LEADTOOLS画像処理(Leadtools.ImageProcessing.Colorアセンブリ)

フレームを表示

RemapIntensityCommandFlags列挙体








更新するカラープレーン、高位ビットを変更するかどうか、LookupTableに通常データまたは伸縮データを含めるかどうかを示すフラグ。

この列挙体は、そのメンバ値のビットごとの組合せを許可するFlagsAttribute属性を持っています。

*マスターチャネル値を計算すること

LEADTOOLSで広く使われている画像処理フィルタの速度を上げるために、カラー画像のグレースケール値(マスターチャネル)は、以下の手法を用いて計算されます:

             #define CalcGrayValue(r, g, b) ((L_UCHAR)(((L_UCHAR) (((2 * (L_UINT) (r)) + (5 * (L_UINT) (g)) + (L_UINT) (b) + 4) / 8))))
             #define CalcGrayValue16(r, g, b) ((L_UINT16) (((2 * (L_UINT32) (r)) + (5 * (L_UINT32) (g)) + (L_UINT32) (b) + 4) / 8))
             #define CalcGrayValue32(r, g, b) ((L_UINT32) (((2 * (L_UINT32) (r)) + (5 * (L_UINT32) (g)) + (L_UINT32) (b) + 4) / 8))
             
構文
[FlagsAttribute()]
public enum RemapIntensityCommandFlags : System.Enum, System.IComparable, System.IConvertible, System.IFormattable  
'Declaration
 
<FlagsAttribute()>
Public Enum RemapIntensityCommandFlags 
   Inherits System.Enum
   Implements System.IComparable, System.IConvertible, System.IFormattable 
'Usage
 
Dim instance As RemapIntensityCommandFlags
[FlagsAttribute()]
public enum RemapIntensityCommandFlags : System.IComparable, System.IConvertible, System.IFormattable  
typedef NS_OPTIONS(NSUInteger, LTRemapIntensityCommandFlags)
public enum RemapIntensityCommandFlags
Leadtools.ImageProcessing.Color.RemapIntensityCommandFlags = function() { };
Leadtools.ImageProcessing.Color.RemapIntensityCommandFlags.prototype = {<br/>
  Master = 0x00000000,
	Red = 0x00000001,
	Green = 0x00000002,
	Blue = 0x00000003,
	ChangeHighBit = 0x00000010,
	Normal = 0x00000100,
	
 };
[FlagsAttribute()]
public enum class RemapIntensityCommandFlags : public System.Enum, System.IComparable, System.IConvertible, System.IFormattable  
メンバ
メンバ説明
0 x 00000000Master オールチャネル。

LEADTOOLSで広く使われている画像処理フィルタの速度を上げるために、カラー画像のグレースケール値(マスターチャネル)は、以下の手法を用いて計算されます:

             #define CalcGrayValue(r, g, b) ((L_UCHAR)(((L_UCHAR) (((2 * (L_UINT) (r)) + (5 * (L_UINT) (g)) + (L_UINT) (b) + 4) / 8))))
             #define CalcGrayValue16(r, g, b) ((L_UINT16) (((2 * (L_UINT32) (r)) + (5 * (L_UINT32) (g)) + (L_UINT32) (b) + 4) / 8))
             #define CalcGrayValue32(r, g, b) ((L_UINT32) (((2 * (L_UINT32) (r)) + (5 * (L_UINT32) (g)) + (L_UINT32) (b) + 4) / 8))
             
0 x 00000001Red Redチャネルだけ。
0 x 00000002Green 緑チャネルのみ。
0 x 00000003Blue 青チャネルだけ。
0 x 00000010ChangeHighBit LookupTableの使い古したデータによって、imageの高位ビットを変更します。
0 x 00000100Normal LookupTable lengthが2^(HighBit ― LowBit + 1)と等しくなければならないというこの場合では、LookupTableのデータは、通常のデータです。
解説
各々のグループから1つのフラグを指定するために、ビットごとのOR(|)を使います。
グループ Flags
更新するためにカラープレーンを示すFlags。 Master、Red、Green、Blue
高位ビットを変更するべきかどうかについて示すフラグ。 ChangeHighBit
LookupTableが通常であるか引き伸ばされたデータを格納するかどうかについて示すフラグ。 標準
継承階層

System.Object
   System.ValueType
      System.Enum
         Leadtools.ImageProcessing.Color.RemapIntensityCommandFlags

必要条件

ターゲットプラットホーム

参照

参照

Leadtools.ImageProcessing.Color名前空間