LEADTOOLS(Leadtoolsアセンブリ)

フレームを表示

PaintLowBitプロパティ








画像描画低位ビット値を取得または設定します。
構文
public int PaintLowBit {get; set;}
'Declaration
 
Public Property PaintLowBit As Integer
'Usage
 
Dim instance As RasterImage
Dim value As Integer
 
instance.PaintLowBit = value
 
value = instance.PaintLowBit
public int PaintLowBit {get; set;}
@property (nonatomic, assign) NSInteger paintLowBit
public int getPaintLowBit()
public void setPaintLowBit(int value)
            
 <br/>get_PaintLowBit();<br/>set_PaintLowBit(value);<br/>Object.defineProperty('PaintLowBit'); 
public:
property int PaintLowBit {
   int get();
   void set (    int value);
}

属性値

描画のために使われる低位ビットを示している値。
解説

低位ビット値は以下の通りです:0の≦PaintLowBitPaintHighBit≦(12ビットのグレースケールの場合は11、16ビットのグレースケールは15)。-1の値は、0とみなされます。

PaintHighBitと一緒のこのプロパティが、WindowLevelが呼び出されるLEADTOOLSによって、内部的に使われます。

サンプル
サンプルのために、参照します WindowLevel
必要条件

ターゲットプラットホーム

参照

参照

RasterImageクラス
RasterImageメンバ