LEADTOOLS(Leadtoolsアセンブリ)

フレームを表示

SetRow(Int32、IntPtr、Int32)メソッド








更新する行の番号。最初の行は0です、そして、最後の行はimage高さより少ない1です。
画像データを格納しているアンマネージドメモリバッファーへのポインター。imageが圧縮であるかどうかに関係なく、バッファは未圧縮データを格納しなければなりません。
設定するバイトの数各々の行のバイト数を決定するために、このRasterImageBytesPerLineプロパティを使います。
アンマネージドメモリバッファーからこのRasterImageへ画像データの一つ以上の行をコピーします。
構文
public int SetRow( 
   int row,
   IntPtr buffer,
   int bufferCount
)
'Declaration
 
Public Overloads Function SetRow( _
   ByVal row As Integer, _
   ByVal buffer As IntPtr, _
   ByVal bufferCount As Integer _
) As Integer
'Usage
 
Dim instance As RasterImage
Dim row As Integer
Dim buffer As IntPtr
Dim bufferCount As Integer
Dim value As Integer
 
value = instance.SetRow(row, buffer, bufferCount)
public int SetRow( 
   int row,
   IntPtr buffer,
   int bufferCount
)
public long setRow(
  int row, 
  byte[] buffer, 
  long bufferCount
)
            
 function Leadtools.RasterImage.SetRow(Int32,IntPtr,Int32)( 
   row ,
   buffer ,
   bufferCount 
)
public:
int SetRow( 
   int row,
   IntPtr buffer,
   int bufferCount
) 

パラメーター

更新する行の番号。最初の行は0です、そして、最後の行はimage高さより少ない1です。
バッファ
画像データを格納しているアンマネージドメモリバッファーへのポインター。imageが圧縮であるかどうかに関係なく、バッファは未圧縮データを格納しなければなりません。
bufferCount
設定するバイトの数各々の行のバイト数を決定するために、このRasterImageBytesPerLineプロパティを使います。

戻り値

バイト数はコピーしました。
解説

このメソッドを使うとき、画像メモリはロックされなければなりません。通常、このメソッドを使う操作を開始する前にメモリをロックするために、Accessを呼び出すことができます。そして、操作が終わるとき、リリースを呼び出します。

画像のBitsPerPixelプロパティを使えば、bufferCountパラメータをセットするためのバイト数を決定できます。8ビット画像の場合、各バイトはパレットへのインデックスです。24ビット画像の場合、それぞれ3バイトで1ピクセル要素を表します。カラーオーダーは、RasterImageオブジェクトのOrderプロパティによって決まります。この値は、RasterByteOrder.RgbRasterByteOrder.BgrまたはRasterByteOrder.Rommでありえます。

注意:画像データの一列のために正しいサイズを計算すること:Windows/WinRT(((幅* BitsPerPixel)+ 31) >> 3))~3アンドロイド(((幅* BitsPerPixel)+ 7)/8)

RasterByteOrder.Grayは、12と16ビットグレースケールイメージに有効なだけです。12と16ビットグレースケールイメージのサポートは、Document/Medicalイメージングエディションのみで利用できます。

詳細については、「LEADTOOLSによる画像処理入門」を参照してください。

サンプル
サンプルのために、参照しますGetRow
必要条件

ターゲットプラットホーム

参照

参照

RasterImageクラス
RasterImageメンバ
オーバーロードリスト