LEADTOOLS(Leadtoolsアセンブリ)

フレームを表示

FromDibArrayメソッド








Windows DIBを格納しているデータ。
Byteは、データが開始するhdibにオフセットしました。
マネージ配列で保存される指定されたWindowsデバイス非依存ビットマップ(DIB)から、新しいimageを作成します。
構文
public static RasterImage FromDibArray( 
   byte[] hdib,
   int offset
)
'Declaration
 
Public Shared Function FromDibArray( _
   ByVal hdib() As Byte, _
   ByVal offset As Integer _
) As RasterImage
'Usage
 
Dim hdib() As Byte
Dim offset As Integer
Dim value As RasterImage
 
value = RasterImage.FromDibArray(hdib, offset)
public static RasterImage FromDibArray( 
   byte[] hdib,
   int offset
)
 function Leadtools.RasterImage.FromDibArray( 
   hdib ,
   offset 
)
public:
static RasterImage^ FromDibArray( 
   array<byte>^ hdib,
   int offset
) 

パラメーター

hdib
Windows DIBを格納しているデータ。
オフセット
Byteは、データが開始するhdibにオフセットしました。

戻り値

新しく作成されたRasterImageオブジェクト。
解説

このメソッドが完了すると、メモリには2つのimageが存在します:オリジナルのDIBとそれが作成するRasterImage。片方を開放しても他方に影響しません。

このメソッドは、標準的なDIB形式(BI_RGBとBI_BITFIELDS)、および、一部のキャプチャカード出力のためのFOURCC(4文字コード)形式をサポートします。

これらは、LEADTOOLSが現在サポートするFOURCCです:

YVU9(YUV9)、I420(YUV12)、YUV2、YV12、IF09、IYUV、UYVY、cyuv、YUY2、YVYU、Y41P、Y211、Y41T、Y42T。

このメソッドは、符合付きイメージをサポートしません。

DDBとDIBの詳細については、「DIB、DDBおよびクリップボードの使用」を参照してください。

サンプル
サンプルのために、参照します ToDibArray
必要条件

ターゲットプラットホーム

参照

参照

RasterImageクラス
RasterImageメンバ