LEADTOOLS GDI/GDI+(Leadtools.Drawingアセンブリ)

フレームを表示

RasterGraphicsクラス






メンバ 
ディスプレイの表面としてLeadtools.RasterImageを用いてGDI+ System.Drawing.Graphicsオブジェクトを表します。
オブジェクトモデル
構文
public class RasterGraphics : System.IDisposable  
'Declaration
 
Public Class RasterGraphics 
   Implements System.IDisposable 
'Usage
 
Dim instance As RasterGraphics
public ref class RasterGraphics : public System.IDisposable  
解説

このクラスのオブジェクトはRasterImagePainter.CreateGraphicsメソッドから返され、描画、消去、色消去とブラシ、ペン、スプレーガン、塗りつぶし、カラー管、テキストオーバーレイ、カーブ、線分、四角形、ポリゴン、楕円、フリーハンドシェイプ、カットと貼り付け等の様々な描画機能を作成できます。

すべてのGDI+メソッドを使用すると、返されたSystem.Drawing.Graphicsオブジェクトを使用して画像に描画できます。図形オブジェクトは、それを使った後に破棄されなければなりません。

リージョンが画像に対して定義されると、GDI関数はリージョン上でのみ動作します。画像全体では機能しません。

GDI+グラフィクスは、NETフレームワークSystem.Drawing.Graphics.FromImageメソッドでサポートされるこれらのビット数と画像タイプのみをサポートします。他のピクセルあたりのビット数を持っているimageを使っているならば、DIBドライバによってサポートされるピクセル当たりビット値にimageを変更するためにLeadtools.ImageProcessing.ColorResolutionCommandを使わなければなりません。

詳細については、「RasterImageとGDI/GDI+」を参照してください。

詳細については、「LEADTOOLSによる画像処理入門」を参照してください。

サンプル
サンプルのために、参照しますRasterImagePainter.CreateGraphics
必要条件

ターゲットプラットホーム

参照

参照

RasterGraphicsメンバ
Leadtools.Drawing名前空間