LEADTOOLS画像処理(Leadtools.ImageProcessing.Colorアセンブリ)

フレームを表示

Leadtools.ImageProcessing.Color名前空間

継承階層


フィルタが含まれ、画像(または選択された画像の一部)を処理するための変換が含まれるクラス、列挙法と構造体の概要と説明。明度、コントラスト、色相、彩度、輝度等を制御するためのメソッドが含まれます。
クラス
 クラス説明
AdaptiveContrastCommand 適応コントラスト機能強化(ACE)を、元々はコントラストで低かったリージョンに対して実行します。このコマンドは、メディカルと上記のツールキットで利用できます
AddCommand リスト内の画像を追加または平均化します。AddCommandは、RasterImageのBitmapListプロパティからビットマップの『リスト』を取得します。
AddWeightedCommand 重み係数によってリストでイメージを追加するか、平均化します。
AdjustTintCommand 2つの別々のカラーホイール回転を用いてimageで色を変更することによって、image色合いを調節します。
ApplyMathematicalLogicCommand imageの色の上で、特定の数学的であるか論理的操作を実行します。
AutoBinaryCommand ヒストグラムの統計解析の2ピークのメソッドに基づく自動的に計算されたしきい値を用いて、imageにバイナリセグメンテーションを適用します。このコマンドはドキュメント/メディカルのツールキットで利用できます
AutoColorLevelCommand imageに数種類の自動カラーレベル調整の1つを適用します。この関数は、バーコードの認識結果を改善するために画像を事前処理する場合に便利です。
BalanceColorCommandFactor BalanceColorsCommandクラスにより用いられる情報を定義します。
BalanceColorsCommand BalanceColorCommandFactorクラスで値を用いて特定のimageのRGB値を再配布します。
ChangeContrastCommand imageのコントラストを増減します。
ChangeHueCommand カラーホイールを回転させることによって、imageで色の色相を変更します。
ChangeHueSaturationIntensityCommand imageですべての色または特定の色の色相、彩度と明度を変更します。
ChangeHueSaturationIntensityCommandData ChangeHueSaturationIntensityCommandクラスにより用いられるカラー範囲情報を定義します。
ChangeIntensityCommand imageの強度(明度)を変更します。
ChangeSaturationCommand imageで色の彩度を増減します。
ChannelMixerCommand ChannelMixerCommandFactorクラスで値を用いて特定のimageのRGB値を再配布します。
ChannelMixerCommandFactor ChannelMixerCommandクラスにより用いられるカラーバランス情報を定義します。
ColorCountCommand imageで一意な色の数を取得します。
ColorIntensityBalanceCommand 赤いか、緑であるか、青チャネルの配布を変更します。このコマンドは、Imaging Pro以上のツールキットで利用できます。
ColorIntensityBalanceCommandData ColorIntensityBalanceCommandクラスにより用いられるバランストーン情報を定義します。
ColorLevelCommand imageにカラーレベル調整を適用します。それは、imageシャドウ、中間色とハイライトを変更します。この関数は、バーコードの認識結果を改善するために画像を事前処理する場合に便利です。
ColorLevelCommandData ColorLevelCommandDataクラスは、特定のカラーチャネルのためにカラーレベル調整情報を格納します。
ColorMergeCommand 色分解として作成されたグレースケールイメージを結合することによって、カラーイメージを作成します。ColorSeparateCommandクラスが作成するイメージを再結合するために、これを使うことができます。
ColorReplaceCommand 色相、彩度と明度の値を調節することによって、指定されたカラーを置換します。
ColorReplaceCommandColor ColorReplaceCommandクラスにより用いられる情報を定義します。
ColorSeparateCommand カラープレーンごとに画像を切り分け、プレーンごとに1つのグレースケール画像を生成いします。いくつかのカラースペースモデル(CMYKを含む)のどれでも指定することができます。
ColorThresholdCommand 8つのカラースペースのいずれか1つを使って、指定された範囲の内側または外側にあるこうした画像のピクセルコンポーネント値をリセットします。
ColorThresholdCommandComponent ColorThresholdCommandComponentクラスは、しきい値処理のために使われて、ColorThresholdCommandクラスのためにimageのカラーコンポーネント値を再配布している値を格納します。
ContrastBrightnessIntensityCommand image階調範囲を向上させるために、コントラスト、明度と強度調整を適用します。このクラスは、Imaging Pro以上のツールキットで利用できます。
ConvertToColoredGrayCommand 画像をグレースケール画像に変換し、クラスプロパティに基づいてカラーコンポーネントを強調させます。このクラスはドキュメントツールキットで利用できます。
DesaturateCommand 各々のカラーの彩度をゼロに下げることによって、グレースケールレベルにimageを変換します。変換は、カラー解像度を変更しません。
DynamicBinaryCommand imageのピクセルごとにローカルしきい値を用いてそのピクセル当たりビットを変更することなく、白黒のimageにimageを変換します。この関数は、バーコードの認識結果を改善するために画像を事前処理する場合に便利です。
GammaCorrectCommand 明度値をマップするのに用いられるガンマ定数を変更することによって、imageで色の強度を調節します。
GammaCorrectExtendedCommand 明度値をマップするのに用いられるガンマ定数を変更することによって、imageで色の強度を調節します。2つの様々なカラースペースのどちらでも、指定されることができます。
