LEADTOOLS(Leadtoolsアセンブリ)

フレームを表示

CreateFromIntPtrメソッド








画像データに割り当てるメモリの型を示しているRasterMemoryFlags列挙体メンバの組合せ。
ピクセルのimageの幅。
ピクセルのimageの高さ。

ピクセルあたりのビット数。

有効値は、0、1、2、3、4、5、6、7、8、12、16、24、32、48、と64です。

8ビットグレースケールimageを作成するために、0を使います。その場合、メソッドは命令パレットパラメータを無視します。

16-、24-、32-、48-と64ビットイメージのためのカラーオーダー。

パレット画像に順序はないため、生じる画像のビット数が16未満であっても影響はありません。

imageの始まりがどこで保存されるかについて指定します。

ほとんどのファイル形式は左下隅から始まりますが、一部の形式は左上隅から開始します。

imageが使うパレット。ユーザー自身のパレットを指定することも、LEADの固定パレットでNULLを使用することもできます。bitsPerPixelが8以下の時だけ、パレットメンバが使われます。

フラグを立てるとき、画像データを格納するアンマネージデータポインタは、RasterMemoryFlags.Userです。

このデータは、4本のバイト境界で位置合わせされなければなりません。userDataがIntPtr.Zeroである場合、画像を使用する前にSetUserDataメソッドを呼び出すことによって、データポインタは後から渡します。

データのバイトのlengthは、userDataに渡しました。使われる時だけ、userDataがIntPtr.Zeroとフラグでない時はRasterMemoryFlags.Userです。
指定された指標を用いて新しいRasterImageを作成します。
構文
'Declaration
 
Public Shared Function CreateFromIntPtr( _
   ByVal flags As RasterMemoryFlags, _
   ByVal width As Integer, _
   ByVal height As Integer, _
   ByVal bitsPerPixel As Integer, _
   ByVal order As RasterByteOrder, _
   ByVal viewPerspective As RasterViewPerspective, _
   ByVal palette() As RasterColor, _
   ByVal userData As IntPtr, _
   ByVal userDataLength As Long _
) As RasterImage
'Usage
 
Dim flags As RasterMemoryFlags
Dim width As Integer
Dim height As Integer
Dim bitsPerPixel As Integer
Dim order As RasterByteOrder
Dim viewPerspective As RasterViewPerspective
Dim palette() As RasterColor
Dim userData As IntPtr
Dim userDataLength As Long
Dim value As RasterImage
 
value = RasterImage.CreateFromIntPtr(flags, width, height, bitsPerPixel, order, viewPerspective, palette, userData, userDataLength)
 function Leadtools.RasterImage.CreateFromIntPtr( 
   flags ,
   width ,
   height ,
   bitsPerPixel ,
   order ,
   viewPerspective ,
   palette ,
   userData ,
   userDataLength 
)

パラメーター

フラグ
画像データに割り当てるメモリの型を示しているRasterMemoryFlags列挙体メンバの組合せ。
ピクセルのimageの幅。
高さ
ピクセルのimageの高さ。
bitsPerPixel

ピクセルあたりのビット数。

有効値は、0、1、2、3、4、5、6、7、8、12、16、24、32、48、と64です。

8ビットグレースケールimageを作成するために、0を使います。その場合、メソッドは命令パレットパラメータを無視します。

順序

16-、24-、32-、48-と64ビットイメージのためのカラーオーダー。

パレット画像に順序はないため、生じる画像のビット数が16未満であっても影響はありません。

viewPerspective

imageの始まりがどこで保存されるかについて指定します。

ほとんどのファイル形式は左下隅から始まりますが、一部の形式は左上隅から開始します。

パレット
imageが使うパレット。ユーザー自身のパレットを指定することも、LEADの固定パレットでNULLを使用することもできます。bitsPerPixelが8以下の時だけ、パレットメンバが使われます。
userData

フラグを立てるとき、画像データを格納するアンマネージデータポインタは、RasterMemoryFlags.Userです。

このデータは、4本のバイト境界で位置合わせされなければなりません。userDataがIntPtr.Zeroである場合、画像を使用する前にSetUserDataメソッドを呼び出すことによって、データポインタは後から渡します。

userDataLengthな
データのバイトのlengthは、userDataに渡しました。使われる時だけ、userDataがIntPtr.Zeroとフラグでない時はRasterMemoryFlags.Userです。

戻り値

新しく作成されたRasterImageオブジェクト。
解説

12と16ビットグレースケールイメージのサポートは、Document/Medicalイメージングエディションのみで利用できます。

RasterMemoryFlags.Tiledイメージへアクセスする際に、スピードが若干犠牲になります(損失)。したがって、それがすべてのイメージの用途に、推薦されるというわけではありません。

(イメージが用いられないRasterMemoryFlags.Tiled)デフォルト。RasterMemoryFlags.Conventional画像の作成に失敗し、RasterMemoryFlags.NoTiledが指定されなかった場合のみ、作成されます。

以下は、ビットマップの異なったタイプをリストします:

RasterMemoryFlags.Userを渡すならば、画像データを開放する役割を果たします。

RasterMemoryFlags.Userのimageを作成することは、メモリを画像データに割り当てません。代わりに、データポインタuserDataが使われます。利用者データでRasterImageを作成するとき、IsConventionalMemoryIsMirroredフラグ両方はtrueに設定されます。若干の画像処理コマンドは、RotateCommandなどの、画像データを再配分する必要があります。画像をRasterMemoryFlags.Userで作成し、これらのメソッドに渡す場合、データは内部で再配置され、imageオブジェクトではuserData内のデータを使わなくなります。

詳細については、「ビューの視点と方向について」を参照してください。

詳細については、「グレースケールイメージ」を参照してください。

必要条件

ターゲットプラットホーム

参照

参照

RasterImageクラス
RasterImageメンバ