LEADTOOLS(Leadtoolsアセンブリ)

フレームを表示

RasterCommentMetadataType列挙体








利用できるメタデータのリストは、コメントします。
構文
public enum RasterCommentMetadataType : System.Enum, System.IComparable, System.IConvertible, System.IFormattable  
'Declaration
 
Public Enum RasterCommentMetadataType 
   Inherits System.Enum
   Implements System.IComparable, System.IConvertible, System.IFormattable 
'Usage
 
Dim instance As RasterCommentMetadataType
public enum RasterCommentMetadataType : System.IComparable, System.IConvertible, System.IFormattable  
typedef NS_ENUM(NSInteger, LTRasterCommentMetadataType)
public enum RasterCommentMetadataType
Leadtools.RasterCommentMetadataType = function() { };
Leadtools.RasterCommentMetadataType.prototype = {<br/>
  Artist = 0,
	Copyright = 1,
	DateTime = 2,
	Description = 3,
	HostComputer = 4,
	Make = 5,
	Model = 6,
	NameOfDocument = 7,
	NameOfPage = 8,
	Software = 9,
	PatientName = 10,
	PatientId = 11,
	PatientBirthdate = 12,
	PatientSex = 13,
	StudyInstance = 14,
	StudyDate = 15,
	StudyTime = 16,
	StudyReferringPhysician = 17,
	SeriesModality = 18,
	SeriesId = 19,
	SeriesNumber = 20,
	ExifVersion = 21,
	DateTimeOriginal = 22,
	DateTimeDigitized = 23,
	ShutterSpeedValue = 24,
	Aperture = 25,
	Brightness = 26,
	ExposureBias = 27,
	MaxAperture = 28,
	SubjectDistance = 29,
	MeteringMode = 30,
	LightSource = 31,
	Flash = 32,
	FocalLength = 33,
	ExposureTime = 34,
	FNumber = 35,
	MakerNote = 36,
	UserComment = 37,
	SubSecTime = 38,
	SubSecTimeOriginal = 39,
	SubSecTimeDigitized = 40,
	GpsVersionId = 41,
	GpsLatitudeRef = 42,
	GpsLatitude = 43,
	GpsLongitudeRef = 44,
	GpsLongitude = 45,
	GpsAltitudeRef = 46,
	GpsAltitude = 47,
	GpsTimestamp = 48,
	GpsSatellites = 49,
	GpsStatus = 50,
	GpsMeasureMode = 51,
	GpsDop = 52,
	GpsSpeedRef = 53,
	GpsSpeed = 54,
	GpsTrackRef = 55,
	GpsTrack = 56,
	GpsImageDirectionRef = 57,
	GpsImageDirection = 58,
	GpsMapDatum = 59,
	GpsDestinationLatitudeRef = 60,
	GpsDestinationLatitude = 61,
	GpsDestinationLongitudeRef = 62,
	GpsDestinationLongitude = 63,
	GpsDestinationBearingRef = 64,
	GpsDestinationBearing = 65,
	GpsDestinationDistanceRef = 66,
	GpsDestinationDistance = 67,
	SupportedFlashPixVersion = 158,
	ColorSpace = 159,
	ExposureProgram = 160,
	SpectralSensitivity = 161,
	IsoSpeedRatings = 162,
	OptoElectricCoefficient = 163,
	RelatedSoundFile = 164,
	FlashEnergy = 165,
	SpatialFrequencyResponse = 166,
	FocalPlaneXResolution = 167,
	FocalPlaneYResolution = 168,
	SubjectLocation = 169,
	ExposureIndex = 170,
	SensingMethod = 171,
	FileSource = 172,
	SceneType = 173,
	CfaPattern = 174,
	Title = 175,
	Disclaimer = 176,
	Warning = 177,
	Misc = 178,
	Jpeg2000Binary = 179,
	Jpeg2000Latin = 180,
	IptcFirst = 181,
	IptcVersion = 181,
	IptcObjectTypeReference = 182,
	IptcObjectAttributeReference = 183,
	IptcObjectName = 184,
	IptcEditStatus = 185,
	IptcEditorialUpdate = 186,
	IptcUrgency = 187,
	IptcSubjectReference = 188,
	IptcCategory = 189,
	IptcSupplementalCategory = 190,
	IptcFixtureIdentifier = 191,
	IptcKeywords = 192,
	IptcContentLocationCode = 193,
	IptcContentLocationName = 194,
	IptcReleaseDate = 195,
	IptcReleaseTime = 196,
	IptcExpirationDate = 197,
	IptcExpirationTime = 198,
	IptcSpecialInstructions = 199,
	IptcActionAdvised = 200,
	IptcReferenceService = 201,
	IptcReferenceDate = 202,
	IptcReferenceNumber = 203,
	IptcDateCreated = 204,
	IptcTimeCreated = 205,
	IptcDigitalCreationDate = 206,
	IptcDigitalCreationTime = 207,
	IptcOriginatingProgram = 208,
	IptcProgramVersion = 209,
	IptcObjectCycle = 210,
	IptcByline = 211,
	IptcBylineTitle = 212,
	IptcCity = 213,
	IptcSubLocation = 214,
	IptcProvinceState = 215,
	IptcPrimaryLocationCode = 216,
	IptcPrimaryLocationName = 217,
	IptcOriginalTransmissionReference = 218,
	IptcHeadline = 219,
	IptcCredit = 220,
	IptcSource = 221,
	IptcCopyright = 222,
	IptcContact = 223,
	IptcCaption = 224,
	IptcAuthor = 225,
	IptcLanguageIdentifier = 226,
	IptcLast = 226,
	SubjectArea = 227,
	CustomRendered = 228,
	ExposureMode = 229,
	WhiteBalance = 230,
	DigitalZoomRatio = 231,
	FocalLengthIn35MMFilm = 232,
	SceneCaptureType = 233,
	GainControl = 234,
	Contrast = 235,
	Saturation = 236,
	Sharpness = 237,
	DeviceSettingDescription = 238,
	SubjectDistanceRange = 239,
	ImageUniqueId = 240,
	GpsProcessingMethod = 241,
	GpsAreaInformation = 242,
	GpsDateStamp = 243,
	GpsDifferential = 244,
	FocalPlaneResolutionUnit = 245,
	Gamma = 246,
	