GrayScaleExtendedCommand その解像度を変更することなく、グレースケールイメージに任意のimageを変換します。
GrayScaleToDuotoneCommand 新しい色でピクセルの元の値を混ぜるか、置換することによって、色のついたものにグレースケールimageを変換します。このクラスは、Imaging Pro以上のツールキットで利用できます。
GrayScaleToMultitoneCommand 一つ以上の新しい色でピクセルの元の値を混ぜるか、置換することによって、色のついたものにグレースケールimageを変換します。このクラスは、Imaging Pro以上のツールキットで利用できます。
HistogramCommand 各々の輝度レベルが何度imageで発生するかについて図を作成する配列を作成します。このクラスは、別に、または、一緒に、赤・緑・青の図を作成することができます。それが、すべての解像度(12と16ビットグレースケールを含む)のために使われます。
HistogramContrastCommand 中央明度を決定するために、ヒストグラムを使用してimageのコントラストを増減します。
HistogramEqualizeCommand image(指定されたカラースペースに基づく)において、ピクセルの数を線形化します。画像の暗い部分の詳細を明らかにするために使用できます。この関数は、バーコードの認識結果を改善するために画像を事前処理する場合に便利です。
IntensityDetectCommand 特定の輝度範囲、特定のカラーチャネルにおいて特定の画像をフィルタリングして色を検出することにより、バイナリセグメンテーションを画像に適用します。
InvertCommand 指定した画像の色を反転し、写真のネガのようにします。
LightControlCommand ピクセル値をリマップすることで、画像の全部または一部を明るくしたり、暗くしたりします。この関数は、バーコードの認識結果を改善するために画像を事前処理する場合に便利です。
LineProfileCommand 3つの配列を割り当てて、特定の行でピクセルごとにR、GとBプロファイルで更新します。
LocalHistogramEqualizeCommand image(特定のカラースペースに基づく)で、ローカルにピクセルの数を線形化します。これは、画像の暗い部分の詳細を明らかにし、ブロック間のエッジを滑らかにするために使用できます。このクラスはメディカルツールキットで利用できます。
MathematicalFunctionCommand 例えば数学関数に従ってimageカラーを再配置します:正方形、対数、平方根、正弦と余弦。
MultiplyCommand 100で割った属性分配値によって特定のimageで色を乗算することによって、imageで明度を増減します。
PosterizeCommand 画像の各プレーンを指定した色階調数に量子化することによって、画像にポスター効果を加えます。たとえば2階調を指定すると、赤2階調、緑2階調、青2階調で画像が描画されます。
RemapHueCommand imageの色相値を変更するために、ルックアップテーブルを使います。特定の色相値がマスクプロパティの非ゼロとしてマークされる場合だけ、彩度と値テーブルはSとV値を変更します。それが、すべての解像度(48と64ビットイメージを含む)のために使われます。
RemapIntensityCommand imageの明度値を変更するために、ルックアップテーブルを使います。赤いか、緑であるか、青であるか、全くカラーチャネルに、変更を適用することができます。
RemoveRedEyeCommand 眼の中の赤色を別の色に変換することで、カラー画像の「赤目」現象を除去します。
SampleTargetCommand サンプルカラーをターゲットカラーにシフトすることでカラー値を補正します。このコマンドは、Imaging Pro以上のツールキットで利用できます。
SegmentCommand imageを各々のセグメントのピクセルがほぼ同じカラー(同種のカラー)を持っているセグメントに分けます。このコマンドは、Imaging Pro以上のツールキットで利用できます。
SelectiveColorCommand imageにより用いられる一つ以上の色の定義を変えることによって、imageのカラーを変更します。このクラスは、Imaging Pro以上のツールキットで利用できます。
SelectiveColorCommandData SelectiveColorCommandDataクラスは単一の「選択したカラー」のために必要とされる情報を格納します。そして、それがSelectiveColorCommandクラスで主に使われます。
SolarizeCommand 画像にソラリゼーション効果(写真のフィルムを誤って光に露出してしまったような効果)を加えます。それは、指定するしきい値以上の明度値ですべてのカラーデータを反転することによってそうします。
StretchIntensityCommand 輝度の範囲を中央にし、最大化し、釣り合わせることで、画像のコントラストを増やします。
SwapColorsCommand 指定されたカラーチャネルを入れ替えます。
TemperatureCommand 画像が冷たい、または暖かい印象になるように、画像の見た目を変更します。
列挙体
 列挙体説明
AdaptiveContrastCommandType 調整メソッドを識別する列挙体は、フラグを立てます。
AddCommandType 実行する操作を識別する列挙体は、フラグを立てます。
AddWeightedCommandType 実行する操作を識別する列挙体は、フラグを立てます。
ApplyMathematicalLogicCommandFlags 使われるチャネルを識別する列挙体フラグ、入力ピクセル値の取り扱い、数値演算と出力画素値の取り扱い。
AutoColorLevelCommandFlags メソッドがimageを処理するかどうかについて確認する列挙体が、フラグを立てます。
AutoColorLevelCommandType 実行するレベル調整のタイプを識別する列挙体フラグ。
ColorLevelCommandFlags レベル調整されているチャネルを識別する列挙体は、フラグを立てます。
ColorMergeCommandType グレースケールイメージを作成するのに用いられた分離の型。
ColorSeparateCommandType グレースケールイメージを作成するのに用いられた分離の型。
ColorThresholdCommandFlags しきい値内の値の取り扱い、しきい値に入るピクセルの取り扱いおよび拒否された値のための新しい値を表すフラグ。

