LEADTOOLS(Leadtoolsアセンブリ)

フレームを表示

XOffsetプロパティ








外部表現のXオフセット。
構文
public int XOffset {get; set;}
'Declaration
 
Public Property XOffset As Integer
'Usage
 
Dim instance As RasterRegionXForm
Dim value As Integer
 
instance.XOffset = value
 
value = instance.XOffset
public int XOffset {get; set;}
@property (nonatomic, assign) NSInteger xOffset
public int getXOffset()
public void setXOffset(int value)
            
 <br/>get_XOffset();<br/>set_XOffset(value);<br/>Object.defineProperty('XOffset'); 
public:
property int XOffset {
   int get();
   void set (    int value);
}

属性値

外部表現のXオフセット。
解説

imageから情報を変換するとき、描画メソッドデスティネーション四角形の左の値を使うことができます。

imageに情報を変換するとき、描画メソッドデスティネーション四角形(-left)の左の値を否定することができます。

どのメソッドがどの方向を変換するか見るXScalarNumeratorプロパティを参照してください

詳細については、「リージョンの座標の変換」を参照してください。

サンプル
サンプルのために、参照しますRasterRegion.Transform
必要条件

ターゲットプラットホーム

参照

参照

RasterRegionXFormクラス
RasterRegionXFormメンバ