LEADTOOLS(Leadtoolsアセンブリ)

フレームを表示

SetOverlayImageメソッド








imageを設定するオーバレイのインデックス。このインデックスは0から始まるで、MaxOverlays以下でなければなりません。
新しいオーバレイimage。これはnullでありえます、その場合には、対応するオーバレイimageは開放されます。
なんて、imageを挿入するために、可能な値が以下の通りであるだろう決定します:
Mode 説明
RasterGetSetOverlayImageMode.Copy overlayImageのコピーは、オーバレイリストで挿入されます。
RasterGetSetOverlayImageMode.NoCopy overlayImageは、コピーを作成することなく、オーバレイリストに設定されます。オーバレイimageリストの項目を修正することができて/無効にすることができるので、overlayImageを修正することがいつかについて注意するはずです。
RasterGetSetOverlayImageMode.Move overlayImageは、オーバレイリストに移動されます。それも破棄されるので、それに変化をもたらすことができません。これは、RasterGetSetOverlayImageMode.NoCopyの上に推薦されます。
特定のインデックスのためにオーバレイimageを設定します。
構文
'Declaration
 
Public Sub SetOverlayImage( _
   ByVal index As Integer, _
   ByVal overlayImage As RasterImage, _
   ByVal mode As RasterGetSetOverlayImageMode _
) 
'Usage
 
Dim instance As RasterImage
Dim index As Integer
Dim overlayImage As RasterImage
Dim mode As RasterGetSetOverlayImageMode
 
instance.SetOverlayImage(index, overlayImage, mode)
- (BOOL)setOverlay:(nullable LTRasterImage *)overlayImage 
   forImageAtIndex:(NSInteger)index 
              mode:(LTRasterGetSetOverlayImageMode)mode 
             error:(NSError **)error
            
public void setOverlayImage(
  int index, 
  RasterImage overlayImage, 
  RasterGetSetOverlayImageMode mode
)
            
 function Leadtools.RasterImage.SetOverlayImage( 
   index ,
   overlayImage ,
   mode 
)

パラメーター

インデックス
imageを設定するオーバレイのインデックス。このインデックスは0から始まるで、MaxOverlays以下でなければなりません。
overlayImage
新しいオーバレイimage。これはnullでありえます、その場合には、対応するオーバレイimageは開放されます。
モード
なんて、imageを挿入するために、可能な値が以下の通りであるだろう決定します:
Mode 説明
RasterGetSetOverlayImageMode.Copy overlayImageのコピーは、オーバレイリストで挿入されます。
RasterGetSetOverlayImageMode.NoCopy overlayImageは、コピーを作成することなく、オーバレイリストに設定されます。オーバレイimageリストの項目を修正することができて/無効にすることができるので、overlayImageを修正することがいつかについて注意するはずです。
RasterGetSetOverlayImageMode.Move overlayImageは、オーバレイリストに移動されます。それも破棄されるので、それに変化をもたらすことができません。これは、RasterGetSetOverlayImageMode.NoCopyの上に推薦されます。
解説

このメソッドは(ドキュメント/Medicalのみ)ツールキットで利用できます。

overlayImageでこのメソッドを有効な像を指定して呼び出すことは、指定されたインデックスで古いオーバレイimageを開放して、overlayImageによって参照文に引用される新しいimageに、インデックスでオーバレイimageを設定します。

overlayImagenullであるならば、古いオーバレイimageは開放されます、そして、サイズは以下にリセットされます:

OverlayWidth = Image.ImageWidth - OverlayImage.Origin.X
OverlayHeight = Image.ImageHeight - OverlayImage.Origin.Y

モードRasterGetSetOverlayImageMode.NoCopyである、そして、overlayImage無効でない(何もない)ならば、imageはオーバレイ配列に現状のまま挿入されます。これは、overlayImageからデータを更新するときはいつでも、オーバレイimageがまた変更されることを意味します。オーバレイimageを無効にすることができるのでこのフラグを使うことが配列で保存したとき、すばらしい治療はされなければなりません。たとえば、オーバレイimageを破棄するならば、内部の配列からオーバレイimageによってポイントされるデータも開放されます、しかし、配列はこれが起こったということを知らないで、データポインタがまだ有効であると思います。オーバレイimageが何らかの方法でアクセスされるならば、クラッシュは発生します。データを速く設定するより安全な方法は、RasterGetSetOverlayImageMode.Moveを使うことです。

モードRasterGetSetOverlayImageMode.Moveであるならば、overlayImageからのデータはオーバレイ配列にコピーされます、そして、overlayImageオブジェクトは破棄されます。overlayImageオブジェクトで何でもすることができる、そして、これは、配列で保存されるオーバレイimageが影響を受けないだろうことを意味します。コピーが起こらないので、これはオーバレイimageを設定する最も効率的な方法です。

overlayImageは1ビットで、賢明すぎるimageを参照文に引用しなければなりません。そして、このメソッド意志スローが例外です。

詳細については、「オーバレイ概要」を参照してください。

サンプル
サンプルのために、参照します GetOverlayImage
必要条件

ターゲットプラットホーム

参照

参照

RasterImageクラス
RasterImageメンバ