LEADTOOLS(Leadtoolsアセンブリ)

フレームを表示

メソッドを変換します(IBuffer、Int32、Int32、Int32、Int32、RasterByteOrder、RasterByteOrder、RasterColor[]、RasterColor[]、Int32、Int32、Int32、RasterConvertBufferFlags)








入力バッファ。
0から始まるは、変換が開始しなければならないバッファにオフセットしました。
入力イメージデータのピクセルの幅。
入力イメージデータのBitsPerPixel。
目的の出力画像データのBitsPerPixel。
入力カラーオーダー。
出力カラーオーダー。
パレットまたは既存のデータのための8ビットLUT(変換の前の)。入力データがパレットでなくて、グレースケールでないならば、NULLを使います。
変換されたデータのためのパレット。データが16または24ビット/ピクセルカラーに変換されるならば、パレットのためにNULLを使いません。
ソースバッファがグレースケールデータを格納するならば、ソースバッファで低位ビットを示すことを評価します。
ソースバッファがグレースケールデータを格納するならば、ソースバッファで高位ビットを示すことを評価します。
デスティネーションピクセル当たりビットがアルファコンポーネントを格納するならばアルファ値
16のビットデータをグレースケールかカラーとみなすべきかどうか示しているFlags。
指定されたバッファ内のデータを、指定されたビット数とカラーオーダーに変換します。
構文
'Declaration
 
Public Overloads Shared Sub Convert( _
   ByVal buffer As IBuffer, _
   ByVal bufferOffset As Integer, _
   ByVal width As Integer, _
   ByVal inBitsPerPixel As Integer, _
   ByVal outBitsPerPixel As Integer, _
   ByVal inOrder As RasterByteOrder, _
   ByVal outOrder As RasterByteOrder, _
   ByVal inPalette() As RasterColor, _
   ByVal outPalette() As RasterColor, _
   ByVal lowBit As Integer, _
   ByVal highBit As Integer, _
   ByVal alpha As Integer, _
   ByVal flags As RasterConvertBufferFlags _
) 
'Usage
 
Dim buffer As IBuffer
Dim bufferOffset As Integer
Dim width As Integer
Dim inBitsPerPixel As Integer
Dim outBitsPerPixel As Integer
Dim inOrder As RasterByteOrder
Dim outOrder As RasterByteOrder
Dim inPalette() As RasterColor
Dim outPalette() As RasterColor
Dim lowBit As Integer
Dim highBit As Integer
Dim alpha As Integer
Dim flags As RasterConvertBufferFlags
 
RasterBufferConverter.Convert(buffer, bufferOffset, width, inBitsPerPixel, outBitsPerPixel, inOrder, outOrder, inPalette, outPalette, lowBit, highBit, alpha, flags)
 function Leadtools.RasterBufferConverter.Convert(IBuffer,Int32,Int32,Int32,Int32,RasterByteOrder,RasterByteOrder,RasterColor[],RasterColor[],Int32,Int32,Int32,RasterConvertBufferFlags)( 
   buffer ,
   bufferOffset ,
   width ,
   inBitsPerPixel ,
   outBitsPerPixel ,
   inOrder ,
   outOrder ,
   inPalette ,
   outPalette ,
   lowBit ,
   highBit ,
   alpha ,
   flags 
)

パラメーター

バッファ
入力バッファ。
bufferOffset
0から始まるは、変換が開始しなければならないバッファにオフセットしました。
入力イメージデータのピクセルの幅。
inBitsPerPixel
入力イメージデータのBitsPerPixel。
outBitsPerPixel
目的の出力画像データのBitsPerPixel。
inOrder
入力カラーオーダー。
outOrder
出力カラーオーダー。
inPalette
パレットまたは既存のデータのための8ビットLUT(変換の前の)。入力データがパレットでなくて、グレースケールでないならば、NULLを使います。
outPalette
変換されたデータのためのパレット。データが16または24ビット/ピクセルカラーに変換されるならば、パレットのためにNULLを使いません。
低ビット
ソースバッファがグレースケールデータを格納するならば、ソースバッファで低位ビットを示すことを評価します。
highBit
ソースバッファがグレースケールデータを格納するならば、ソースバッファで高位ビットを示すことを評価します。
アルファ
デスティネーションピクセル当たりビットがアルファコンポーネントを格納するならばアルファ値
フラグ
16のビットデータをグレースケールかカラーとみなすべきかどうか示しているFlags。
解説

注意:Document/Medical画像化版においてだけ以外、このメソッドは、12と16ビットグレースケールイメージのためにも機能します。12または16ビットグレースケールimageでこのメソッドを使おうとするならば、Medical Imaging版を持っていません、それは例外をスローします。

変換は1つのバッファだけを使います。そして、それは変換の前後にデータを保持するのに十分大きくなければなりません。

8ビット/ピクセル以下である画像データはパレットを使わなければなりません、そして、このメソッドは入力、出力または両方のようなデータを使うことができます。したがって、入力のために、または、出力または両方とものためにパレットを指定する必要があるかもしれません。

inBitsPerPixeloutBitsPerPixelが16であるならば、フラグを立ててデータがカラーかグレースケールとみなされなければならないかどうか決定するのに用いられます。

nBitsPerPixelSrcが12であるならば、グレースケールであることは前提とされます。しかし、フラグパラメーターは、それが将来の互換性のためのグレースケールであるとも思わなければなりません。ソースがグレースケールであるならば、inPaletteはパレットに設定されることができます。パレットは、Nエントリを格納しなければなりません。ソースで低ビットhighBitを使っている場合、Nは2の(highBit ― 低ビット+ 1)乗になります。そうでない場合、Nは2のinBitsPerPixel乗になります。

フラグパラメーターは、inOrderoutOrderに取って代わります。inOrderのためにRasterByteOrder.Bgrを指定するが、フラグRasterConvertBufferFlags.SourceGrayを使うならば、ソースバッファがグレースケールデータを格納すると仮定されます。

詳細については、「LEADTOOLSによる画像処理入門」を参照してください。

サンプル
RasterBufferConverterとCalculateConvertSizeを参照してください
必要条件

ターゲットプラットホーム

参照

参照

RasterBufferConverterクラス
RasterBufferConverterメンバ
オーバーロードリスト
ColorResolutionCommand
概要:カラー解像度とディザ処理
ディザ処理メソッド
LEADTOOLSによる画像処理入門