 };
public enum class RasterCommentMetadataType : public System.Enum, System.IComparable, System.IConvertible, System.IFormattable  
メンバ
メンバ説明
0Artistimageを作成した人。(TIFFコメント)
1Copyright著作権に関する通知。(TIFFコメント)
2DateTime日付時間(YYYY:MM:DD HH:MM:SS)。フィールド長は20です。そして、NULLターミネータを数えます。(TIFFコメント)
3Descriptionimageの説明。(TIFFコメント)
4HostComputer使用中のコンピュータとオペレーティングシステム。(TIFFコメント)
5Makeimageを作成するために使用した器材のメーカー。(TIFFコメント)
6Model器材のモデル名とモデル番号。(TIFFコメント)
7NameOfDocument画像のスキャン元のドキュメントの名前。(TIFFコメント)
8NameOfPage画像のスキャン元のページ名。(TIFFコメント)
9Softwareimageを作成するために使用したソフトウェアパッケージの名前とバージョン。(TIFFコメント)
10PatientNamePatient名(DICOM)
11PatientIdPatient ID(DICOM)
12PatientBirthdatePatient生年月日(DICOM)
13PatientSexPatient性別(DICOM)
14StudyInstanceStudyインスタンスID(DICOM)
15StudyDateStudy日付(DICOM)
16StudyTime試験期間(DICOM)
17StudyReferringPhysician照会している医師(DICOM)
18SeriesModalityシリーズモダリティ(DICOM)
19SeriesIdシリーズID(DICOM)
20SeriesNumberシリーズ番号(DICOM)
21ExifVersionExifバージョン。LEADTOOLSでは、この値は常に0110と表記します。これはバージョンが1.1という意味です。データ型。RasterCommentMetadataDataType.Ascii.length:4。
22DateTimeOriginalオリジナルのimageがキャプチャされる日付と時刻。形式はYYYY:MM:DD HH:MM:SS(年:月:日:時:分:秒)です。時刻は24時間形式で、日付と時刻の左側に空白スペースが入ります。データ型。RasterCommentMetadataDataType.Ascii.length:20.
23DateTimeDigitizedファイルが生成される日付と時刻。ファイルが直接生成される場合、デジタルカメラの場合と同様に、オリジナルのimageがキャプチャされる時刻と同じです。データ型。RasterCommentMetadataDataType.Ascii.length:20.
24ShutterSpeedValueシャッター速度。単位は、APEXです。データ型。RasterCommentMetadataDataType.Rational。length:1。
25Aperture絞り指数。これは、焦点距離のためのレンズ口径の比率です。単位は、APEXです。データ型。RasterCommentMetadataDataType.URational.length:1。
26Brightness明度値。データ型。RasterCommentMetadataDataType.Rational。length:1。
27ExposureBias曝射偏り。これは、偏った曝射を修正するための値です。単位は、APEXです。データ型。RasterCommentMetadataDataType.Rational。length:1。
28MaxAperture最小レンズF番号。データ型。RasterCommentMetadataDataType.URational.length:1。
29SubjectDistanceレンズから対象までの距離(単位メートル)データ型。RasterCommentMetadataDataType.URational.length:1。
30MeteringMode測光モード。設定可能な値は、以下の通りです。
0 未確認の
1 平均
2 中央部重点平均
3
4 マルチ点
5 パターン
6 部分的な
255

