LEADTOOLS(Leadtoolsアセンブリ)

フレームを表示

ViewPerspectiveプロパティ(RasterImage)








このRasterImageの画像データのビューの視点と方向を取得または設定します。
構文
public RasterViewPerspective ViewPerspective {get; set;}
'Declaration
 
Public Property ViewPerspective As RasterViewPerspective
'Usage
 
Dim instance As RasterImage
Dim value As RasterViewPerspective
 
instance.ViewPerspective = value
 
value = instance.ViewPerspective
public RasterViewPerspective ViewPerspective {get; set;}
@property (nonatomic, assign) LTRasterViewPerspective viewPerspective
public RasterViewPerspective getViewPerspective()
 <br/>get_ViewPerspective();<br/>set_ViewPerspective(value);<br/>Object.defineProperty('ViewPerspective'); 
public:
property RasterViewPerspective ViewPerspective {
   RasterViewPerspective get();
   void set (    RasterViewPerspective value);
}

属性値

このRasterImageの画像データのビューの視点と方向。
解説

ビューの視点と方向は、imageの始まりがどこで保存されるかについて示します。詳細は、「RasterViewPerspective」を参照してください。

詳細については、「ビューの視点と方向について」を参照してください。

注意:それからこのプロパティを使用してimageのビューの視点と方向を設定することがimageのデータの向きを変更しないとき、慎重であるはずです。そうするために、ChangeViewPerspectiveを使います。

サンプル
サンプルのために、参照しますChangeViewPerspectiveCommand
必要条件

ターゲットプラットホーム

参照

参照

RasterImageクラス
RasterImageメンバ