LEADTOOLS(Leadtoolsアセンブリ)

フレームを表示

LeadMatrix構造体








メンバ 
二次元のスペースで変換のために使われる3x3アフィン変換行列を表します。
オブジェクトモデル
構文
[TypeConverterAttribute("Leadtools.LeadMatrixConverter, Leadtools, Version=19.0.4.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=null")]
[DataContractAttribute(Name="LeadMatrix", IsNameSetExplicitly=true)]
[SerializableAttribute()]
public struct LeadMatrix : System.ValueType, System.IFormattable  
'Declaration
 
<TypeConverterAttribute("Leadtools.LeadMatrixConverter, Leadtools, Version=19.0.4.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=null")>
<DataContractAttribute(Name="LeadMatrix", IsNameSetExplicitly=True)>
<SerializableAttribute()>
Public Structure LeadMatrix 
   Inherits System.ValueType
   Implements System.IFormattable 
'Usage
 
Dim instance As LeadMatrix
[TypeConverterAttribute("Leadtools.LeadMatrixConverter, Leadtools, Version=19.0.4.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=null")]
[DataContractAttribute(Name="LeadMatrix", IsNameSetExplicitly=true)]
[SerializableAttribute()]
public class LeadMatrix
typedef struct LeadMatrix
public final class LeadMatrix implements Serializable
JAVASCRIPT_NOSTRUCTS
[TypeConverterAttribute("Leadtools.LeadMatrixConverter, Leadtools, Version=19.0.4.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=null")]
[DataContractAttribute(Name="LeadMatrix", IsNameSetExplicitly=true)]
[SerializableAttribute()]
public value class LeadMatrix : public System.ValueType, System.IFormattable  
解説

3x3マトリックスが、二次元のx-y面で変換のために使われます。アフィン変換行列を乗算することで、回転や傾斜(剪断)などの線形変換の後、平行移動を適用できます。アフィン変換行列の最後の列は(0, 0, 1)になるので、最初の2列のメンバのみを指定する必要があります。ベクトルは列ベクトルではなく行ベクトルとして表されることに注意してください。

LeadMatrixは行順序を使用して保存されて、以下の構造体を持っています:

M11 M12 0
M21 M22 0
OffsetX OffsetY 1

最後の行(OffsetXOffsetY)のメンバは、変換値を表します。

メソッドとプロパティでは、変換行列は通常、次のように6個のメンバのみを持つベクトルとして指定します。

(M11, M12, M21, M22, OffsetX, OffsetY)

必要条件

ターゲットプラットホーム

参照

参照

LeadMatrixメンバ
Leadtools名前空間