データ型。SHORT。length:1。

31LightSource光源。設定可能な値は、以下の通りです。
0 未確認の
1 日光
2 蛍光
3 タングステンランプ
17 標準光源A
18 標準光源B
19 標準光源C
20 D55
21 D65
22 D75
255

データ型。SHORT。length:1。

32Flashフラッシュのオン/オフ。オンが1でオフが0。データ型。SHORT。length:1。

「Exifコメントのためのすべての可能な値のためのExif仕様」を参照してください。
33FocalLength焦点距離(ミリメートルで測られる)。データ型。RasterCommentMetadataDataType.URational.length:1。
34ExposureTime照射時間(コンマ1秒として表される)。データ型。RasterCommentMetadataDataType.URational.length:1。
35FNumber実際のレンズF停止(レンズ口径と焦点距離の比)。データ型。RasterCommentMetadataDataType.URational.length:1。
36MakerNoteメーカーメモ。データ型。RasterCommentMetadataDataType.Ascii.ファイルの作成者がデータフォーマットを決めます。
37UserCommentユーザーコメント。データ型。RasterCommentMetadataDataType.Ascii.length:変数。最初の8バイトでデータフォーマットを指定し、コメントの残りの部分は指定した形式になります。最初の8バイトは、以下のいずれかになります。
41 53 43 49 49 00 00 00 ASCII
4A 49 53 00 00 00 00 00 JIS(日本語)
00 00 00 00 00 00 00 00 未定義。
38SubSecTimeRasterCommentMetadataType.DateTimeフィールドで指定される秒の小数部。データ型。RasterCommentMetadataDataType.Ascii.length:変数。
39SubSecTimeOriginalRasterCommentMetadataType.DateTimeOriginalフィールドで指定される秒の小数部。データ型。RasterCommentMetadataDataType.Ascii.length:変数。
40SubSecTimeDigitizedRasterCommentMetadataTypeで指定される秒の小数部。DateTimeDigitizedフィールド。データ型。RasterCommentMetadataDataType.Ascii.length:変数。
41GpsVersionIdGPS imageファイルディレクトリ(IFD)のバージョンナンバ。最新版は、2.0.0.0です。任意のGPSコメントが使われるとき、このコメントは含まれなければなりません。RasterCommentMetadataType.ExifVersionコメントとは異なり、このコメントは、バイトで書き込まれます。2.0.0.0として書き込まれるバージョンは、コード化されるとき、実際に0x02000000です。データ型。BYTE。length:4。
42GpsLatitudeRef北であるか南のラチチュード。設定可能な値は、北のための「N」と南のための「S」です。データ型。RasterCommentMetadataDataType.Ascii.length:2。
43GpsLatitude緯度。3つのRasterCommentMetadataDataType.URational値で表現します。程度、分と数秒で表されるとき、ラチチュードはdd/1、mm/1、ss/1として書き込まれます。程度と分が単位として使われるならば、そして、分は2つの小数位に分数で書き込まれます、そして、ラチチュードはdd/1(mmmm/100,0/1)として表されます。データ型。RasterCommentMetadataDataType.URational.length:3。
44GpsLongitudeRef東または西の経度。設定可能な値は、東のための「E」と西のための「W」です。データ型。RasterCommentMetadataDataType.Ascii.length:2。
45GpsLongitude経度(3つのRasterCommentMetadataDataType.URational値として表される)。程度、分と数秒で表されるとき、経度はddd/1、mm/1、ss/1として書き込まれます。程度と分が単位として使われるならば、そして、分は2つの小数位に分数で書き込まれます、そして、経度はdd/1(mmmm/100,0/1)として表されます。データ型。RasterCommentMetadataDataType.URational.length:3。
46GpsAltitudeRef参照高度。最新版では、海面が参照として使われます。そして、それはゼロでなければなりません。参照単位は、メーターです。データ型。BYTE。length:1。
47GpsAltitude高度(参照高度と比較して、メーターの)。データ型。RasterCommentMetadataDataType.URational.length:1。
