを解除します。
DirectionEdgeStatisticalCommand 統計インデックスを用いて指定された方向で色のバリエーションを検出します。それはEdgeDetectStatisticalCommandと類似しています、しかし、このコマンドは方向角を指定することができます。
DisplacementCommand 変位マップimageの値によって、水平に、そして、垂直に、imageピクセルを置き換えます。
EdgeDetectEffectCommand imageの上でエッジ検出を実行します。
EdgeDetectorCommand imageに指定されたエッジフィルタを適用します。このコマンドはドキュメント/メディカルのツールキットで利用できます。
EdgeDetectStatisticalCommand 統計インデックスを用いてあらゆる方向に色のバリエーションを調べることによって、エッジを検出します。
EffectsUtilities ユーティリティクラスを生じます。
EmbossCommand 画像にエンボス効果を加えます。エンボスの深さと方向を指定できます。
ExtractMessageCommand imageが埋め込まれたメッセージを受け取るならば、imageからメッセージ(テキストまたはファイル)を抽出します。このコマンドはドキュメント/メディカルのツールキットで利用できます。
FadedMaskCommand 各々のピクセルのカラーがimageでそのpositionに関して変更されるフェーディングマスク画像を作成します。この変更は、フェーディング率に依存します。
FeatherAlphaBlendCommand フェザリングで2つのイメージから画像データを結合します。2つのイメージは、フェーディングマスク画像のリージョンを指定することによって適用される様々な不透明度と結合されることができます。
FeretsDiameterCommand オブジェクトのフェレー直径(リージョンのぺリメーター点間の最大距離)を計算し、その終点を見つけます。
GaussianCommand 指定されたimageにガウスフィルタを適用することによって、imageをなめらかにするか、ぼかします。
HighPassCommand 画像内の頻度の低い詳細を削除し、画像をシャープにします。
MaskConvolutionCommand imageにいろいろな3dのエフェクトを適用します。
MosaicCommand 画像を指定したサイズのタイルに分割し、各タイルに含まれるすべてのピクセルの色をタイル内のピクセルの平均の色に変更することによって、画像にモザイク効果を与えます。
MotionBlurCommand 画像に動いているような錯覚を与えるフィルタを適用します。
ObjectInformationCommand imageでオブジェクトのposition、向きと真円度を決定します。
OffsetCommand 水平に、そして、垂直に、画像データをシフトします。
OilifyCommand imageに油絵エフェクトを適用します。
PicturizeListCommand 特定のサムネイル画像を使用してimageをピクチャライズします。
PicturizeSingleCommand 特定のサムネイル画像を使用してimageをピクチャライズします。
RegionContourPointsCommand リージョンの輪郭座標を取得します。
RegionHolesRemovalCommand リージョンのすべての穴を削除します。このコマンドはドキュメント/メディカルのツールキットで利用できます。
ResizeRegionCommand ピクセルの固有番号によって、imageリージョンの大きさを変更します。
SharpenCommand 特定のimageのシャープネスを増減します。
SkeletonCommand imageでオブジェクトまたはリージョンのスケルトンを見つけます。このコマンドはドキュメント/メディカルのツールキットで利用できます。
SmoothEdgesCommand 画像内の粗いエッジを滑らかにします。
SpatialFilterCommand 空間フィルタをimageに強要します。このコマンドはドキュメント/メディカルのツールキットで利用できます。
StatisticsInformationCommand imageについての戻り値統計情報。
TextureAlphaBlendCommand フェザリングと恒常的な不透明度で2つのイメージから画像データを結合します;組み合わさることによって、その後フェーディングマスクに依存する様々な不透明度による2つのイメージは、恒常的な不透明度で結果をデスティネーションimageと結合します。
UnsharpMaskCommand アンシャプマスクを適用することによって、imageをシャープにします。
UserFilterCommand ユーザー定義のフィルタ/マスクに基づくimageをフィルタリングします。このコマンドは、空間やバイナリのフィルタコマンドと似ています。
列挙体
 列挙体説明
AntiAliasingCommandType 使用するアンチエイリアスフィルタの型を示す列挙値。
BinaryFilterCommandPredefined 使用する事前定義バイナリフィルタを表す列挙値。
CombineCommandFlags ソース画像の取り扱い、デスティネーション画像の取り扱い、データの結合時に使用する操作、および生成される画像の取り扱いを示す列挙値。フラグは、定義済みの長方形(必然的にでなく全部のimage)だけに、適用します。

この列挙体は、そのメンバ値のビットごとの組合せを許可するFlagsAttribute属性を持っています。

ContourFilterCommandType この列挙体は、返る前にどんなプロセスを完了するべきか、メソッドに話すことによって、結果として生じるimageを制御します。
CubismCommandFlags 背景色、立方体シェイプと立方体向きを示すFlags。

この列挙体は、そのメンバ値のビットごとの組合せを許可するFlagsAttribute属性を持っています。

CurvePointsType

メソッドが曲線配列を更新するのに用いられることを示す列挙体。

DeinterlaceCommandFlags どのようにimageのインターレースを解除するべきか、そして、奇数行または偶数行を削除するべきかどうか示すFlags。

この列挙体は、そのメンバ値のビットごとの組合せを許可するFlagsAttribute属性を持っています。

DisplacementCommandFlags 曝露領域の取り扱い方法、および移動マップ画像の使い方を示すフラグ。

この列挙体は、そのメンバ値のビットごとの組合せを許可するFlagsAttribute属性を持っています。

EdgeDetectEffectCommandType 生成するエッジの型を示すフラグ。
EdgeDetectorCommandType 生成するエッジの型を示すフラグ。
EmbossCommandDirection 列挙された値は、見た目の光源の方向を決定しました。
FadedMaskCommandFlags フェードマスクの作成方法を示すフラグ。

この列挙体は、そのメンバ値のビットごとの組合せを許可するFlagsAttribute属性を持っています。

FunctionalLookupTableFlags

ルックアップテーブルの更新に使用する関数を示す列挙体。

MaskConvolutionCommandType コンボリューションプロセスでどのマスクを使うべきかについて示す列挙体。
OffsetCommandType

ビットマップのシフトの結果生じる曝露領域を処理する方法を示すフラグ。

RegionContourPointsCommandFlags 必須輪郭点を示す列挙値。
ResizeRegionCommandType imageリージョンを折りたたむまたは展開するべきかどうかについて示す列挙体。
SpatialFilterCommandPredefined 使う事前定義空間フィルタを表す列挙された値。
UnsharpMaskCommandColorType マスクを適用するカラースペースを示す列挙体。
UserFilterCommandType

操作のタイプを示す列挙体。

参照

参照

Leadtools.ImageProcessing.Effectsアセンブリ