これらのフラグは、そのメンバ値のビットごとの組合せを許可するFlagsAttribute属性を持っています。

ColorThresholdCommandType しきい値が拠点を置くカラースペース。
GammaCorrectExtendedCommandType ガンマ補正を適用するカラースペースを示す列挙体。
GrayScaleToDuotoneCommandMixingType この列挙体は、どのカラースペースが選択されるかについて示すために必要なすべてのタイプを格納します。
GrayScaleToMultitoneCommandDistributionType 色のソースがimageに追加されることを示すフラグ。
GrayScaleToMultitoneCommandToneType グレースケールimageにaddに色の数を示すフラグ。
HistogramCommandFlags どのチャネルを使うべきかについて示すFlags。
HistogramEqualizeType この列挙体は、どのカラースペースが選択されるかについて示すために必要なすべてのタイプを格納します。
IntensityDetectCommandFlags プロセスにチャネルを示すフラグ。

このフラグは、そのメンバ値のビットごとの組合せを許可するFlagsAttribute属性を持っています。

LightControlCommandType どのカラースペースを再配置するべきかについて示します。
MathematicalFunctionCommandType MathematicalFunctionCommandクラスにより用いられる関数オブジェクトをその指示を評価します。
RemapIntensityCommandFlags

更新するカラープレーン、高位ビットを変更するかどうか、LookupTableに通常データまたは伸縮データを含めるかどうかを示すフラグ。

この列挙体は、そのメンバ値のビットごとの組合せを許可するFlagsAttribute属性を持っています。

*マスターチャネル値を計算すること

LEADTOOLSで広く使われている画像処理フィルタの速度を上げるために、カラー画像のグレースケール値(マスターチャネル)は、以下の手法を用いて計算されます:

             #define CalcGrayValue(r, g, b) ((L_UCHAR)(((L_UCHAR) (((2 * (L_UINT) (r)) + (5 * (L_UINT) (g)) + (L_UINT) (b) + 4) / 8))))
             #define CalcGrayValue16(r, g, b) ((L_UINT16) (((2 * (L_UINT32) (r)) + (5 * (L_UINT32) (g)) + (L_UINT32) (b) + 4) / 8))
             #define CalcGrayValue32(r, g, b) ((L_UINT32) (((2 * (L_UINT32) (r)) + (5 * (L_UINT32) (g)) + (L_UINT32) (b) + 4) / 8))
             
SampleTargetCommandFlags カラーをシフトするチャネルを示す列挙された値とそのチャネルのために他の値を再配置する方法。

この列挙体は、そのメンバ値のビットごとの組合せを許可するFlagsAttribute属性を持っています。

SegmentCommandFlags この列挙体は、セグメンテーションで使われるカラースペースを示します。
SelectiveCommandColorTypes この列挙型は、SelectiveColorCommandDataクラスの配列へのインデックスとして用いられます。インデックスのクラスは、対応するカラーに関する情報を格納します。
SwapColorsCommandType どのカラーチャネルを入れ替えるべきかについて示す列挙された値。
参照

参照

Leadtools.ImageProcessing.Colorアセンブリ