LEADTOOLS(Leadtoolsアセンブリ)

フレームを表示

GetObjectDataメソッド(RasterImage)








データで値を入力するSerializationInfo
ソースに関する文脈上の情報またはシリアル化のデスティネーション。
このオブジェクトをシリアル化するために必要なデータを指定されたSerializationInfoに入れます。
構文
public virtual void GetObjectData( 
   SerializationInfo info,
   StreamingContext context
)
'Declaration
 
Public Overridable Sub GetObjectData( _
   ByVal info As SerializationInfo, _
   ByVal context As StreamingContext _
) 
'Usage
 
Dim instance As RasterImage
Dim info As SerializationInfo
Dim context As StreamingContext
 
instance.GetObjectData(info, context)
public virtual void GetObjectData( 
   SerializationInfo info,
   StreamingContext context
)
 function Leadtools.RasterImage.GetObjectData( 
   info ,
   context 
)
public:
virtual void GetObjectData( 
   SerializationInfo^ info,
   StreamingContext context
) 

パラメーター

情報
データで値を入力するSerializationInfo
コンテキスト
ソースに関する文脈上の情報またはシリアル化のデスティネーション。
解説

このメソッドは、ISerializable.GetObjectDataを実装します。

RasterImageクラスは、標準的な.NETシリアル化をサポートします。RasterImageがそれがそうであることがありえるフォームへのRasterImageオブジェクトの状態が持続したことを変換するプロセスであるか、輸送したシリアル化。シリアル化を補完するのが、ストリームをRasterImageオブジェクトに変換するデシリアライゼーションです。こうしたプロセスにより画像データの保管と転送が容易になります。

RasterImageオブジェクトをシリアル化するとき、オブジェクトの内側のすべてのデータは保存されます。他のワードに現在のページ番号、リージョン情報、低位ビット/高位ビット、パレットデータ、メタデータ(タグ、マーカーとコメント)などだけでなくすべてのページの画像データをこんなに含めます、RasterImageはストリームからその常態へ構築されることができます。

RasterImageオブジェクトのシリアル化に関する詳細な情報と例のために、RasterImageシリアル化を参照します。

このメソッドは、RasterImageをシリアル化するとき、圧縮を使うべきかどうか決定するために、RasterDefaults.CompressOnSerializeの値を使いますオブジェクト。

サンプル
サンプルのために、参照します#ctor
必要条件

ターゲットプラットホーム

参照

参照

RasterImageクラス
RasterImageメンバ