48GpsTimestampUTC(協定世界時)時間のタイムスタンプ。時・分・秒を3つのRasterCommentMetadataDataType.URational値で表現します。データ型。RasterCommentMetadataDataType.URational.length:3。
49GpsSatellites測定のために使われるGPS衛星。コーディング形式は、明記されません。このコメントは、衛星、衛星数、衛星迎角、そのアジマスとそのSNRの数などの情報をコード化するのに用いられることができます。GPSレシーバーが測定をすることができないならば、このコメントはNULLです。データ型。RasterCommentMetadataDataType.Ascii.length:変数。
50GpsStatusimageが記録される時のGPSレシーバーのステータス。設定可能な値は、測定が進捗中の場合は「A」、測定が中断される場合は「V」。データ型。RasterCommentMetadataDataType.Ascii.length:2。
51GpsMeasureModeGPS測定モード。「2」の値は二次元の測定を識別します、そして、「3」は3次元測定を識別します。データ型。RasterCommentMetadataDataType.Ascii.length:2。
52GpsDopDOP(データ精度)値。このコメントは、二次元の測定の間のHDOP値と3次元測定の間のPDOP値です。データ型。RasterCommentMetadataDataType.URational.length:1。
53GpsSpeedRef速度を計るための単位。設定可能な値は、キロメートルのための「K」、マイルのための「M」と結び目のための「N」です。データ型。RasterCommentMetadataDataType.Ascii.length:2。
54GpsSpeedGPSレシーバーの速度。データ型。RasterCommentMetadataDataType.URational.length:1。
55GpsTrackRef運動の方向のための参照。設定可能な値は、true方向のための「T」と磁性物質のための「M」です。データ型。RasterCommentMetadataDataType.Ascii.length:2
56GpsTrackGPSレシーバー運動の方向。値の範囲は、0.00~359.00です。データ型。RasterCommentMetadataDataType.URational.length:1。
57GpsImageDirectionRef記録されたimageの写真撮影の方向のための参照。設定可能な値は、true方向のための「T」と磁性物質のための「M」です。データ型。RasterCommentMetadataDataType.Ascii.length:2。
58GpsImageDirection記録されたimageの写真撮影の方向。値の範囲は、0.00~359.00です。データ型。RasterCommentMetadataDataType.URational.length:1。
59GpsMapDatumレシーバーにより用いられる測地測量データ。測地測量データが日本に制限されるならば、このタグ値は「TOKYO」または「WGS-84」です。データ型。RasterCommentMetadataDataType.Ascii.length:変数。
60GpsDestinationLatitudeRef着信号局のための北であるか南のラチチュード。設定可能な値は、北のための「N」と南のための「S」です。データ型。RasterCommentMetadataDataType.Ascii.length:2。
61GpsDestinationLatitude着信号局のラチチュード。ラチチュードは3つのRasterCommentMetadataDataType.URationalvaluesとして表されます。そして、程度、分と数秒を示します。データ型。RasterCommentMetadataDataType.URational.length:3。
62GpsDestinationLongitudeRef着信号局のための東または西の経度。設定可能な値は、東のための「E」と西のための「W」です。データ型。RasterCommentMetadataDataType.Ascii.length:2。
63GpsDestinationLongitude着信号局の経度。経度は3つのRasterCommentMetadataDataType.URationalvaluesとして表されます。そして、程度、分と数秒を示します。データ型。RasterCommentMetadataDataType.URational.length:3。
64GpsDestinationBearingRef着信号局への関係のための参照。設定可能な値は、true方向のための「T」と磁性物質のための「M」です。データ型。RasterCommentMetadataDataType.Ascii.length:2。
65GpsDestinationBearing着信号局への関係。値の範囲は、0.00~359.00です。データ型。RasterCommentMetadataDataType.URational.length:1。
