LEADTOOLS(Leadtoolsアセンブリ)

フレームを表示

SetRowCompressed(IntPtr、IntPtr、Int32、Int32)メソッド








アンマネージメモリオプションの作業バッファへのポインター。このメソッドを複数回呼び出すとき、作業バッファを割り当てると処理速度があがります。作業バッファを割り当てない場合、このメソッドが呼び出されるたびに一次バッファを割り手手解放するためです。このバッファのサイズは、imageのBytesPerLineプロパティと同じでなければなりません。作業バッファを使いたくないならば、runBufferにIntPtr.Zeroを渡します。
入力バッファ(1-ビット圧縮画像データを格納します)。
更新する最初の行の数
更新する行の数
アンマネージドメモリバッファーからその圧縮フォーマットで維持管理されるimageまで1-ビット圧縮データの一つ以上の行を置きます。
構文
public void SetRowCompressed( 
   IntPtr workBuffer,
   IntPtr runBuffer,
   int row,
   int lines
)
'Declaration
 
Public Overloads Sub SetRowCompressed( _
   ByVal workBuffer As IntPtr, _
   ByVal runBuffer As IntPtr, _
   ByVal row As Integer, _
   ByVal lines As Integer _
) 
'Usage
 
Dim instance As RasterImage
Dim workBuffer As IntPtr
Dim runBuffer As IntPtr
Dim row As Integer
Dim lines As Integer
 
instance.SetRowCompressed(workBuffer, runBuffer, row, lines)
public void SetRowCompressed( 
   IntPtr workBuffer,
   IntPtr runBuffer,
   int row,
   int lines
)
public void setRowCompressed(
  byte workBuffer[], 
  short runBuffer[], 
  int row, 
  int lines
)
            
 function Leadtools.RasterImage.SetRowCompressed(IntPtr,IntPtr,Int32,Int32)( 
   workBuffer ,
   runBuffer ,
   row ,
   lines 
)
public:
void SetRowCompressed( 
   IntPtr workBuffer,
   IntPtr runBuffer,
   int row,
   int lines
) 

パラメーター

workBuffer
アンマネージメモリオプションの作業バッファへのポインター。このメソッドを複数回呼び出すとき、作業バッファを割り当てると処理速度があがります。作業バッファを割り当てない場合、このメソッドが呼び出されるたびに一次バッファを割り手手解放するためです。このバッファのサイズは、imageのBytesPerLineプロパティと同じでなければなりません。作業バッファを使いたくないならば、runBufferにIntPtr.Zeroを渡します。
runBuffer
入力バッファ(1-ビット圧縮画像データを格納します)。
更新する最初の行の数
更新する行の数
解説

このメソッドは(ドキュメント/Medicalのみ)ツールキットで利用できます。

このメソッドは、高速ロードと表示のために圧縮フォーマットでロードされる1ビット画像で、操作中のに役立ちます。

詳細については、「1ビット画像処理の高速化」を参照してください。

サンプル
サンプルのために、参照しますGetRowCompressed
必要条件

ターゲットプラットホーム

参照

参照

RasterImageクラス
RasterImageメンバ
オーバーロードリスト