LEADTOOLS(Leadtoolsアセンブリ)

フレームを表示

GetRegionメソッド








表示座標と画像座標の間で変換するために使用するRasterRegionXFormオブジェクト。このパラメーターのためにnullを指定するならば、スカラー場は1にデフォルトでなります、オフセットは0にデフォルトでなります、そして、ビューの視点と方向はimageビューの視点と方向にデフォルトでなります。
このRasterImageの現在のリージョンを説明するRasterRegionオブジェクトを取得します。
構文
public RasterRegion GetRegion( 
   RasterRegionXForm xform
)
'Declaration
 
Public Function GetRegion( _
   ByVal xform As RasterRegionXForm _
) As RasterRegion
'Usage
 
Dim instance As RasterImage
Dim xform As RasterRegionXForm
Dim value As RasterRegion
 
value = instance.GetRegion(xform)
public RasterRegion GetRegion( 
   RasterRegionXForm xform
)
- (nullable LTRasterRegion *)getRegion:(nullable LTRasterRegionXForm *)xform error:(NSError **)error
public RasterRegion getRegion(RasterRegionXForm xform)
 function Leadtools.RasterImage.GetRegion( 
   xform 
)
public:
RasterRegion^ GetRegion( 
   RasterRegionXForm^ xform
) 

パラメーター

xform
表示座標と画像座標の間で変換するために使用するRasterRegionXFormオブジェクト。このパラメーターのためにnullを指定するならば、スカラー場は1にデフォルトでなります、オフセットは0にデフォルトでなります、そして、ビューの視点と方向はimageビューの視点と方向にデフォルトでなります。

戻り値

このRasterImage流リージョンを説明するRasterRegionオブジェクト。
解説

現在のimageリージョン(使用SetRegion)を説明するRasterRegionオブジェクトを設定するか、更新しました。

imageがリージョンを持っていないならば、このメソッドは空のRasterRegionを返しますオブジェクト。

RasterRegionクラスは、GDI、GDI+、WPFとSilverlightなどのLEADTOOLSによってサポートされる任意のプラットホームで使われることができるimageで、関心部分のプラットホームから独立した表現を提供します。RasterRegionクラスは、byte配列にそれをリージョンデータを操作して、保存して/ロードするために、広範囲なメソッドとプロパティを格納します。

装置依存のリージョンへ/からLEADTOOLS RasterRegionオブジェクトを変換するために、以下のヘルパークラスを使用することができます:

RasterRegionクラスはIDisposableなインターフェースを実装します、呼び出さなければならないように、それを使った後に作成する任意のリージョンオブジェクトの上で破棄します

詳細については、「リージョンの作成」を参照してください。

詳細については、「リージョンの保存」を参照してください。

詳細については、「既存のリージョンの操作」を参照してください。

サンプル
サンプルのために、参照しますRasterRegion
必要条件

ターゲットプラットホーム

参照

参照

RasterImageクラス
RasterImageメンバ