66GpsDestinationDistanceRef距離を着信号局に調整するための単位。設定可能な値は、キロメートルのための「K」、マイルのための「M」と海里のための「N」です。データ型。RasterCommentMetadataDataType.Ascii.length:2。
67GpsDestinationDistance着信号局までの距離。データ型。RasterCommentMetadataDataType.URational.length:1。
158SupportedFlashPixVersionFlashPixバージョン(Exif 2.0)をサポートします。LEADTOOLSは、常にここで0100を書き込みます。データ型。RasterCommentMetadataDataType。未定義。length:4
159ColorSpaceカラースペース(Exif 2.0)。カラーが較正されるかどうか指定します。この値は、常に1と書き込みます。データ型。SHORT。length:1。設定可能な値は、以下の通りです。
1 sRGB(PCモニター状況)
0xFFFF 較正されません。
確保されます
160ExposureProgramピクチャがとられるとき、曝射はカメラにより用いられるプログラムのクラスが曝射を設定するようにプログラムします(Exif 2.0)。データ型。SHORT。length = 1。設定可能な値は、以下の通りです。
0 未定義
1 マニュアル
2 開口プライオリティー
4 シャッタープライオリティー
5 創造的なプログラム(被写界深度の方へ偏る)
6 行動計画(高速シャッター速度の方へ偏る)
7 ポートレートモード(焦点がずれている背景による接写写真のために)
確保されます
161SpectralSensitivityスペクトル感度(Exif)-使われるカメラの各々のチャネルのスペクトル感度。ASTM技術委員会によって策定された標準と互換性のあるASCII文字列。データ型。RasterCommentMetadataDataType.Ascii.length:何でも
162IsoSpeedRatingsISO感度(Exif) ― ISO感度とISO 12232データで規定したカメラまたは入力装置のISOラチチュード ― 型。SHORT。length:何でも
163OptoElectricCoefficient光電気係数(Exif)- ISO 14524で規定された光電気変換関数。OECFは、カメラ光学入力とimage値の関係です。データ型。RasterCommentMetadataDataType。未定義。length:何でも。m行とn列からなる配列です。
164RelatedSoundFile関連オーディオファイル(Exif)-画像データに関連するオーディオファイルの名前。名前は、8つのASCII文字+ '.(ピリオド)' +拡張子3文字+ NULLでなければなりません。データ型。RasterCommentMetadataDataType.Ascii.length:13.
165FlashEnergyフラッシュエネルギー(Exif)-imageがキャプチャされる(単位はビーム燭光/秒。データ型)時のストローブエネルギー:RasterCommentMetadataDataType.URational.length:1
166SpatialFrequencyResponse空間周波数応答(Exif)-ISO12233に規定されるように、画像の幅、高さおよび斜め方向におけるカメラまたは入力装置の空間周波数テーブルおよびSFR値。データ型。RasterCommentMetadataDataType.Ascii.length:ANY。m行とn列の配列です。
167FocalPlaneXResolution焦点面のX解像度 (Exif) - 画像の幅(X)方向におけるカメラの焦点面上の解像度ごとのドット数単位。
168FocalPlaneYResolution焦点面Y解像度(Exif)-image高さ(Y)方向のカメラ焦点面の上のドット/インチの数
169SubjectLocation対象の場所(Exif)- シーン内の主な対象の場所。1つ目の値はX列数。2つ目はY列数。データ型。SHORT。length:2
170ExposureIndex露光指数(Exif)-カメラまたは入力装置のイメージセンサ型。データ型。SHORT。length:1
171SensingMethod検知手法(Exif)-カメラまたは入力装置のイメージセンサ型。データ型。SHORT。length:1。設定可能な値は、以下の通りです。
1 未定義
2 ワンチップカラー領域センサー
3 2-チップカラー領域センサー
4 3-チップカラー領域センサー
5 カラーシーケンシャルな領域センサー
7 3本の線のセンサー
8 カラーシーケンシャルセンサ
確保されます
172FileSourceファイルソース(Exif)- 画像ソース。デジタルカメラがimageを記録するならば、imageがデジタルカメラで記録されたことを示すために、値は常に3であるでしょう。データ型。SHORT。length:1。設定可能な値は、以下の通りです。
3 imageは、DSC(デジタルスチルカメラ)の上で記録されます
確保されます
