LEADTOOLS(Leadtoolsアセンブリ)

フレームを表示

DestinationImageプロパティ(CombineWarpCommand)








デスティネーションimageを取得または設定します
構文
public RasterImage DestinationImage {get; set;}
'Declaration
 
Public Property DestinationImage As RasterImage
'Usage
 
Dim instance As CombineWarpCommand
Dim value As RasterImage
 
instance.DestinationImage = value
 
value = instance.DestinationImage
public RasterImage DestinationImage {get; set;}
@property (nonatomic, strong, nullable) LTRasterImage *destinationImage
 <br/>get_DestinationImage();<br/>set_DestinationImage(value);<br/>Object.defineProperty('DestinationImage'); 
public:
property RasterImage^ DestinationImage {
   RasterImage^ get();
   void set (    RasterImage^ value);
}

属性値

デスティネーションRasterImage
解説

CombineWarpCommandは、実行されたメソッドにimageを渡して、imageをDestinationImageプロパティに組み込むことによって機能します。DestinationImageは、結合操作の結果になります。

サンプル
サンプルのために、参照しますCombineWarpCommand
必要条件

ターゲットプラットホーム

参照

参照

CombineWarpCommandクラス
CombineWarpCommandメンバ