LEADTOOLS(Leadtoolsアセンブリ)

フレームを表示

SetRegionメソッド








表示座標と画像座標の間で変換するために使用するRasterRegionXFormオブジェクト。このパラメーターのためにnullを指定するならば、スカラー場は1にデフォルトでなります、オフセットは0にデフォルトでなります、そして、ビューの視点と方向はimageビューの視点と方向にデフォルトでなります。
設定するか、このRasterImageに更新するRasterRegionオブジェクト。このパラメーターが空のリージョンまたはnullであるならば、imageの現在のリージョンはアンインストール済みでしょう(MakeRegionEmptyを呼び出すことで対応するものでこんなにあります。
定義されている場合、既存の画像リージョンに関して実施するアクション。
このRasterImageの現在のリージョンを説明するRasterRegionオブジェクトを設定するか、更新します。
構文
'Declaration
 
Public Sub SetRegion( _
   ByVal xform As RasterRegionXForm, _
   ByVal region As RasterRegion, _
   ByVal combineMode As RasterRegionCombineMode _
) 
'Usage
 
Dim instance As RasterImage
Dim xform As RasterRegionXForm
Dim region As RasterRegion
Dim combineMode As RasterRegionCombineMode
 
instance.SetRegion(xform, region, combineMode)
- (BOOL)setRegion:(nullable LTRasterRegionXForm *)xform 
           region:(nullable LTRasterRegion *)region 
      combineMode:(LTRasterRegionCombineMode)combineMode 
            error:(NSError **)error
            
public void setRegion(
   RasterRegionXForm xform, 
   RasterRegion region, 
   RasterRegionCombineMode combineMode
)
            
 function Leadtools.RasterImage.SetRegion( 
   xform ,
   region ,
   combineMode 
)

パラメーター

xform
表示座標と画像座標の間で変換するために使用するRasterRegionXFormオブジェクト。このパラメーターのためにnullを指定するならば、スカラー場は1にデフォルトでなります、オフセットは0にデフォルトでなります、そして、ビューの視点と方向はimageビューの視点と方向にデフォルトでなります。
リージョン
設定するか、このRasterImageに更新するRasterRegionオブジェクト。このパラメーターが空のリージョンまたはnullであるならば、imageの現在のリージョンはアンインストール済みでしょう(MakeRegionEmptyを呼び出すことで対応するものでこんなにあります。
combineMode
定義されている場合、既存の画像リージョンに関して実施するアクション。
解説

現在のimageリージョンを説明するRasterRegionオブジェクトを取得するために、GetRegionを使います。

既存のリージョンを更新するために、新しいリージョンがどのようにcombineModeパラメーターを用いて既存のものと結合されることになっているかについて指定します。詳細については、「RasterRegionCombineMode」を参照してください。

RasterRegionクラスは、GDI、GDI+、WPFとSilverlightなどのLEADTOOLSによってサポートされる任意のプラットホームで使われることができるimageで、関心部分のプラットホームから独立した表現を提供します。RasterRegionクラスは、byte配列にそれをリージョンデータを操作して、保存して/ロードするために、広範囲なメソッドとプロパティを格納します。

装置依存のリージョンへ/からLEADTOOLS RasterRegionオブジェクトを変換するために、以下のヘルパークラスを使用することができます:

RasterRegionクラスはIDisposableなインターフェースを実装します、呼び出さなければならないように、それを使った後に作成する任意のリージョンオブジェクトの上で破棄します

詳細については、「リージョンの作成」を参照してください。

詳細については、「リージョンの保存」を参照してください。

詳細については、「既存のリージョンの操作」を参照してください。

サンプル
サンプルのために、参照しますRasterRegion
必要条件

ターゲットプラットホーム

参照

参照

RasterImageクラス
RasterImageメンバ