173SceneType場面型(Exif)-場面の型。DSCがimageを記録するならば、この値は常に1であるでしょう。そして、imageが直接写真を撮られたことを示します。データ型。RasterCommentMetadataDataType.Ascii.length:1。設定可能な値は、以下の通りです。
1 直接写真を撮られたimage
確保されます
174CfaPatternCFAパターン(Exif)-幾何学的なカラーフィルタ配列(CFA)は、ワンチップカラーセンサが適用された時をイメージセンサのパターン化します。それは、他のどの検出メソッドにも適用しません。データ型。RasterCommentMetadataDataType。未定義。length:ANY。これは、配列m x n (horz x vertical)です。パターンは、水平軸上でmピクセルごとに、垂直軸上でnピクセルごとに繰り返されます。
175Titleimageのタイトル。
176Disclaimerimageを作成するために使用したソフトウェアの免責事項を格納しているString。
177Warning画像制作に使用したソフトウェアの注意事項
178Miscその他の情報。
179Jpeg2000BinaryJPEG 2000バイナリコメント。
180Jpeg2000LatinJPEG 2000 Latinコメント。
181IptcFirst最初のIPTCは、すべてのIPTCコメントを取得するためにコメントして、ループカウンタとしてコメント型定数を使います。最初の定数はRasterCommentMetadataType.IptcFirstです、そして、最後はRasterCommentMetadataType.IptcLastです。
181IptcVersion2:0、IPTCコメント(読取り専用)のバージョン。非繰返し性(min=2バイト、max=2)。これは、バイナリである唯一のコメントです。最初のbyteは下のバージョンナンバ(通常0)です、そして、第2のbyteは高いバージョンナンバ(最新版は、4 ― バイナリ4(ascii『4』でない) ― です)です。LEADTOOLSは、4をここで書き込みます。
182IptcObjectTypeReference2:3、Objectは参照をタイプします。繰り返し不可。length = 3つの..67。
183IptcObjectAttributeReference2:4、オブジェクト属性参照。繰返し性。length = 4つの..68。
184IptcObjectName2:5、Object名。繰り返し不可。length = 1つの..64。
185IptcEditStatus2:7は、ステータスを編集します。繰り返し不可。length = 1つの..64。
186IptcEditorialUpdate2:8、編集最新版。繰り返し不可。length = 2つの..2。
187IptcUrgency2:10、緊急。繰り返し不可。'1'が最も高い緊急度、'5'が普通、'8'が最も低い緊急度。length = 1つの..1。
188IptcSubjectReference2:12、Subject参照。繰返し性。length = 13の..236。
189IptcCategory2:15、カテゴリー。繰り返し不可。length = 1つの..3。
190IptcSupplementalCategory2:20、補足的なカテゴリー。繰返し性。length = 1つの..32。
191IptcFixtureIdentifier2:22、フィクスチャ識別子。繰り返し不可。length = 1つの..32。
192IptcKeywords2:25、キーワード。繰返し性。length = 1つの..64。
193IptcContentLocationCode2:26、コンテンツ所番地。繰返し性。length = 3つの..3。
194IptcContentLocationName2:27、コンテンツロケーション名。繰返し性。length = 1つの..64。
195IptcReleaseDate2:30、公開日時。繰り返し不可。length = 8つの..8。
196IptcReleaseTime2:35、復帰時間。繰り返し不可。length = 11の..11。
197IptcExpirationDate2:37、失効日。繰り返し不可。length = 8つの..8。
198IptcExpirationTime2:38、有効期限時間。繰り返し不可。length = 11の..11。
199IptcSpecialInstructions2:40、特殊命令。繰り返し不可。length = 1つの..256。
200IptcActionAdvised2:42に、アクションは助言しました。繰り返し不可。length = 2つの..2。
201IptcReferenceService2:45、レファレンスサービス。繰返し性。length = 1つの..10。
202IptcReferenceDate2:47、基準日付。繰返し性。length = 8つの..8。
203IptcReferenceNumber2:50、参照番号。繰返し性。length = 8つの..8。
204IptcDateCreated2:55、作成されるDate。繰り返し不可。length = 8つの..8。
205IptcTimeCreated2:60、作成される時間。繰り返し不可。length = 11の..11。
