LEADTOOLS(Leadtoolsアセンブリ)

フレームを表示

PremultiplyAlphaプロパティ








Silverlight WriteableBitmapを使うとき、プリマルチプライ済みアルファチャンネル値の自動処理を有効または無効にします。
構文
public bool PremultiplyAlpha {get; set;}
'Declaration
 
Public Property PremultiplyAlpha As Boolean
'Usage
 
Dim instance As RasterImage
Dim value As Boolean
 
instance.PremultiplyAlpha = value
 
value = instance.PremultiplyAlpha
public bool PremultiplyAlpha {get; set;}
@property (nonatomic, assign) BOOL premultiplyAlpha
public boolean getPremultiplyAlpha()
public void setPremultiplyAlpha(boolean value)
            
 <br/>get_PremultiplyAlpha();<br/>set_PremultiplyAlpha(value);<br/>Object.defineProperty('PremultiplyAlpha'); 
public:
property bool PremultiplyAlpha {
   bool get();
   void set (    bool value);
}

属性値

自動的にプリマルチプライ済みアルファチャンネル値を処理するのにLEADTOOLSを見込む場合はTrue;それ以外の場合はFalseです。
解説

このプロパティは、32ビットイメージに適用するだけです。このプロパティは、画像データのメモリ保管のためにWriteableBitmapを使用する場合のみ影響します。

このプロパティがTrueに設定されるとき、LEADTOOLSはWriteableBitmapにpremultipledされたアルファ値を保存するために自動的に必須の変換をします。意味あるアルファチャネルを持たない32ビット画像を扱う場合は、このプロパティをFalseに設定して下さい。

このプロパティをTrueに設定すると、画像処理関数が遅くなります。画像に意味のあるアルファチャネルがあることが分かっている場合のみ、これを使用します。

必要条件

ターゲットプラットホーム

参照

参照

RasterImageクラス
RasterImageメンバ
RasterMemoryFlags.WriteableBitmap
RasterImageConverter.ConvertToSource
ConvertToSourceOptions.AutoDetectAlpha
ConvertFromSourceOptions.AutoDetectAlpha
DetectAlphaCommand
CodecsLoadOptions.UseWriteableBitmap
CodecsLoadOptions.AutoDetectAlpha