LEADTOOLS PDF(Leadtools.Pdfアセンブリ)

フレームを表示

MergeWith(PDFFile[]、String)メソッド






名前を格納するPDFFileオブジェクトの配列とこのPDFFileで結合するソースファイルのオプションのパスワード。nullであってはならなくて、少なくとも1つの項目と最高100の項目を格納しなければなりません。
作成されるデスティネーションPDFファイルの名前。このパラメーターの値がnullであるならば、 そして、FileNameで設定されるファイル名は、更新されます。
各々のファイルのためにオプションのパスワードで1通または複数のPDF既存ファイルでこのPDFファイルを結合します。
構文
public void MergeWith( 
   PDFFile[] sourceFiles,
   string destinationFileName
)
'Declaration
 
Public Overloads Sub MergeWith( _
   ByVal sourceFiles() As PDFFile, _
   ByVal destinationFileName As String _
) 
'Usage
 
Dim instance As PDFFile
Dim sourceFiles() As PDFFile
Dim destinationFileName As String
 
instance.MergeWith(sourceFiles, destinationFileName)

パラメーター

sourceFiles
名前を格納するPDFFileオブジェクトの配列とこのPDFFileで結合するソースファイルのオプションのパスワード。nullであってはならなくて、少なくとも1つの項目と最高100の項目を格納しなければなりません。
destinationFileName
作成されるデスティネーションPDFファイルの名前。このパラメーターの値がnullであるならば、 そして、FileNameで設定されるファイル名は、更新されます。
解説

このメソッドは、既存のPDFファイルからすべてのページを格納している新しいファイルを作るために、2部以上の既存のPDFファイルを結合します。新しいファイルは、以下のように構築されます:

すべてのPDFファイルはディスク上で先在しなければならなくて、有効でなければなりません。sourceFilesパラメーターは、任意の無効な項目を格納してはいけません。

このメソッドを使うために、有効なPDFファイルとオプションのパスワードでこのPDFFileオブジェクトを関連付けます。PDFFile(string fileName)またはPDFFile(string fileName、stringパスワード)コンストラクタを用いてどちらによってでもこれを達成することができるか、FileNameパスワードプロパティに直接ファイル名とオプションのパスワードを設定することができます。このメソッドを使う前にロードを呼び出す必要はありません。

このメソッドでは、このPDFFileオブジェクトの以下のプロパティを使用します。

結合するファイルの一つ以上がパスワードで暗号化されるならば、sourceFiles配列でそのPDFFile項目で必須のパスワードを設定します。ファイルのどれも暗号化されないならば、代わりにファイル名のためにSystem.Stringのリストを渡すことができるこのメソッドのMergeWith(string[]sourceFileNames、string destinationFileName)バージョンを使うことができます。

サンプル

サンプルのために、参照しますMergeWith

必要条件

ターゲットプラットホーム

参照

参照

PDFFileクラス
PDFFileメンバ
オーバーロードリスト

   Leadtools.Pdfは、PDF Pro、Pro Suite、ドキュメントまたはメディカルがキーを認可して、ロック解除することを義務づけます。詳細は、以下を参照してください。LEADTOOLSツールキット機能