206IptcDigitalCreationDate2:62、デジタル作成日。繰り返し不可。length = 8つの..8。
207IptcDigitalCreationTime2:63、デジタル作成時間。繰り返し不可。length = 11の..11。
208IptcOriginatingProgram2:65(プログラムを発明する)。繰り返し不可。length = 1つの..32。
209IptcProgramVersion2:70、プログラムバージョン。繰り返し不可。length = 1つの..10。
210IptcObjectCycle2:75で、Objectは循環します。繰り返し不可。length = 1つの..1。
211IptcByline2:80、署名欄。繰返し性。length = 1つの..32。
212IptcBylineTitle2:85、署名欄タイトル。繰返し性。length = 1つの..32。
213IptcCity2:90、シティの繰り返し不可。length = 1つの..32。
214IptcSubLocation2:92、下位場所。繰り返し不可。length = 1つの..32。
215IptcProvinceState2:95、行政区/状態。繰り返し不可。length = 1つの..32。
216IptcPrimaryLocationCode2:100、地方の/主要な所番地。繰り返し不可。length = 3つの..3。
217IptcPrimaryLocationName2:101、地方の/主要なロケーション名。繰り返し不可。length = 1つの..64。
218IptcOriginalTransmissionReference2:103、オリジナルの転送参照。繰り返し不可。length = 1つの..32。
219IptcHeadline2:105、見出し。繰り返し不可。length = 1つの..256。
220IptcCredit2:110、信用。繰り返し不可。length = 1つの..32。
221IptcSource2:115、ソース。繰り返し不可。length = 1つの..32。
222IptcCopyright2:116、著作権に関する通知。繰り返し不可。length = 1つの..128。
223IptcContact2:118、接触。繰返し性。length = 1つの..128。
224IptcCaption2:120、キャプション/要約。繰り返し不可。length = 1つの..2000。
225IptcAuthor2:122、ライタ/エディタ。繰返し性。length = 1つの..32。
226IptcLanguageIdentifier2:135、言語識別子。繰り返し不可。length = 2つの..3。
226IptcLast最後のIPTCはコメントします。
227SubjectArea全体的な場面の中の主題の位置と領域。データ型。SHORT。カウントします。2(対象の位置は、X(Y座標)で与えられます)、3(主題の領域は円形、X、Y、Dとして与えられます、そこで、XとYは中心座標です、そして、Dは直径です。)と4(主題の領域は長方形、X、Y、W、Hとして与えられます、そこで、XとYは中心座標です、Wは幅または長方形です、そして、Hは長方形の高さです。)。
228CustomRendered画像データ(例えば出力に向けて調整するレンダリング)に関する特別な処理の使用。特別な処理が実行されるとき、リーダは任意の更なる処理を無効にするか、最小にすることになっています。データ型。SHORT;カウントします。1;設定可能な値:0(通常のプロセス)、1(カスタムプロセス)、他(予約の)。デフォルトです。0;
229ExposureModeimageが撮影されたとき、曝射モードは設定しました。自動ブラケットモードでは、カメラは様々な曝射設定で同じ場面の一連のフレームを撮影します。タグ:41986;データ型。SHORT;カウントします。1;設定可能な値は、以下の通りです。0(オート曝射)、1(手動の曝射)、2(自動ブラケット)、他(予約の);デフォルトです。何もない。
230WhiteBalanceimageが撮影されたとき、白バランスモードは設定しました。データ型。SHORT;カウントします。1;設定可能な値は、以下の通りです。0(オート白バランス)、1(手動の白バランス)、他(予約の);デフォルトです。何もない。
231DigitalZoomRatioimageが撮影されたとき、デジタルズーム比は設定しました。記録された値の分子が0であるならば、デジタルズームが使われませんでした。データ型。RasterCommentMetadataDataType.URational;カウントします。1;デフォルトです。何もない。
232FocalLengthIn35MMFilm対応する焦点長さ。35mmフィルムカメラであることを前提とします。単位mm。0の値は、焦点距離が不明のことを意味します。このコメントがRasterCommentMetadataType.FocalLengthコメントとは異なることに注意すべきです。データ型。SHORT;カウントします。1;デフォルトです。何もない。
233SceneCaptureType撮影された場面の型。imageが撮影されたモードを記録するのに用いられることもできます。これがRasterCommentMetadataType.SceneTypeコメントと異なることに注意すべきです。データ型。SHORT;カウントします。1;設定可能な値は、以下の通りです。0(規格基準)、1(ランドスケープ)、2(ポートレイト)、3(夜景)、他(予約の);デフォルトです。0.
234GainControl全体的なimage利得調整の程度。データ型。SHORT;カウントします。1;設定可能な値は、以下の通りです。0の(なし)、1(低ゲインアップ)、2(高ゲインアップ)、3(低ゲインダウン)、4(高ゲインダウン)、他(予約の);デフォルトです。何もない。
235Contrastimageが撮影されたとき、コントラスト処理の方向はカメラで適用しました。データ型。SHORT;カウントします。1;設定可能な値は、以下の通りです。0(普通の)、1(柔らかい)、2(固い)、他(予約の);デフォルトです。0.
236Saturationimageが撮影されたとき、彩度処理の方向はカメラで適用しました。データ型。SHORT;カウントします。1;設定可能な値は、以下の通りです。0(普通の)、1(低い彩度)、2(高い彩度)、他(予約の);デフォルトです。0.
237Sharpnessimageが撮影されたとき、シャープネス処理の方向はカメラで適用しました。データ型。SHORT;カウントします。1;設定可能な値は、以下の通りです。0(普通の)、1(柔らかい)、2(固い)、他(予約の);デフォルトです。0.
238DeviceSettingDescription特定のカメラモデルの写真撮影状況に関する情報。リーダで写真撮影状況を示すだけであるのに用いられます。データ型。RasterCommentMetadataDataType.Ascii;カウントします。何でも;データは、向こうに表示の番号がこぐSHORTを用いたUnicodeとコラムとRasterCommentMetadataDataType.Asciiにカメラ設定のために記録されます。署名を含むUnicode(UCS-2)stringは、終了されるNULLです。Unicode stringの詳細は、10464-1でISO/IECで同じくらい任意です。デフォルトです。何もない。
239SubjectDistanceRange対象までの距離。データ型。SHORT;カウントします。1;設定可能な値は、以下の通りです。0の(不明)、1(マクロな)、2(クローズビュー)、3(遠いビュー)、他(予約の);デフォルトです。何もない。
240ImageUniqueIdユニークに各々のimageに割り当てられる識別子。16進表記と128ビットに対応するASCII stringがlengthを固定したので、それは記録されます。タグ:42016;データ型。RasterCommentMetadataDataType.Ascii;カウントします。33;デフォルトです。何もない
241GpsProcessingMethod処理方法。データ型。RasterCommentMetadataDataType.Byte.length:何でも。
242GpsAreaInformation領域。データ型。RasterCommentMetadataDataType.Byte.length:何でも。
243GpsDateStamp日付。データ型。SZ。length:11.
244GpsDifferential差。データ型。Short型。length:1。
245FocalPlaneResolutionUnit焦点面分解能単位(Exif)。これはRasterCommentMetadataType.FocalPlaneXResolutionのための分解能単位です、そして、RasterCommentMetadataType.FocalPlaneYResolutionはコメントします。
246Gamma係数ガンマの値を示します。image再生のために使われる伝達関数の手法は、以下のように表されます:
(再生された値)=(入力値)^(ガンマ)。
(再生されて入力された値は0~1であるために正規化されます)。ガンマは正でなければなりません。タグ:42240;データ型。RasterCommentMetadataDataType.Rational;カウントします。1;デフォルトです。何もない。
解説

読み取りまたは更新処理Exifがコメントするとき、コメント型を指定しなければなりません。コメントフィールドは、Exifデータによって束縛されます型。

すべてのExifファイル(TIFFとJPG)は、指定されたTIFFコメントを格納することができます。各々のTIFFコメントフィールドは、文字列を格納することができます。最大フィールドサイズは32K(例外は日付-時間フィールド)で、常に20です。

注意:「Exifコメントのためのすべての可能な値のためのExif仕様」を参照してください。

詳細については、「GIFファイルコメント」を参照してください。

詳細については、「PNGファイルコメント」を参照してください。

詳細については、「TIFFファイルコメント」を参照してください。

継承階層

System.Object
   System.ValueType
      System.Enum
         Leadtools.RasterCommentMetadataType

必要条件

ターゲットプラットホーム

参照

参照

Leadtools名前空間